亜鉛をおいしく摂取するなら豚の生姜焼き【冷え性レシピ】

生姜焼き

生姜に亜鉛が含まれているかと言う情報を探して当サイトへ訪問いただいた人がいました。
これについて調べてみましたが、残念ながら含まれていないようです。

含まれていませんが、調理方法を工夫することで効果的な摂取は可能になります。
その効果的な摂取方法は日本に昔からある「生姜焼き」です。

生姜焼きは冷え性対策の調理方法としても期待できますので紹介していきます。



[スポンサードリンク]

亜鉛は肝臓の働きを助け、冷え性対策になる

最初に亜鉛の効果効能について紹介していきます。
亜鉛と生姜の情報を探していると言うことは冷え性に関心があると考えられます。

肝臓

効果効能はさまざまですが、ここでは主に肝臓への効果についての紹介です。
亜鉛は肝臓の働きを助ける作用があります。

ビール(お酒)は適量なら健康にも冷え性対策にも効果的
飲み会の定番と言えば生ビールですよね。 私はお酒(アルコール)に弱いので最初の乾杯程度しかしませんが、好きな人は何杯でも飲んでいます。   正直言って、なぜそんなに飲めるのか疑問で仕方があ…

肝臓の機能は解毒がメインで、一番有名なのはアルコール分解でしょう。
アルコールを飲み続けると肝硬変などのリスクが上昇するため、休肝日を設けて休ませる必要性が言われていますね。

納豆のサポニンで血液浄化・亜鉛で肝臓強化して冷え性対策
納豆は健康によい食品として知られていますね。 少し前に納豆の血液サラサラ効果が大々的になりスーパーから消えたことがありましたが、その後の調査で間違っていたことが発覚し沈下してしまったように思えます。 &n…

亜鉛が多く含まれている食品として過去に納豆を紹介していますが、動物食品の方が豊富であり代表的なのは牡蠣や豚レバーです。
豚レバーに含まれていることから分かるように、亜鉛は肝臓にとって必要不可欠なミネラル成分になります。

肝臓は内蔵では最大級の臓器と言われており、稼働による発熱量も最大です。
そのため肝臓機能の弱体化は熱を作る力を大幅に減らすことに繋がり、冷え性だけでなく低体温となる危険性もあります。

免疫力は体温が1℃低下で30%減少【冷え性と関係深い】
免疫力は体温が1℃低下で30%減少すると言われていますね。 冷え性関係に詳しい石原結實先生が著書でそのようなことを書かれたそうです。   体調が悪いときは熱が出てしんどい思いをすると思いま…

体温が1℃下がると免疫力が30%減少するとも言われています。

肝臓の悪化は免疫力の低下にも大きく関係するため健康的な生活が脅かされやすい状態になるのです。
亜鉛の効果的摂取は冷え性対策としてはもちろんですが、将来の健康維持のためにも重要な役割を持つことになります。



[スポンサードリンク]

生姜の冷え性効果はジンゲロール

生姜については過去に何度か紹介していますので、いまさら感はあるかもしれませんが、ここでもう一度触れておくことにしましょう。
生姜は冷え性対策グッズではお馴染みの食品です。

ほっと熟成発酵しょうがの冷え性が飲んだ口コミ感想
株式会社ファインエイド(以下ファインエイド)のほっと熟成発酵しょうがを飲んでみたので個人的な口コミを書いていきたいと思います。 ファインエイドは名古屋で「ドラッグほうれん草」という薬局を運営する会社です。 ※ドラッグ…

生姜を含んだ冷え性対策サプリメントは数多くあります。
なぜここまで冷え性対策として生姜が注目されるかと言うと、ジンゲロールという体を温める効果が期待できる成分が含まれているからなのですね。

ココアと生姜は相性が良いか飲んで確かめたる【レシピ】
冷え性対策として定番になっている生姜ですが、ココアの方が生姜よりも温め効果が高いという記事を見かけました。 過去に記事にしていますがココアにも温め効果はあると言えます。   生姜は独特の辛…

ジンゲロールは血管を拡張する効果があるとされています。
冷え性対策をする場合は血液の流れの正常化が重要です。

体温が維持できるのは体内に血流があり、基礎代謝によって内蔵で発生した熱が血液を温めて全身を巡るため体温は一定に保たれるのです。
血管が拡張すると流れる血液の量が増えますから、それだけ熱が効率的に運ばれて冷えた部分を温めてくれます。

血管の拡張は冷え性対策としては重要なのです。
現在、気温が上がって血管が拡張しやすくなり別の問題が発生しています…

末端冷え性が良くなるも手の甲の血管が浮き出て動くように
5月に入りました。 東海地方はすっかりと暖かくなり春の陽気を感じるこの頃です。   私は末端冷え性なので手足が冷たいのですが、最近はそれを感じることがなくなりました。 梅雨を挟んで一時的…

その他にも生姜にはジンギベレンという成分も確認されています、

逆流性食道炎を防ぐなら毎日飲める生姜紅茶で予防が最適
生姜紅茶は逆流性食道炎に効果的なのか疑問を持っている人が多そうなので調べてみました。 その点についてまとめていきたいと思います。   以前も触れていますが逆流性食道炎と冷え性対策は基本的に…

こちらは逆流性食道炎のところでも触れていますが、荒れた胃の状態を正常にしてくれる作用があります。

食事をする前と後では体温は最大で1℃くらい違うと言われているように、胃腸の活動も体温と関係が大きいです。
胃腸の働きが悪ければ冷え性の原因ともなると言えるでしょう。

このように生姜には内臓機能を調整して熱を作りやすい環境にしてくる効果があるのです。


[スポンサードリンク]

生姜焼きは生姜の効果を高める

最初に亜鉛と生姜を効果的に摂取する調理方法として生姜焼きの名前を出しました。
豚レバーには多くの亜鉛が含まれているのですが、豚肉そのものにも多く含まれています。

無理に豚レバーを食べなくても豚肉を食べれば摂取は可能です。
現代人は栄養が偏っていると言われますが、豚肉を食べれば亜鉛が摂取できるので意識しなくても問題ないと思います。

対して生姜は食べる機会が限られると思います。
生姜焼きは昔からある日本の伝統的料理です。

豚肉と生姜を一緒に焼くことで、豚のタンパク質を柔らかくして食べやすくしてくれます。
タンパク質を柔らかくすることが目的ですが、生姜は加熱をすることで温め成分ジンゲロールがショウガオール・ジンゲロンへとより強い成分へと変化するのです。

生姜紅茶は生より乾燥!ねりチューブよりパウダーが効果的
生姜紅茶ダイエットを提唱した石原結實先生の著書『しょうが紅茶ダイエット』ではしょうが紅茶の作り方を1杯の紅茶にすり下ろした生姜2つまみ入れると紹介されています。 生の生姜を使って作るということです。 &n…

生姜焼きは生姜の温め効果を最大限に引き出せるレシピでもあります。

亜鉛と生姜の効果的摂取は生姜焼き

今回は亜鉛の効果的摂取方法として生姜焼きを紹介しました。
生姜焼きは日本ではお馴染みの料理なので食卓でも出やすいのではないでしょうか。

豚肉を食べれば亜鉛の摂取はできます。
特に意識する必要はないでしょう。

ただし、食事制限ダイエットで肉抜きの生活をしている場合は亜鉛欠乏症などのリスクが起こりやすいです。
ダイエットは食事制限よりも基礎代謝を上げて脂肪燃焼しやすい状態にすることの方が効果的と言えます。

当サイトはダイエットメインではないので詳しくは触れていませんが、栄養不足で不健康になれば痩せにくくなりますので、できるだけ食事は普通に行うことをオススメしたいですね。

生姜 パウダー 粉

また、生姜焼きにすることで生姜に熱を加えます。
熱を加えたり乾燥させると生姜の温め成分ジンゲロールがショウガオールとジンゲロンに変化します。

さらに強い温め成分となりますので、冷え性対策として最適な調理方法と言えるでしょう。
亜鉛も生姜を効果的に摂取するなら生姜焼きです。


話題の金時しょうがサプリを試してみました
金時しょうが粒 サンワ食研
金時しょうが粒(サンワ食研)を試したので口コミ書きます
金時しょうが粒(サンワ食研)を飲んでみましたので口コミを書きたいと思います。   冷え性関係の情報を見ているとときどき見かけるのが金時生姜。 生姜の代表的成分ジンゲロールが4倍含まれている…

↓他の役立つ冷え性ブログを見る↓




にほんブログ村 健康ブログ 冷え性へ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加