アルコールで減らしたセロトニンはアーモンドで補給

55719b0f94522513_640

アルコールを摂取するとセロトニンが増えると紹介しましたが、セロトニンが減ると言う意見もあります。
調べてみるとセロトニンが減るのは間違いないと言えます。

それではアルコールはダメなのかと言うとそうではありません。
お酒のおつまみにアーモンドを加えてみると、解決するかもしれません。

その理由を紹介していこうと思います。



[スポンサードリンク]

アルコールはセロトニンを減らす?

私は過去にアルコールを摂取するとセロトニンが増えるという話をしたことがあります。
しかし、調べてみるとアルコールはセロトニンを減らすと言う情報もあるのです。

「減るのか増えるのかどっちなんだ?」となったのでもう少し調査してみた結果、アルコールはセロトニンを増やす作用も減らす作用もあると言えることが分かりました。

セロトニンは神経伝達物質

baa8b42cfb9c5808_640

セロトニンは神経伝達物質です。
物質ですから、作り出すには材料が必要になります。

セロトニンを作る材料となるのが以下の3つの栄養分。

  • トリプトファン
  • ナイアシン
  • ビタミンB6
  • マグネシウム

この材料を合成することでセロトニンは作られるようですね。



[スポンサードリンク]

ナイアシンはアルコール分解で消費される

アルコールを摂取すると肝臓に送られて分解されます。
分解するのは肝臓に存在する脱水素酵素でしたね。

脱水素酵素は水分(水素)を消費してアルコールを分解するのですが、それを助ける役割を持つのがナイアシンです。
アルコールの分解にセロトニンの材料となるナイアシンが消費されてしまうのです。

●二日酔いを防ぐ効果
ナイアシンは、二日酔いを防ぐ働きがあります。お酒のアルコール分は腸で吸収され、血液によって肝臓に運ばれます。肝臓でアルコールは「アルコール脱水素 酵素」によってアセトアルデヒド [※10]に分解され、さらにアセトアルデヒドは「アセトアルデヒド脱水酵素」によって酢酸に分解・解毒されます。その時に働くアルコール分解酵素も、 NADを補酵素として使用します。お酒をたくさん飲んだ時ほどナイアシンが消費されるため、ナイアシンが不足すると、体内にアセトアルデヒドが残り、結果 二日酔いや、頭痛・吐き気などの原因となります。
出典:わかさの秘密>ナイアシン

当サイトでも参考にしているわかさの秘密にもナイアシンが消費されることが明記されます。

セロトニンの材料が不足する

アルコールを摂取すると肝臓でナイアシンが消費されてしまいます。
そのためセロトニンとなるナイアシンが減ることになるのです。

ナイアシンが減ることでセロトニンの合成に必要な材料が減るのですから、セロトニンが減ると言う結果になります。
つまり、アルコールはセロトニンの分泌を増やすが、作る材料を減らすのでセロトニンが減るということです。

どちらも正しいと言えます。

セロトニンの絶対量が少なくなれば分泌環境を整えても、出すものがないのですから将来的に分泌されにくくなることは予想できますね。
次に考えるのはセロトニンをいかにして作り出すかです。


[スポンサードリンク]

アーモンドはセロトニンの材料となる

仕組み メカニズム 分解 パズル

セロトニンの材料となるのは先に紹介した通り。

  • トリプトファン
  • ナイアシン
  • ビタミンB6
  • マグネシウム

この4種類の栄養素を食品などから摂取していかなくてはいけません。
すべての栄養素が含まれている食品として候補となるのがアーモンドなのです。

トリプトファンが含まれるアーモンド

セロトニンの合成で最も重要となるのがトリプトファンです。
トリプトファンは必須アミノ酸の一種で、食品のたんぱく質に含まれています。
そのためタンパク質の多い食品を食べると自然と摂取できそうです。

意識的に摂取するなら以下の食材がオススメと言われていますね。

  • チーズ
  • カツオ
  • バナナ
  • アーモンド

チーズやカツオはお酒のおつまみとしても定番ですよね。

WS000003
出典:【楽天ブックスならいつでも送料無料】新・自分で治す「冷え症」 [ 田中美津 ]P88

冷え性対策として見ても、陽性食品ですから体を温めます。
チーズと冷え性については以下の記事も参考に。

冷え性なら体を冷やす牛乳より温めるチーズ
牛乳は栄養価が高く学校給食では毎日出ていました。 育ち盛りはカルシウムが多い必要であるからでしょうね。 「イライラしたらカルシウム」と言われるようにストレス解消にも効果が期待できる飲み物のひとつと言えます。 …

WS000004
出典:【楽天ブックスならいつでも送料無料】新・自分で治す「冷え症」 [ 田中美津 ]P88

バナナもトリプトファンが多い食材ですが、カリウムが多く含まれているので陰性食品です。

アーモンドもトリプトファンを含む

トリプトファンはあまりメジャーな栄養素でないのか、何グラム含まれていると言う情報が見つかりませんでした。
ウィキペディアには数値の情報がありましたので紹介します。

参考サイト:ウィキペディア>トリプトファン

ウィキペディアを見ると100gあたり201mg含まれているとしています。
これを見るとバナナは10mgなので決して多いとは言えませんね。
(アーモンドの100gとバナナの100gを比較するのはナンセンスかもしれませんが)

セロトニンの材料はトリプトファンだけではない

チーズのトリプトファン含有量が100gあたり291mgとなっておりアーモンドより多いことも分かりました。
そうなると「チーズの方がアーモンドより良いのではないか?」と言う話になるのですが、必ずしもそうとも言えません。
セロトニンを合成するにはナイアシン、ビタミンB6。マグネシウム必要だからです。

参考サイト:栄養素別食品一覧>ナイアシン

ナイアシンは上記のサイトを見るとアーモンドは3.5mgですがチーズは一番多くてカマンベールチーズの0.7mg。
アーモンドの方が多いです。

その他の栄養素も比較すると…

ビタミンB6

WS000006

WS000005

マグネシウム

WS000005

WS000006

出典:Google検索

総合的に見るとアーモンドの方が優っていると言えるのです。
アルコールを摂取すると消費されるナイアシンはアーモンドの方が多いため、この場合はトリプトファンよりナイアシンが含まれているかに注目した方が良いでしょう。

アーモンドはセロトニンの材料が揃っている

ここまで紹介してきたようにアーモンドはセロトニンの材料が一通り含まれた食品であると言えるのです。
アーモンドは素焼きや塩で味付けされたものもあり、ビールのおつまみなどにすることは手軽かと思います。

ただし、タンパク質の吸収は動物性の方が優れていると言われています。
トリプトファンは必須アミノ酸でタンパク質を構成する要素です。

吸収率を考えると乳製品で動物性タンパク質のチーズが優れているかもしれません。

人は動物性タンパク質を取らなくてはいけない?
動物性タンパク質はあまり摂らない方が良いと言われることがあります。 過去に便秘のテーマを取り上げたときは、悪玉菌が活性化するので良くないと紹介しました。   それでは動物性タンパク質をまっ…

アルコールで減らしたセロトニンはアーモンドで補給

9f3d73f6229e9b0e_640

セロトニンは幸福ホルモンですから、副交感神経が優位にある状態で分泌されます。
飲酒をすることでストレス発散する人も多いと思いますので、暴飲暴食に気をつければ健康的であると言えるかもしれません。

ただし、アルコールを肝臓で分解するときにはナイアシンが消費されてセロトニンの材料が減ってしまいます。
ですから、なんらかの方法でナイアシンを摂取する必要はあります。

そこで注目するのがアーモンドです。
アーモンドはセロトニンの合成で重要なトリプトファンに加えてナイアシン、ビタミンB6、マグネシウムも摂取できます。

おつまみにアーモンドを加えてみるなど一工夫してみると分解で消費されるナイアシンも、セロトニンの重要な材料であるトリプトファンも摂取できますので試してはどうでしょうか?

アーモンドは冷え性に良い

当サイトは冷え性対策について紹介するサイトです。
アーモンドにはビタミンEも豊富に含まれています。

ビタミンEは血液の流れを良好に維持するために必要な栄養素です。
冷え性対策の観点から見ても良い食品になります。

私は毎日アーモンドを食べる習慣をつけています。

冷え性に良いビタミンE含有アーモンドを食べる習慣を
アーモンドは冷え性対策として食べるに良い食品であると言えそうです。 冷え性対策として良いことは所持している書籍にも書かれているのですが実践していませんでした。   ここ数日いろいろありまし…


話題の金時しょうがサプリを試してみました
金時しょうが粒 サンワ食研
金時しょうが粒(サンワ食研)を試したので口コミ書きます
金時しょうが粒(サンワ食研)を飲んでみましたので口コミを書きたいと思います。   冷え性関係の情報を見ているとときどき見かけるのが金時生姜。 生姜の代表的成分ジンゲロールが4倍含まれている…

↓他の役立つ冷え性ブログを見る↓




にほんブログ村 健康ブログ 冷え性へ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加