足の爪が臭いのはなぜか?冷え性対策が原因の可能性も

足の爪

2015年も年の瀬です。
東海地方もすっかりと冬らしい季節となり寒い日が続いています。
まだ雪は降っていませんが、おそらくこれからさらに気温が下がっていくことでしょう。

ということで、冷え性対策はやっているわけですが、これが足の爪が臭い原因になっている可能性があるようです。
靴下を履くときにニオイがしているとは感じていましたが、どこからしているかはわかりませんでした。
それがどうやら足の爪からしているようなのです。

これはマズイと思ってネット上を調べたところ、冷え性対策の弊害なのではないかと考えました。
今回は足の爪が臭いのはなぜか?というテーマで記事にしたいと思います。

追記あり

あることに気づきました。
これが直接的な原因の可能性が高いです。
詳細は最後に。



[スポンサードリンク]

足の爪が臭い原因は雑菌の繁殖

足の爪が臭い原因はどこにあるのか?
直接的な原因は雑菌の繁殖にあるようです。

雑巾

濡れた雑巾を放置すると、ものすごい悪臭を放つようになりますよね?
雑菌が繁殖するとニオイがキツくなるのです。
これと同じことが足の爪で起こっていると考えて良いでしょう。

水虫の対処方法も冷え性対策と同じ血行促進にある
水虫の季節になりました。 毎年夏が近づいてくると水虫が足に発生します。 まだ5月ですが、早速水虫が左足の小指と薬指の間にできて痒いです。   冷え性対策をはじめて下半身浴で長風呂するよう…

足に棲み着く微生物として代表的なのが水虫ですね。
水虫はカビの一種で、常温で湿気の多い場所を好みます。

人間の体温は平均すると36~37℃ですから、水虫の繁殖しやすい夏場の気温に近いですね。
しかも、汗をかきやすい季節でもありますから、水虫にとっては繁殖の好条件がそろっています。

水虫は足に棲み着いて皮膚をボロボロにする悪さをするのですが、足のニオイとは直接関係がないようです。
足の爪が臭いどうやら別の雑菌が繁殖していることが原因のようです。

その雑菌の正体についても調べてみましたが、はっきりしたことはわかりませんでした。
複数の雑菌が繁殖をしてニオイを作り出しているようです。



[スポンサードリンク]

足の爪には栄養が豊富

水虫が繁殖しやすい理由は次のようなものもあります。

白癬菌は、ヒトの髪や爪、角質、動物の毛や鱗などに含まれるケラチンというタンパク質を好んで栄養源とするカビです。
出典:第一三共ヘルスケア>水虫の原因

水虫の正体は白癬菌という真菌の一種です。

白癬菌は適度な温度に加えて、タンパク質を栄養として繁殖をします。
爪はタンパク質でできておりケラチン(角質)を作り出しますから、足は適度な温度で栄養も豊富なのです。

このように好条件がそろっているため最も棲み着きやすい場所が足になります。
当然ながら雑菌もこれらの環境を好みますので、足の爪が臭い原因にもなるようです。


[スポンサードリンク]

過度な冷え性対策が原因を作っている?

足の爪が臭いのはなぜか?
その原因は雑菌にあることがわかりました。
ですから、対策方法は雑菌を繁殖させないようにすることなのですが、私をはじめとして冷え性の人はこれが原因で状況を悪化させている可能性があるのです。

当サイトで冷え性対策というのは健康的な生活をすることで改善を目指すとしています。
しかし、日頃の防寒対策は必要です。
その防寒対策が過度になりすぎると熱の逃げ場がなく籠もってしまいます。

そうなると皮膚からは汗が出て湿気が多い環境ができあがります。
冷え性対策が雑菌の繁殖しやすい環境を作り出してしまっているのです。
普通に考えればお手上げ状態ですよね…

対策方法は5本指靴下

冷え性の人ほど足の爪が臭い原因を作り出してしまう、お手上げの状態。
これをどうにかする方法はないのか?
その方法として候補にあがってくるのが5本指靴下です。

冷え取り靴下リンマーを冷え性男が口コミを書く
冷え性対策は血行促進など健康的な生活をすることが 解決策になってきます。 しかし、熱が逃げやすい状態にしておくのは 悪化を進めるかもしれませんので対策は必要です。   &nbs…

私は「冷え取り靴下リンマー」を使っています。

この冷え取り靴下は重ね履きをするもので、肌直接触れる一番下は絹の素材でできています。
天然素材として広く流通しているのは綿素材ですが、こちらは吸水性があっても放湿性が弱いです。
靴下の多くも綿素材でできていますから、吸水はしても湿気として残ってしまうので効果的ではありません。

しかし、ここに絹素材を使うことで高い吸水性で汗を吸い取り、吸い取った汗を高い放湿性で外部に逃がします。
しかも5本指ですから、一般的な靴下よりも吸水性は高いです。
防寒対策もできて雑菌の好む環境も防げるのは「冷え取り靴下リンマー」になります。

「冷え取り靴下リンマー」を使っているのに足の爪が臭いのかという疑問を持たれるかもしれませんね。
自分用の「冷え取り靴下リンマー」は1足しかないので、使うのは風呂上がりに限定しています。
普段履きはしていません。
ですから、買い足しを検討しています。

日頃のケアも重要

当然ながら日頃のケアも大切です。
お風呂に入って垢を落とすのと同じように、爪の掃除もしっかりしないといけません。

足の爪が臭い原因は雑菌の繁殖ですから、まずは雑菌を減らすことからはじめます。
調べてみるとエタノール消毒液を綿棒に染み込ませて、爪の垢を取るとニオイが軽減していくとのことです。

そのほかにも


【メール便3個までOK】【グリーンベル】足のつめ垢取り&ヤスリ【NailFile】【PSG-0…

このような爪の垢を除去する専用器具もあるそうなので、使ってみる価値はあります。
私も導入を検討しています。

お金をかけたくないという人は「かため」の歯ブラシを使う方法もあるようです。
最近はプライベートブランドも充実してきて、近所のドラッグストアでは歯ブラシは30円で売っています。
このようなものを活用する方法もありでしょう。

足の爪が臭い原因を取り除くには雑菌対策

菌

今回は「足の爪が臭い」をテーマに紹介してきました。
足の爪が臭い原因は雑菌の繁殖にあるようです。

雑菌は適度な温度と湿気、さらには栄養があれば繁殖します。
冷え性の人は防寒対策を過度にする傾向があるので、雑菌の好む環境ができやすいと言えるのかなと思います。

実際、私も足の爪が臭いので間違いないでしょう。
ですから、対策方法は雑菌が繁殖しない環境作りをする必要があります。
5本指靴下を活用する方法もあります。

この場合は絹素材を採用しているものを優先すると良いでしょう。
私は「冷え取り靴下リンマー」を使っています。

また、雑菌が原因ですから消毒で菌を減らすことも重要です。
エタノール消毒液で消毒をするとニオイは緩和されるそうです。
私もいろいろ試して足の爪が臭い状態から解放できるよう行動してみます。

追記

足の爪が臭い原因は雑菌と紹介してきたのですが、私の場合は加速させる要因が別にあったようです。
その要因とは普段はいているスリッパ

よくよく見たら黒い点々が複数あります。
どう見てもカビです…。
ということで、カビも繁殖する雑菌スリッパを履いていたのが追い打ちをかけたようです。

普段は靴下を履いた状態でスリッパを履くので問題はないのですが、入浴してから自室に戻るまでは裸足でスリッパを履きます。
風呂では歯ブラシを使って念入りに爪の掃除をして、ニオイが消えたのを確認していますの、もしやと思って確認するとこの状態。

爪の垢は風呂でしっかり落としたので、ウエットティッシュで足をキレイに拭いて対処。
1時間くらい経過していますが、ニオイは復活していません。

スリッパは盲点でした。
あの短時間で乗り移ってくるとは、雑菌の繁殖力は恐ろしさを感じます。

足の爪が臭い人で、普段スリッパを裸足で履いている人は要注意!

ニオイの原因はスリッパの雑菌かもしれません。

靴下を履いていたとしても、綿素材は放湿性が弱いですから雑菌は繁殖しやすいです。
足先が空洞になっているタイプのスリッパの方が良いかもしれません。


話題の金時しょうがサプリを試してみました
金時しょうが粒 サンワ食研
金時しょうが粒(サンワ食研)を試したので口コミ書きます
金時しょうが粒(サンワ食研)を飲んでみましたので口コミを書きたいと思います。   冷え性関係の情報を見ているとときどき見かけるのが金時生姜。 生姜の代表的成分ジンゲロールが4倍含まれている…

↓他の役立つ冷え性ブログを見る↓




にほんブログ村 健康ブログ 冷え性へ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加