バリウムの副作用に手足の冷えあり【アレルギー体質注意】

WS000008

バリウム手足の冷えについて情報をさがしている人がいるみたいなので、今回はバリウム検査と冷え性について紹介していこうと思います。
バリウムを飲む機会は年齢が高い人だと、胃の検査を受けるときではないでしょうか。

その他にも大腸バリウム検査もありますが、こちらは肛門から注入するタイプで飲みません。

胃の検査はどちらもすすんで受けたいものではありませんね。
私の実体験なども合わせて紹介していきます。



[スポンサードリンク]

バリウムによる四肢冷感

胃部の検査は胃カメラ(内視鏡)とバリウム(X線)の2種類があります。
保険適用外でカプセルのカメラを飲むというものもあったような気がしますがまだ普及はしてないようです。

内視鏡は辛い検査なのでバリウムを選択する人も多いでしょう。
(私は幼少期からの拒否反応でしんどい思いをしました)

私が過去に所属していた会社では人間ドックだったので、胃部の検査も項目に含まれていました。
20代でバリウムを飲んだ数少ない人かもしれません。

人間ドックの検査項目に入っているくらいなので、バリウムを飲むこと自体は安全が確保されていると言えます。
(危険視する医師も多いみたいですが)

ただし、バリウムを飲むことでアレルギー反応(特に金属)が表れる人がいるのも事実です。
厚生労働省ではバリウムによる副作用について詳しく書かれています。

[副作用(重大な副作用)]
ショック,アナフィラキシー様症状:ショック,アナフィラキシー様症状があらわれることがあるので,観察を十分に行い,顔面蒼白,四肢冷感,血圧低下,チアノーゼ,意識消失,潮紅,蕁麻疹,顔面浮腫,喉頭浮腫,呼吸困難等があらわれた場合には,適切な処置を行うこと。
消化管穿孔,腸閉塞,腹膜炎:消化管穿孔,腸閉塞,腹膜炎を起こすことがあるので,観察を十分に行い,検査後,腹痛等の異常が認められた場合には,腹部の診察や画像検査(単純X線,超音波,CT等)を実施し,適切な処置を行うこと。
出典:医薬品・医療機器等安全性情報

副作用を見ると「四肢冷感」がありますね。
しかも重大な副作用の項目にです。
今回のテーマである「手足の冷え」の症状が出る可能性はあると言えるでしょう。

もちろん、これらの症状はショック症状であるためアレルギー体質でなければ心配は不要と考えられます。
私も過去に3回受けていますが、副作用が出たことはありません。

人間ドックでごく普通に行われている検査ですから、副作用が出るということは稀とも言えます。
普段から冷えの症状が無いのにバリウムを飲んだから冷えたと言う場合は、医師に相談した方が良いかもしれませんが、そうでなければ心配は必要ないかなと思います。



[スポンサードリンク]

バリウム検査はどんなものか

バリウムによる「手足の冷え」については以上ですが、冷え性の人がバリウム検査を受ける場合に懸念されることをここからは書いていきます。
あらかじめ申しておくと副作用の話ではありません。
検査を受けるとき、受けた後の話です。

バリウム検査はバリウムを飲んでX線で内部を見る検査になります。
ただX線で見るだけでは映像として映しだされませんので、バリウム(金属)を飲むことで映るようにするわけです。

このバリウムが冷えたものが出される病院もあるとのこと。
冷え性対策している人にはなかなか辛いものですよね。
私が受けた病院は常温が出されたので、それはそれで飲みにくいような感じがしました。

ヨーグルト

味はヨーグルトっぽい味付けがされていたような気がします。
そういう意味では飲みにくさはなかったかもしれません。

ただ、バリウムは金属の液体です。
水に比べて重量もあるので、ものすごい違和感があります。

さらにドロドロ濃厚な液体なので喉を通りにくい。
出されたバリウムは全て飲まないといけないので辛さはあるかもしれません。

胃を膨らますために事前にソーダパウダーを飲むのですが、ゲップをしたらやり直しです。
これに耐えるのも辛いかもしれません。
(女性は飲みきれなくても良しとする場合があるようですが)

検査室は薄暗く、薄着で受けるので寒いです。
色々と冷え性の人には辛い環境が揃っていると言えるかもしれません。


[スポンサードリンク]

決戦はバリウム検査後

胃カメラに比べたらバリウムは飲むのが辛かったり部屋が寒かったりするくらいで負担はそこまで大きくありません。
胃カメラは10分程度で苦痛が半端ないですからね。

バリウム検査の何が辛いかと言ったら、検査後の排便にあります。
Yahoo!知恵袋で調べると「バリウムが出ない」と多数の質問を見かけることになるでしょう。
バリウムが腸内で固まってしまうと便の通り道が塞がれるので腸閉塞などの問題が出てくるのです。

最悪の場合は、肛門から器具を入れてバリウムを掻きだす必要があります。
この自体は何が何でも避けなくてはいけません!

冷え性の人は便秘体質である人が多いのではないでしょうか。
当サイトでも何度か触れていますが、体の冷えは内臓の働きを悪くします。

冷え性改善には便秘解消が最優先事項
冷え性対策は基本的に健康的な生活をすることが全てです。 そのためには体内の環境を正常にして行くことが大切になります。   ということで、私が最初に冷え性対策を始めたのは普段からの悩みであっ…

バリウムを出すには腸のぜん動運動がしっかり働いてもらわなくてはいけません。
検査をした日は少し長めに下半身浴をして腸の働きを促すようにすると良いでしょう。

下半身浴をすると腸の動く音がよく聞こえます。

おならがよく出る原因は肝臓に!?間接的な関係はあるかも
おならがよく出る原因は肝臓にあると言う情報を見かけました。 冷え性対策の一環として便秘改善策をはじめたら排便頻度が上がり、起きてからと夕食後に1回ずつの2回出ます。   お風呂に入る前に必…

また、便意を感じたら過ぎにトイレに行くくらいのつもりでいることも大切です。
ちなみに私は当時知識がなかったので体を冷やして下痢にして出しました。

手足の冷えよりバリウムを出しきること心配を

便秘 下痢

バリウムと手足の冷えについて情報を書いてきたつもりですが、ほとんど関係ない情報になっていますね。
バリウムを飲むことで手足の冷えは出る可能性があると言えるでしょう。

ただし、金属アレルギー体質でなければ心配はないのかなと。
もし出たら医師に相談することが一番です。

そして、冷え性体質の人はバリウム検査後に気をつける。
私も最近は毎日出す習慣付けをしているので、1日2回とか出るのですが、バリウム検査は便秘体質の人を要注意。

肛門科で指診をしてもらったことがありますが、あれだけでも結構辛かったのでバリウムの掻き出しはやりたくないですね。
できるだけしっかりと肛門からバリウムを出し切ることが大切です。

最後に余談ですが、バリウムを飲むと便が白くなります。
白い便が出なくなればバリウムを出しきったサインです。

腸内に食べ物がどのくらい蓄積されるかが分かります。
下剤で無理矢理出しているので正確には分かりませんが、だいたいなら判断できるかもしれません。


話題の金時しょうがサプリを試してみました
金時しょうが粒 サンワ食研
金時しょうが粒(サンワ食研)を試したので口コミ書きます
金時しょうが粒(サンワ食研)を飲んでみましたので口コミを書きたいと思います。   冷え性関係の情報を見ているとときどき見かけるのが金時生姜。 生姜の代表的成分ジンゲロールが4倍含まれている…

↓他の役立つ冷え性ブログを見る↓




にほんブログ村 健康ブログ 冷え性へ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加