ビフィズス菌とカフェインの便秘解消効果に関連性はあるか

リラックス コーヒー

ビフィズス菌とカフェインの関連性について情報を探している人がいましたので記事にしたいと思います。
カフェインは便秘解消が期待できる成分と紹介されることがあります。

そして、ビフィズス菌は腸内環境を改善する働きをしますから便秘解消につながるのも事実です。
そのためなんらかの相乗効果があるのではと疑問になっているのかなと思います。



[スポンサードリンク]

ビフィズス菌とカフェインの関連性

ビフィズス菌とカフェインにそれぞれ便秘解消の相乗効果はあるのかと言う点ですが、調べた限りでは不明になります。
おそらく、注目されていないため誰も研究していないのでしょうね。
たまたまどちらも便秘解消に効果的であると言う共通点を持つだけで相乗効果が働いているわけではないと言えるでしょう。

ゴボウ茶には水溶性食物繊維イヌリンが便秘解消に効果的
出典:SBクリエイティブチャンネル>ゴボウ茶博士のなぐちゃんが語る『ゴボウ茶を飲むと20歳若返る!』 ゴボウは食物繊維を豊富に含む食品として知られています。 そのため便秘解消に良いと言われることもあります。 私…

水溶性食物繊維のイヌリンは腸内で分解されるとオリゴ糖へ変化してビフィズス菌のエサになります。

しかし、カフェインについてはそのようなこともなさそうなので、ビフィズス菌に影響を与えるものはなく関連性はないというのが回答です。
コーヒーなどカフェインを含む飲み物を飲むとビフィズス菌が減って腸内環境が悪化する危険性もないということです。

もちろんコーヒーはカフェインだけではありませんから、その他の成分が悪化につながることはあります。
少なくともカフェインに関してはその心配はないようです。

それだけでは納得いただけないと思いますので、私なりに便秘解消の要因を紹介していきます。
これが正しいとは限りません。

ビフィズス菌もカフェインも腸の働きのひとつである「ぜん動運動」が関係していきます。

ぜん動運動 コンベア 運ぶ

「ぜん動運動」は糞便を直腸まで移動させるための運動です。
その点をおさえておいてください。



[スポンサードリンク]

ビフィズス菌の便秘解消

ビフィズス菌がどのように便秘解消へと導いてくれるかについてです。
便秘解消には腸内環境の改善が必要と言われますね。
腸内環境を改善するにはビフィズス菌の力を借りる以外方法はないと考えて良いです。

オリゴ糖は1日の便の回数を増やすか?
オリゴ糖は1日の便の回数を増やすかと言う情報を探している人がいらっしゃいましたので記事にしたいと思います。 私はほぼ毎日オリゴ糖を少量摂取しているのですが、確かに摂取した日は1日2回の排便があるように思えますね…

上記の記事でも触れていますが、ビフィズス菌は炭水化物の分解を担当し酸性の乳酸や酢酸を作ります。
酸性の物質を作ることで腸内の環境を良好な酸性の状態を維持するために役立っているのです。

悪玉菌が優位になると腸内はアルカリ性となり機能低下の原因となります。
機能低下は「ぜん動運動」の働きも低下させます。

善玉菌のビフィズス菌が活躍しやすい環境にすることは腸の働きも良好にして便秘のように便意が来ない状態を解消することに役立つのです。

カフェインの便秘解消

カフェインはどのような仕組みで便秘解消に繋がるのでしょうか。
これについても不明な点は多いためなんとも言えないのですが、私なりに考えた便秘解消の仕組みを紹介していきます。

偏頭痛や二日酔いは肝臓を温め脾臓を冷やす冷え性対策を!
偏頭痛や二日酔いはどちらも頭が痛くなる症状を伴うものです。 この頭痛には肝臓機能が深く関係していると言えます。   これまで内蔵が冷えると冷え性だけでなく、免疫力が低下するなど体の不調が出…

コーヒーに含まれることで有名なカフェインは頭痛薬にも使われる成分です。
カフェインは脳の血管を縮小させて、その他の部分の血管を拡張する作用があると言われていますね。

カフェインを摂取することで腸の血管が拡張する可能性があるのです。
血管が拡張するということは副交感神経の作用ですから、リラックス状態になるということになります。

カフェインを取らない人は健康的に悪い影響が出るのか?
カフェインについては冷え性対策でも良いものではないと紹介している通り、あまり積極的に摂取するものではないと考えています。 それでは逆にカフェインを取らない生活をしたらどうなるのかと言う疑問が出てきますよね? …

上記の記事でも触れていますが、カフェインにはリラックス効果が期待できます。

リラックス状態になると神経伝達物質であるセロトニンが出やすくなるのです。

セロトニンは下痢解消のときに注目させる物質で、過剰分泌されることが原因で下痢となります。
便秘の場合はセロトニンを分泌しやすい状態にすることが望ましいです。

下痢の症状は内蔵を冷やすことで起こる!冷え性の関係も深い
冷たいものを食べ過ぎるとお腹を下すと幼少期から言われていました。 私はこのように教えられてアイスクリームは1日1個までと決められていたのを覚えています。   冷たいものを食べることに限らず…

セロトニンは腸内にあるセロトニン受容体と結合すると「ぜん動運動」が活発化します。
そのため活発な分泌になれば便秘解消へと繋がるのです。


[スポンサードリンク]

便秘解消の効果はビフィズス菌にもカフェインにもある

方向 改善 矢印

今回は便秘解消に効果的なビフィズス菌とカフェインについて取り上げました。
どちらも便秘解消と言う共通の作用はあるものの、それぞれは独立した働きによって解消へと繋がっています。

  • ビフィズス菌は腸内環境を酸性にして「ぜん動運動」を活性化
  • カフェインはセロトニンを分泌して「ぜん動運動」を活性化

私の考えで書いているので正しいかどうかは分かりませんが、調べた範囲ではこのようなことが言えるのかなと思います。
反作用的なものはないようなので、便秘解消と言う点で見れば相乗効果と言えるのかもしれませんが、相互に作用しあうものではないでしょうね。

カフェイン依存に注意!

注意

本題とは関係なので最後に触れておきますが、カフェインは依存症になりやすいものです。
頭痛もそうですが、カフェインに頼りすぎると自然な便意が来なくなります。
便秘薬の常飲も危険視されているのと同じです。

そのため便秘解消を目指すならカフェインではなくビフィズス菌を増やし、腸内環境を改善する方法をオススメしたいですね。
そちらの方が自然な便意を起こすことができます。

もちろん、ほどほどに摂取するのは問題ないでしょう。
便秘解消を目的として過剰な摂取が良くないだけです。


話題の金時しょうがサプリを試してみました
金時しょうが粒 サンワ食研
金時しょうが粒(サンワ食研)を試したので口コミ書きます
金時しょうが粒(サンワ食研)を飲んでみましたので口コミを書きたいと思います。   冷え性関係の情報を見ているとときどき見かけるのが金時生姜。 生姜の代表的成分ジンゲロールが4倍含まれている…

↓他の役立つ冷え性ブログを見る↓




にほんブログ村 健康ブログ 冷え性へ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加