分散ヘスペレチンは糖転移ヘスペリジン吸収に即効性付与

みかん オレンジ

過去にビタミンPの代表とも言えるヘスペリジンを紹介しています。
ヘスペリジンは冷え性対策サプリメントでもよく使われる成分で、生姜のジンゲロールなどと同じくらい有名みたいですね。

ヘスペリジンはゆっくり効果が出てくるため即効性に欠ける弱点もあります。
今回はその課題に取り組み即効性を持たせることに成功した江崎グリコの分散ヘスペレチンについて取り上げてみたいと思います。



[スポンサードリンク]

柑橘類に多く含まれるヘスペリジン

ヘスペリチンを紹介する前にヘスペリジンについて紹介をしておこうと思います。
ヘスペリジンはみかんの皮(薄皮)など柑橘類に多く含まれる成分です。

みかんは利尿作用が強いため陰性食品ではありますが、白い薄皮やスジには天然のヘスペリジンが豊富に含まれており体を温める成分があります。
冬の風物詩みかんはヘスペリジンが関係しているのかもしれません。

ちなみに、みかんのヘスペリジンは天然成分です。

工場 人工

世の中、人工的に作られたものより天然のモノの方が重宝されますよね?
ヘスペリジンに関して言うと、天然のものより人工的に作られた糖転移ヘスペリジンの方が効果が高いと言われています。

次になぜ人工的に作られた糖転移ヘスペリジンの方が効果が高いか紹介します。

ヘスペリジンについては下記の記事も参考に。

みかんの皮・筋はビタミンPの栄養で体を温め冷え性に最適
みかんが色づくと医者が青くなると言われ、風邪予防と言ったらみかんを食べるのが定番ですね。 (と言いつつ自分はあまり食べていない…) 2個食べると1日分のビタミンCが補給できるので医者要らずの食べ物でもあります…



[スポンサードリンク]

糖転移ヘスペリジンは吸収力を高めた

人工的に作られたヘスペリジンを糖転移ヘスペリジンと言います。
開発したのは明治16年創業で食品や化粧品の開発を手がける株式会社林原で、1998年に開発に成功し現在に至るようです。

天然のヘスペリジンは水に溶けにくい性質があり、体内への吸収が難しいという弱点を持っていました。

冷え性改善方法にお茶は効果があるが陰性食品
健康的を気を使うならお茶が良いと言われています。 日本茶は健康食品としても注目されており、含有されるカテキンはウィルスを撃退し風邪予防にも効果があるとされています。   それでは、冷え性改…

ヘスペリジンの話からは外れますが、お茶にはタンニンという渋み成分が含まれています。

このタンニンは鉄分と一緒に摂取するとタンニン鉄に変化します。
鉄分は比較的水に溶けやすい性質を持っていますが、タンニンと結合すると水に溶けにくくなります。

腸から吸収される栄養分は水と一緒に取り込まれるため、水に溶けにくい性質では効率的な摂取ができないのです。

つまり、タンニン鉄と同じく天然のヘスペリジンは水に溶けにくいため改良する必要がありました。
糖転移ヘスペリジンは水に溶けやすい糖を活用することで水溶性を高め吸収力を高めたものです。

WS000033
出典:江崎グリコ>3.糖転移ヘスペリジンとは

江崎グリコに比較のグラフがありますが、溶解性の違いは一目瞭然ですね。

余談になりますが、隠れ栄養失調という言葉を聞いたことがありませんか?
下痢の症状が続くと栄養失調になるというものです。

この原理も同じで、下痢は本来体内に吸収されるべき水分が排泄されてしまうことですから、吸収されるべき栄養も糞便とともに流れてしまうのです。
栄養の吸収も水に溶けるかが重要なのです。

下痢については下記の記事も参考に。

便秘と下痢を繰り返すと喉が渇く理由【IBS】
先日、心療内科に行ってきました。 会計待ちをしているときに過敏性腸症候群(IBS)のパンフレットがあったので手に。   過敏性腸症候群(IBS)は当サイトでも過去に記事にしているので、心療…


[スポンサードリンク]

即効性のある分散ヘスペレチン

体内吸収を効率化に成功した糖転移ヘスペリジンですが、吸収されてから効果が出るまでタイムラグがあると言う弱点もありました。
それを解決するために江崎グリコが開発したのが、今回の本題であるヘスペレチンです。

ヘスペレチンはヘスペリジンの核の部分に当たります。

糖転移ヘスペリジンは糖を使うことで水溶性を高めました。
しかし、吸収されるまで時間が掛かると言う新たな課題が浮上したのです。

ヘスペレチンは天然ヘスペリジンと同じく水に溶けにくい性質があるためそのままでは効率よく吸収されません。
そこで江崎グリコが開発したのが分散ヘスペレチンです。

ヘスペレチンの粒子を細かくすることで吸収力を高めると言う原始的な方法を取りました。
これには20年の歳月がかかっているので一筋縄で行く話ではなかったようですが。

分散ヘスペレチンの開発に成功したことにより、ヘスペリジンの吸収に即効性を持たせることができました。
ヘスペリジンは吸収されてから血液中を巡ることになるのですが、分散ヘスペレチンは接種後1時間に急増していることが確認されています。

ヘスペレチンは温め効果は素早く生み出す

時計

今回はヘスペレチンについての紹介でした。
ビタミンPの主な成分であるヘスペリジンは温め効果のあるビタミンと紹介されることがあります。

冷え性対策グッズなどでは頻繁に見かける成分名ですね。

ダイソーのコラーゲンサプリメントは冷え性対策になる!?
先日ダイソーのコラーゲンサプリメントを紹介しました。 サプリメンtのの成分表を見ていると冷え性対策に良い成分が含まれていることが分かりましたので紹介します。 当サイトは冷え性対策の紹介がメインなの…

ダイソーのコラーゲンサプリメントにも入っていました。

ヘスペリジンは天然よりも人工的に作られた糖転移ヘスペリジンの方が体内への吸収が良いとされています。
糖転移ヘスペリジンにすることで吸収がよくなりましたが、今度は吸収されるのに時間が掛かると言う問題が浮上しています。

吸収に時間が掛かる課題を解決したのが江崎グリコの分散ヘスペレチンです。
多くの人は成分を摂取してから効果が出るまで短いほうが良いと考えます。

分散ヘスペレチンはそのニーズに応えた成分とも言えるでしょう。


話題の金時しょうがサプリを試してみました
金時しょうが粒 サンワ食研
金時しょうが粒(サンワ食研)を試したので口コミ書きます
金時しょうが粒(サンワ食研)を飲んでみましたので口コミを書きたいと思います。   冷え性関係の情報を見ているとときどき見かけるのが金時生姜。 生姜の代表的成分ジンゲロールが4倍含まれている…

↓他の役立つ冷え性ブログを見る↓




にほんブログ村 健康ブログ 冷え性へ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加