チアシードは何の種?便秘対策で冷え性対策に貢献

チアシード

コンビニのパック飲料コーナーを見ていると目を引く商品がありました。
チアシード&ナタデココMix」という商品です。
上部には「話題のスーパーフード」と書かれているのでついつい手にしてしまいました。

話題となっていますが、私は存在すら知りませんでしたね。
見た目はキウイフルーツの種のようですが、何の種なのか?
なぜ話題になっているのかわからなかったので調べてみることにしました。

調べた結果、冷え性対策としても使えそうだと感じたので参考になればと紹介されていただきます。



[スポンサードリンク]

チアシードは何の種なのか?

そもそもチアシードとは何の種か?

チアシード

パッケージには「話題のスーパーフード」と書かれているので、有名な食べ物なのかもしれませんが、私は存在自体を知らなかったので最初にこのテーマから進めていきたいと思います。

チアシード

パッケージには簡単な説明があります。

シソ科サルビア属の植物の植物「チア」の種子で、その優れた栄養から“スーパーフード”と呼ばれています。

チアというシソ科の植物の種ということで、そのままのネーミングみたいですね。

有名な植物であれば、たいていはウィキペディアが作られています。
しかし、チアに関してはまだ作られていないようです。

参考:シソ科 ? Wikipedia

シソ科のところにも「チア」の名称は見つかりません。
(話題となっている割に存在感が薄いような)

チアの植物について調べてみたのですが、ほとんどがチアシードに関する話ばかりで、その他はチアリーダーなど全然関係ない話題ばかりです。
ちなみにチアリーダーとチアシードは関係ないとのこと。

ということで、チアシードはチアの種ということがわかりました。
原産地であるメキシコではマヤ文明のころから食用として活用されていたようです。
種は食べられていたようですが、チアそのものは食用ではないように見えます。

マヤ文明は紀元前ですから今から2000年以上前ということになりますね。
今まで全く注目されてこなかったのが不思議なくらいです。



[スポンサードリンク]

チアはダイエット業界で話題に

話題のスーパーフードといわれていますが、私のように知らない人も多いのではないでしょうか。
どこで話題になってるのかという話。

食べ物関係が話題になる場合、たいていがダイエット関係です。
おそらくそうであろうと調べていくと、やはりダイエット関係で火がついていました。

調べていくと去年末ごろから徐々に浸透し始めているようです。
朝の長寿番組である「めざましテレビ」で紹介されたことで、一気に知名度が上がっていったような感じでした。

チアシードブームの発端はアメリカのセレブの間だそうです。
流行するものといえばアメリカセレブ御用達が定番ですね。
日本人は影響されやすい。

それが日本の芸能界(特にモデル)を中心に流行し始めて、メディアなどで取り上げられる機会も増えて現在に至るとか。
最近では「健康的に痩せる」がテーマですから、チアシードもダイエットだけでなく健康に良い要素も持っているようです。


[スポンサードリンク]

冷え性対策にも良い栄養素

チアシードについての概要はこのくらいにしておきましょうか。
当サイトは冷え性対策について紹介することをメインとしています。
チアシードは健康に良い要素をいくつかもっているのですが、ここでは冷え性に良い栄養素をピックアップして紹介していきます。

便秘対策に水溶性食物繊維

便秘 下痢

チアシードの健康に関する話を調べていると必ずと言ってよいほど便秘について書かれていますね。
私は便秘解消は冷え性解消への第一歩と考えているので、これは冷え性対策として有効だと感じた大きな要因です。

冷え性改善には便秘解消が最優先事項
冷え性対策は基本的に健康的な生活をすることが全てです。 そのためには体内の環境を正常にして行くことが大切になります。   ということで、私が最初に冷え性対策を始めたのは普段からの悩みであっ…

チアシードは水につけると周囲を粘度の高い液体に変えてしまうようです。
コンビニで購入した「チアシード&ナタデココMix」もドロっとした感じがするので、チアシードが粘度を高めているのかもしれません。

さて、この話は当サイトをしっかりと見てくれている人ならお気づきかと思います。
似たような作用を持っている成分がありますね。

ゴボウ茶には水溶性食物繊維イヌリンが便秘解消に効果的
出典:SBクリエイティブチャンネル>ゴボウ茶博士のなぐちゃんが語る『ゴボウ茶を飲むと20歳若返る!』 ゴボウは食物繊維を豊富に含む食品として知られています。 そのため便秘解消に良いと言われることもあります。 私…

ゴボウに含まれているイヌリンという水溶性食物繊維です。

水溶性食物繊維は水に溶けて、ゲル状にする特徴を持っています。
ですから、便秘のように硬便になりやすい人はゲルを糞便に混ぜて柔らかくすると無理なく出せるようになるということです。
それだけ消化が遅くなるので、ダイエット食としても最適といわれていますね。

また、チアシードは不溶性食物繊維も多いようでゲル化した水分を抱え込む作用も期待できるとのこと。
抱え込むことで糞便の量増しにもなりますから、便意のサイクルが早まることもきたいでき一層便秘解消に効果を発揮すると考えられています。

弛緩性便秘は食事と運動で予防【食物残渣を増やす】
出典:第一三共ヘルスケア>便秘の原因 便秘とは糞便のが腸内に蓄積して出てこなくなった状態を指します。 原因によって大きく分けて3つのタイプに分類されます。 弛緩性便秘(しかんせいべんぴ) 痙攣性便秘(…

便秘原因は大きく分けて3つありますが、そのなかでも一番多いと言われているのが弛緩性便秘です。
糞便は大腸で起こる「ぜん動運動」によって肛門まで運ばれていきます。
ぜん動運動の働きが弱まる便秘が弛緩性便秘です。

「ぜん動運動」の働きが弱まると糞便の移動が鈍りますから2~3日に1回程度の便意しか来なくなるわけです。

ぜん動運動 コンベア 運ぶ

糞便が作られなければベルトコンベア的な役割をもつぜん動運動が働きません。
これが便秘を後押ししているわけです。

「ぜん動運動」もエネルギーを使いますからね。
運ぶものがないのにコンベアを動かしていては電気の無駄です。

不溶性食物繊維は水に溶けないので不溶性食物繊維と言われています。
体内に吸収されるものは、水に溶けることが必須です。

ですから、不溶性食物繊維は糞便の材料にしかなりません。
不溶性食物繊維は糞便の量を増やしてくれるものなのです。

ダイエットのようなバランスの偏った食事をすると食物線には不足しがち。
そのような場合でも食物繊維を効果的に摂取できるチアシードは救いの手かもしれません。

糞便を長期蓄積するとどうなるか

チアシードの話からはそれますが、もし便秘で糞便を長期的に蓄積したらどうなるか?
これについては過去にも触れていますが、改めて紹介しておきましょう。

WS000002
出典:アステラス製薬のパンフレット

水分の流れはこのようになっているようです。
口から入れた水分は全体から見ると一部に過ぎず、大多数は胃液や胆汁で流入してきます。

その水分はその先にある小腸で大多数が吸収されていくのです。
そして残りは大腸から吸収され、残った微量が糞便として排泄されていきます。
大腸からの水分吸収もあるのですね。

便秘は糞便が大腸に長期間蓄積することです。
便秘後の糞便はとても臭くありませんか?

大腸内では糞便の発酵がどんどん進み臭いが強烈になっていくのです。
発酵だけでなく長期蓄積は、水分吸収にも貢献しますから、発酵が進み汚れた水分が体内に吸収されていくことになります。

吸収された水分は自分から動けませんから何らかの手段で送り届ける必要があります。
その役目を担うのが血液です。
血液の液体ですから大部分は水分であることはお分かりかと思います。

汚れた水分が血液に溶け込むとどうなるでしょうか?
世間で言うドロドロ血液になるのです。
それにとどまらず、体臭の原因にもなってきます。

冷え性は血液がドロドロでは熱の流れが悪い【熱を運ぶ】
冷え性対策において熱を運ぶ対策をする場合は4つの他イプに分類できます。 熱を運ぶ器が不足している 熱を運ぶ環境に問題がある 熱を運ぶ器の流れに問題がある 全体的な循環が起こらない問題がある …

冷え性は血液の流れが重要です。
口から入れた水分は小腸や大腸で吸収されますので、腸内環境が悪化していると汚れた水が体内へ侵入してドロドロ血液を作る原因にもなります。

便秘解消につながるということは冷え性対策には欠かせないことです。
チアシードにイヌリンが含まれているという記述は見つけられませんでしたが、食物繊維が豊富といわれているのでイヌリンである可能性は高いです。

余談ですが、私は便秘を解消してから体重が徐々に下がっていきました。
便秘対策はダイエットにも直結すると考えています。

長くなりそうなので分割しました。
続きはこちらへ↓

チアシードで冷え性に良い栄養はなにか?
前回の続きです。 便秘の話だけで長くなってしまったので分割しました。   チアシードには食物繊維が含まれており、便秘解消に効果を発揮する可能性があります。 もちろん、便秘は食生活の乱れか…


話題の金時しょうがサプリを試してみました
金時しょうが粒 サンワ食研
金時しょうが粒(サンワ食研)を試したので口コミ書きます
金時しょうが粒(サンワ食研)を飲んでみましたので口コミを書きたいと思います。   冷え性関係の情報を見ているとときどき見かけるのが金時生姜。 生姜の代表的成分ジンゲロールが4倍含まれている…

↓他の役立つ冷え性ブログを見る↓




にほんブログ村 健康ブログ 冷え性へ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加