【南雲吉則監修】あじかんごぼう茶は何回?【注ぎの限界】

WS000015

あじかんごぼう茶は三角ティーバックに入っています。
紅茶と同じティーバッグですね。

そのため飲み方として「注ぎ」ができます。
ティータイムに気軽に飲むことができるので嬉しいですね。

私はティーカップに直接バッグを入れて「注ぎ」として抽出して飲んでいます。
ティーバッグは1回しか使わない人もいますが、私は使い回し派なので何回までできるか試してみました。

「国産」と「山崎農園(南雲吉則監修)」両方のごぼう茶で試してみました。

国産ごぼう茶の注ぎの限界は?

最初に購入した「国産」で何回出せるか検証します。

WS000010

「注ぎ」の場合は150~200CCのお湯を使って淹れます。
これで何回くらい出せるかを試してみました。

1回目の注ぎ

WS000009

これが1回目です。
最初とあって色が良く出ていますね。
熱いうちは味は薄いと感じたのですが、冷めてくるとゴボウの味がしっかりしてきます。
初回ですからね。

2回目の注ぎ

WS000012

こちらが2回目です。
2回目ですが1回目と同じくらい色が出ていました。
味も1回目より多少薄いかなと言うくらいで、ほとんど気になりませんでした。

カップに付着している黄色い物体はチューブのねり生姜です。
2杯目は生姜ごぼう茶にして飲みました。

3回目の注ぎ

WS000003

画像ではわかりにくいかもしれませんが、3回目になると色が出にくくなります。
ゴボウの香りは強く匂いはあるので、ここまで来るとゴボウの香りを楽しむものになりますね。

国産ごぼう茶の注ぎは3回まで

ということで、あじかんごぼう茶の「注ぎ」は最大3回ほどと考えて良いのかなと思います。
煮出しの場合は1~1.2Lできるので、注ぎは半分くらいの量になるようです。

多く飲みたい場合は面倒でも煮出した方が良いかもしれません。
3回以降は香りだけ楽しむのであればもっといけると思います。

↓国産で香ばしさが特徴の「国産」ごぼう茶はこちらから購入

「ごぼうのちから」で毎日スッキリ生活

山崎農園(南雲吉則監修)ごぼう茶の注ぎの限界は?

続いて南雲吉則先生監修の山崎農園ごぼう茶の限界を調べてみます。
すでにレビューのところで紹介していますが、山崎農園の方は風味が弱い感じです。

ゴボウ独特の風味が好みでない人はこちらがオススメになります。
風味が弱いということは出せる回数にも影響しそうですがどうなのでしょうか?

1回目の注ぎ

1回目の画像の撮影を忘れました。
先程も申したように国産に比べて風味が弱いと感じました。
国産の2回目と同じような感じですね。

2回目の注ぎ

WS000016

「山崎農園」のごぼう茶は2回目の「注ぎ」で色が薄くなりました。
1杯目でも薄目と感じていたので2杯目はそれ以上ですね。
「山崎農園」の方は注ぎよりも煮出した方が美味しく飲めるのかもしれません。
(まだやってませんが)

山崎農園(南雲吉則監修)ごぼう茶の注ぎは3回まで

南雲吉則先生の山崎農園ごぼう茶は限界は2回かなと思います。
今回検証したティーバッグが特別弱いかなと思ったのですが3つ目まですべて同じでした。
このお試しパックが悪いのかな?

WS000013

山崎農園の方が香りが強いと言うのがあじかんの見解ですが、私の感じでは弱いように思えましたね。
それは注ぎの回数にも出ているように見えるのですが、このあたりは人それぞれなところがあります。

ゴボウの香りが全くしないわけではない

我が家のポットは水道水を使っています。
ポットのお湯をそのまま飲むと薬っぽい味(おそらく塩素)がして苦手です。
白湯は基本的に飲みません。

白湯を飲むとしたらミネラルウォーターを使います。
しかし、ミネラルウォーターを電子レンジで温めたときの香りもあまり好きではありません。

「山崎農園」の2杯目もこれらの水道水の臭みを消してくれる効力はあります。
強さが弱くなっているだけであり、全くしないわけではありません。

↓南雲吉則先生監修の甘味が特徴「山崎農園」ごぼう茶はこちらから購入

つくば山崎農園産あじかん 焙煎ごぼう茶

アフターフォローメールは

注ぎは何回できるのか検証していたところにあじかんからフォローメールが来ました。
内容はズバリ「注ぎ」の限界です。
(実際は飲み方についての内容ですが)

WS00000114
WS000004
(メールの一部抜粋)

フォローメールには4~8杯分とあります。
最大で8回分まで「注ぎ」ができることになるでしょう。

しかし、今回の検証の通り「注ぎ」では3回が限度ではないかと思いますね。
飲み方として一番多いであろう「注ぎ」で5杯はどうなのかという感想です。

さらに読み進めていくと

WS000002

注ぎの場合の飲み方がありました。
「注ぎ」の場合は4杯となっていますが、1杯あたりが100cc(100ml)となっています。
200mlで抽出したら2杯ではないでしょうか。

煮出しの場合はティーバッグ1個で1~1.2Lできます。
水出しの場合は700~800mlだそうです。
8杯は煮出しか水出しの場合でしょうね。

ということで、注ぎの限界は2回というのは妥当なところかなと思います。

ゴボウの栄養素を取るなら茶葉を食べる

「注ぎ」は「煮出し」や「水出し」と比べると栄養が溶け出しにくいと言うことです。
「煮出し」や「水出し」に比べて1杯あたりの栄養が少ないかもしれません。

煮出しは火にかけて栄養分をしっかり抽出しますし、水出しは長時間つけ込むことでジワジワと栄養分が溶けだしていきます。
「注ぎ」は熱湯に2分程度さらすだけですから、栄養素がゴボウに残ったままになってしまいます。

スプーンで押してエキスを出すくらいした方が栄養素はしっかり取れるようになるかもしれません。
また、あじかんごぼう茶の茶葉は「国産」「山崎農園」ともに食べられます。
食べることで栄養素を確実に摂取するようにすることも大切でしょうね。

↓南雲吉則先生監修の甘味が特徴「山崎農園」ごぼう茶はこちらから購入

つくば山崎農園産あじかん 焙煎ごぼう茶

  • このエントリーをはてなブックマークに追加