当サイトについて

ご訪問ありがとうございます。
「冷え性対策で改善を目指すひやみぎて(男)のブログ」へようこそおこしくださいました。
DSC04321
管理人の”ひやみぎて”と申します。
30代の男性です。
デスクワークをしており常に手元が冷たい男です。

冷え性というと女性の方が関心が高いと思います。
私もあまり関心がなかったのですが、あることをきっかけに冷え性対策をはじめようと思いました。

714d29901793f77a02c0e3a3_640
普段デスクワークでパソコンを触っています。
作業をもっと早くしようと思いタッチタイピングの練習をはじめたのですが、なかなか速度があがりませんでした。

慣れていないのもそうでしたが、指先が冷えきっており自分の思い通りに動かせないのもひとつの原因でした。
これをなんとかしたいと思ったのがきっかけです。

c8e94cf42a991743fc8bfb2e_640
手の冷えは自覚していたのでキーボードを触る前は暖房で温めたりしていたのですが、だんだん面倒になってきて根本的に解決する方法はないだろうかと本格的にはじめました。

a53288d382fa883ead22ac90_640
もちろん冷え性についての知識はゼロです。
ですから、地道に書籍などを読みながら勉強をはじめました。
当サイトはその軌跡のようなものです。
自分の調べたことが冷え性に悩む人の役に立てばと立ち上げました。

DSC04322
普段は室内手袋をはめてキーボードを操作しています。
冷え性対策というとこのように手を温める方法ばかりを追い求めますが、これでは冷え性を根本から治していくことはできません。

また、
冷え性は万病の元といわれています。
これが意味することは生活習慣病のはじまりです。
生活習慣病の疑いのある人は間違いなく体が冷えているそうです。

ガン細胞も低体温の人のほうがリスクが高いと言われます。
平熱が35℃代であればガン細胞が活発に活動しやすい環境にあるといえるそうです。

83814a53f0d9b244d7c2b701_640
こうして当サイトにご訪問頂いたのは何かの縁、冷え性への関心が高いものと考えられます。
ただ「冷え」と軽視せず「病気のサイン」
冷え性対策で健康的な体に戻していきましょう!



私は医師ではなく冷え性対策の実践者という立ち位置にいます。
そのため高度な医学的知識を有しているわけではありません。
当サイトの情報で損害を受けた場合についての責任は
利用者ご自身にあるものとしますのでご了承ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加