むくみは腎臓悪化を疑う心配するより冷え性対策

腎臓

むくみが出たから腎臓悪化が原因と考えられている人が多いように見えますね。
確かに腎臓は水分排泄に重要な尿を作る器官。
疑いたくのはわかります。

腎臓の悪化はむくみの原因にはなりますが、ほとんどの場合は別に原因があると見てよいでしょう。
重要なのは筋肉ポンプです。

筋肉をある程度つけることで冷え性対策になることは当サイトでも紹介しています。
冷え性改善を実践すればむくみも良くなっていくもの。
むくみを実感したら冷え性対策をしていきましょう。



[スポンサードリンク]

むくみになるのは筋肉ポンプ機能が弱い

むくみの原因は腎臓の悪化よりも筋肉ポンプ機能が弱い原因の方が多いのではないかと考えられるのです。
その理由を解説していきます。

むくみの症状は女性に多く男性には少ない傾向にあります。
むくみ対策も冷え性対策も筋肉を鍛えることで解消することは他の記事で紹介しています。

男性は筋肉がつきやすいですから冷え性同様にむくみの症状が出る人は少ないです。
私もむくみの症状は出ていませんのでむくみが出るほど筋肉量がないわけではなさそうです。
(冷えの症状は末端だけです)

女性でもアスリートはむくみの症状が出ないそうですね。
アスリートは日々トレーニングをして筋肉はありますからむくみになりにくいのは納得できます。

冷え性とむくみは筋肉不足改善でよくなる!
むくみは老廃物が特定の場所に蓄積してしまった状態のことを言います。 地球には重力がありますから、下半身に老廃物が蓄積しやすいといえるのです。   むくみ解消にはマッサージをするなど、リンパ…

こちらの記事にもむくみの仕組みを解説しています。
体中の老廃物が回収できていないために起こるのがむくみの症状です。

特に下半身は重力により心臓に血液を戻すには強力なポンプ機能が必要不可欠です。
その役割をするのがふくらはぎになります。

腎臓とむくみの関係はあります。
しかし、現代人の運動不足などを考えるとポンプ機能の弱さを疑わずにはいられません。

まずはご自身の生活スタイルを思い返して運動不足であれば適度な運動を取り入れるところからスタートしましょう。
心臓が送り出した血液と戻る血液のバランスが取れればむくみは解消していくでしょう。



[スポンサードリンク]

腎臓病がむくみの原因になることは少ない

むくみというのは体内に水分が蓄積してしまっている状態のことです。
そのため水分の排泄が正常にできていないことを疑いたくなるのもわかります。
動物の水分排泄は汗によるものありますが、その多くは尿としての排泄になります。

WS000001
出典:広島大学大学院医歯薬保健学研究院>腎臓について

高血圧も冷え性対策で改善するが減塩ではなく循環重視?
高血圧は血管内部を流れる血液がなんらかの原因で強い圧力でないと流れなくなった状態です。 冷え性では血行が悪いと熱を運ぶ機能が弱まりますから体温低下を招くこともあります。   高血圧も冷え性…

心臓から送り出された血液は腹部大動脈を通り下半身に向かいますが一部は腎動脈へ分岐して行きます。
腎臓では血液のろ過作業が行われて清潔になった血液が腎静脈から下大静脈へ戻ります。

ろ過された老廃物や水分は尿管を通り膀胱へと送られ蓄積されていくのですね。
そのことから腎臓機能の低下がむくみの原因と考えるようになるのだと思います。

腎臓機能の低下が原因でむくみになることもありますが、ほとんどは違う原因のようです。
むくみで悩む人は一時的なむくみが多いからです。
もし腎臓が弱っているのであれば1日中むくみの症状に悩まされることになるでしょう。

ですが、腎臓がむくみと全くの無関係というわけではありません。
腎臓が原因によるむくみをここで紹介します。
調べた限りでは腎臓が原因のむくみは大きく分けて3つでした。

  • 急性糸球体腎炎
  • ネフローゼ症候群
  • 腎不全

それぞれについて解説をしていきます。


[スポンサードリンク]

急性糸球体腎炎

696fba35eecd4844_640

急性糸球体腎炎糸球体がなんらかの原因で炎症を起こした状態です。
糸球体というのは腎臓のろ過機能になります。

腎臓に流れ込んできた血液をろ過して尿と血液に分離する大切な働きをするものです。
腎臓のメインの作業を担うのが糸球体になります。

炎症は外部からの刺激などが原因で細胞が傷ついたときに修復させるために起こるものとされています。
炎症については次の記事も参考になると思います。

生姜紅茶で便秘になったのは別の原因では?
最近は良くなっていますが、少し前は便秘がひどい状態でした。 冷え性対策として生姜紅茶を飲んでいます。   調べてみると、生姜紅茶で便秘になった話もあり、便秘の原因ではないかと思いました。 …

糸球体が炎症を起こしていることはなんらかの原因で機能が弱くなった状態ですからろ過機能も低下します。
当然、尿を作る機能も低下します。
尿を作り出す機能が弱まれば水分は体内に蓄積しますからむくみとして現れてくるでしょう。

ネフローゼ症候群

960362942fd85159_640

ネフローゼ症候群というのは症候群なので病気の総称です。
ネフローゼ症候群のなかでむくみと関係が深いと考えられるのが尿蛋白です。
(昔健康診断で指摘されたことがあります…)

静脈が水分を回収するにはタンパク質の浸透圧を利用しているそうです。
ネフローゼ症候群では本来必要なタンパク質を尿として捨ててしまうために血管内のタンパク質が不足します。

そのため水分が回収する力が弱くなり、むくみとして現れるようになる可能性があります。

腎不全

1f64f077551ba4daafbfd684_640

腎臓病と言われるのはだいたいこの腎不全です。
腎臓機能そのものが弱体化してしまっている状態になります。
慢性的に尿として水分を排泄する機能が弱まっていますのでむくみとして現れます。

戻る血液に問題が発生している

以上3つが腎臓の異常によるむくみになります。
腎臓が原因となる場合は朝起きたら顔がむくんでいたとか夕方足がむくんでいるというものではなく時期関係なく起こるようです。

送り出される血液と戻る血液のバランスがとれていればむくみにはなりません。
特定の時期だけむくみになるのであれば、戻る血液に問題が発生していることからむくみが出ると見るのが良いと思います。

ご自身のむくみの状況を考えてみましょう。
特定の時期だけであれば腎臓を疑うより血流に問題があるか考えてみましょう。

冷え性対策でむくみ解消・腎臓も健康

b1fdeabcac35ef8b3447d295_640

むくみについて紹介していきました。
腎臓の悪化というよりは血行の悪化の方が原因として考えられるのではないかと思います。

血行悪化が原因であれば冷え性対策をすることで改善が見込めると考えて良いのではないでしょうか。
1日中むくみの症状がでるのであれば、検査を受けたほうが良いですが一時的であれば血液の流れが正常でないことが多いようです。

筋肉を付けてポンプ機能を強化し水分をしっかり腎臓まで送り届ければ尿として排泄してくれます。
腎臓機能を正常に保ちたいなら筋肉で温めた血液を送ることも重要でしょう。

むくみの原因は血液の流れが多いですが、これが続けば腎臓機能を低下させる血管なるかもしれません。
冷え性は万病の元ですから、普段から腎臓だけでなく体を温めておくようにするとよいでしょう。

下半身浴で腎臓が活発化?

142dc4b62a4cfad14_640

最近気づいたのですが、下半身浴の後はトイレに行きたくなります。
入浴前にもトイレにいくのですが、入浴後も勢い良く出ますね(笑)
膀胱に結構な量が貯まっているようです。

下半身浴で血行が促進された影響かと思います。
体を温めたことで血管が拡張して腎臓に流れこむ血液の量が増えたことも影響しているかもしれません。

下半身から汗として水分が出ますが、利尿作用の水分排泄も期待できるのでむくみ対策に下半身浴は強い効果が出るかもしれません。

下半身浴は内臓に負担をかけない冷え性対策【冷えに注意】
日本では高齢者の溺死が多いそうです。 その理由は入浴中の事故で、風呂場で心臓発作など起こしてしまうことが原因になります。   従来の入浴方法(全身浴)は水圧がかかり内蔵に負担をかけるため事…

下肢静脈瘤に注意

追記20150505

むくみの症状でも注意したいのが下半身静脈瘤です。
こちらは、静脈が逆流してむくみの症状がでるものになります。

血液が戻らないのではなく逆流してくる状態になっているので血管が浮き出る症状が出るでしょう。
その場合は病院で検査を受ける必要があります。

どんな人が血管が浮き出やすいのか?
最近は血管が浮き出るようになって違和感があると紹介しました。 これについてもう少し深めていきたいと思います。   今回は「どんな人が血管が浮き出やすいのか?」と言うテーマです。 私自身も…


話題の金時しょうがサプリを試してみました
金時しょうが粒 サンワ食研
金時しょうが粒(サンワ食研)を試したので口コミ書きます
金時しょうが粒(サンワ食研)を飲んでみましたので口コミを書きたいと思います。   冷え性関係の情報を見ているとときどき見かけるのが金時生姜。 生姜の代表的成分ジンゲロールが4倍含まれている…

↓他の役立つ冷え性ブログを見る↓




にほんブログ村 健康ブログ 冷え性へ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加