冷え性対策とむくみ対策でお茶を選ぶなら

お茶 緑茶

むくみ対策として利尿作用を高めることがあります。
水分が蓄積された状態ですから出さないといけません。
水分排泄で最も効果的なのは利尿ですからね。

冷え性で悩んでいる人はむくみになっている人が多いように感じます。
男性よりも女性の方がむくみになりやすい傾向にあり私はそのような悩みはありません。

むくみのある人はカフェインをたくさんとった方が良いみたいでコーヒーやお茶を飲むと良いそうです。
良いのですが冷え性の場合は注意が必要。

お茶に含まれるカフェインは冷え性には良いものとは考えにくいと思います。
その理由をむくみ対策と合わせて説明していきます。



[スポンサードリンク]

むくみ対策はお茶が良い理由

むくみ対策にお茶が良いと言われる理由はカフェインの存在があげられます。
水分が特定の部分に蓄積してしまうのがむくみです。

立ち仕事で一日中たった状態だとそれだけ体に重力がかかりますから水分が下半身に蓄積しやすくなります。
別の記事で紹介しますが、これには筋肉が大きく関係しています。

冷え性とむくみは筋肉不足改善でよくなる!
むくみは老廃物が特定の場所に蓄積してしまった状態のことを言います。 地球には重力がありますから、下半身に老廃物が蓄積しやすいといえるのです。   むくみ解消にはマッサージをするなど、リンパ…

また、排尿回数が少ないとそれだけ体内に水分が滞りますからむくみの原因にもなります。
むくみだけでなく膀胱炎などのリスクも増えます。
カフェインには利尿作用があるので強制的に水分を体外に出すことができるのです。

そのためカフェインを含むお茶がむくみに良いと言われる理由になります。
私も経験がありますが、日本茶を飲んだあとはトイレが近くなるような気がします。
むくみ解消にはいかに水分を出すかが重要です。

カフェインの利尿作用については以下の記事で。

生姜紅茶飲んでトイレが近いのは利尿作用が高いから
生姜紅茶を飲みはじめてからトイレが近くなったような感じがしています。 尿の回数が増えると頻尿とか糖尿病とかいろいろ病名が出てきます。 なんか怖いですよね。   生姜紅茶の主な材料である生…



[スポンサードリンク]

カフェインが持つ利尿作用

むくみは体内の水分排泄によって改善するとされているのでカフェインを摂取すると良いと紹介されるそうです。
お茶にも含まれるカフェインは、どのようにして利尿作用を引き起こすのでしょうか?

生姜紅茶飲んでトイレが近いのは利尿作用が高いから
生姜紅茶を飲みはじめてからトイレが近くなったような感じがしています。 尿の回数が増えると頻尿とか糖尿病とかいろいろ病名が出てきます。 なんか怖いですよね。   生姜紅茶の主な材料である生…

上記の記事でも紹介していますが、
カフェインによって利用作用が引き起こされる仕組みは腎臓の血管拡張により腎臓内部の血液が増えるです。

WS000001
出典:広島大学大学院医歯薬保健学研究院>腎臓について

腎臓と心臓から送り出された下半身に向かう大動脈から分岐した血液が流れ込みます。
カフェインを摂取すると脳の血管が収縮し末梢の血管が拡張します。

さらに分岐する腎動脈が拡張して流れこむ血液の量が増加するようです。
腎臓には糸球体とろ過機能を持ちます。
腎臓は血液を浄化して老廃物などは尿にするのが主な仕事内容です。

カフェインは腎臓が持つ糸球体の血管も拡張させます。
腎動脈が拡張して流れこむ血液量が増えますのでろ過機能もそれに合わせて稼働率を上げるということですね。
ろ過機能が活発になれば尿を作る頻度も高まりますから利尿作用が促されることになるのです。


[スポンサードリンク]

血流が偏るカフェイン効果

カフェインというのは眠気覚ましとしてもおなじみですね。
交感神経を刺激するため意図的に興奮状態を作りだすことができます。
交感神経は血管を収縮させて血圧を上げて血液を勢い良く流れるようにするので流れる量を減らして速度を上げると見ると良いと思います。

血管が拡張するとそれだけ血液が流れこんできます。
これは利尿作用を後押ししているとも言えるのです。

利尿作用は水分を多めに摂取することでも発生します。
体内の水分料は一定ですから水分を摂ればトイレが近くなるのは当然です。

カフェインは腎臓の血管を強制的に拡張しますので負担になります。
内蔵に負担をかけると熱を作る力が弱くなりますからカフェインを含む食品は陰性に分類されるのではないしょうでしょうか。

生姜紅茶飲んでトイレが近いのは利尿作用が高いから
生姜紅茶を飲みはじめてからトイレが近くなったような感じがしています。 尿の回数が増えると頻尿とか糖尿病とかいろいろ病名が出てきます。 なんか怖いですよね。   生姜紅茶の主な材料である生…

血液の循環はできるだけ偏りなくが良い

冷え性対策は血行促進も重要です。
これは偏った状態が良いものではありません。
利尿作用は腎臓への負担を大きくします。

腎臓などの内蔵は自律神経により動きます。
自分でコントロールすることができません。
できることは血流のコントロールで過度に働かせないようにすることくらいでしょうか。

冷え性の場合は血行をできるだけ良い状態にしたほうが良いです。
カフェインで腎臓に血液を集中させることは、熱循環も悪くしますので冷え性には良くないでしょう。

自律神経は消化器官・睡眠・基礎体温で冷え性コントロール
冷え性を改善していくことを考えると3つのポイントがあります。 熱を作る 熱を運ぶ 熱を保つ 3つのポイントは以下の記事でも紹介しています。 こちらの記事を見る前に目を通しておくと良いでしょ…

お茶を飲むならカフェインレス

ba47e8bd28a44706_640

むくみ対策として良いとされるお茶ですが冷え性対策の立場からするとカフェイン入りはオススメできません。
ここまで触れませんでしたが、お茶にはタンニンというポリフェノールも含まれています。
お茶の渋味成分のことですね。

冷え性改善方法にお茶は効果があるが陰性食品
健康的を気を使うならお茶が良いと言われています。 日本茶は健康食品としても注目されており、含有されるカテキンはウィルスを撃退し風邪予防にも効果があるとされています。   それでは、冷え性改…

タンニンは鉄分とくっついてタンニン鉄に変わります。
タンニン鉄になると体内への吸収がされなくなり、血液を製造を阻害します。

日本茶は冷え性対策としてはあまりよいものではありません。
注意して飲めば問題ないのですが。
冷え性対策として適さないのは間違いないでしょう。

それでは冷え性とむくみ対策は両立できないのか?
そうではありません。
カフェインレスのお茶も存在します。

ルイボスティがそうですね。
ルイボスティはカフェインレスですが利尿効果があると口コミが散見されます。

その他にも私が飲んでいるのはゴボウ茶です。

【南雲吉則監修】あじかん山崎農園ごぼう茶をレビューする
あじかん山崎農園ごぼう茶を購入しましたのでレビューしていきたいと思います。 普段は冷え性対策として生姜紅茶を飲んでいるのですが、もうすぐなくなりそうなので別のお茶を試してみる良い機会と考えて飲んでみるこ…

こちらの記事に感想等書いていますのでご参考に。

排尿は水分摂取量を増やせば増える

私はルイボスティを飲んだりゴボウ茶を飲んだりいろいろと水分摂取を試しています。
これらは利尿作用があると言われていますが、カフェインのように腎臓の血管を拡張すると言った理由が見当たりません。
ですから、利尿作用は水分摂取量の増加にあると考えています。

1日の目安は体重によりますが、だいたい2000ml(2リットル)です。
おそらく私もこれくらい飲んでいると思います。
1回の排尿が300mlとすると1日6~7回の排尿は期待できるでしょう。

排尿回数は5~7回が目安となっていますので2リットルくらいが妥当です。
回数が少なすぎると膀胱炎など別の病気の引き金になります。

膀胱炎が排尿痛の原因だった!?冷え性で漢方を選ぶなら
排尿痛がするので検査を受けてきたという話です。 結果は軽い膀胱炎でした。   男性は膀胱炎になりにくいのですが、体が冷えて免疫力が下がりやすい時期は注意が必要みたいです。 膀胱炎と冷え性…

カフェインは腎臓血管を拡張する強制的な利尿作用です。
むくみのように必要以上の水分が蓄積した状態なら有効かもしれません。
そうでなければ体内の水分不足も懸念されます。

喉を潤すための水分摂取であればカフェインレスを選ぶようにした方が好ましいのではないでしょうか。


話題の金時しょうがサプリを試してみました
金時しょうが粒 サンワ食研
金時しょうが粒(サンワ食研)を試したので口コミ書きます
金時しょうが粒(サンワ食研)を飲んでみましたので口コミを書きたいと思います。   冷え性関係の情報を見ているとときどき見かけるのが金時生姜。 生姜の代表的成分ジンゲロールが4倍含まれている…

↓他の役立つ冷え性ブログを見る↓




にほんブログ村 健康ブログ 冷え性へ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加