冷え性に良いビタミンE含有アーモンドを食べる習慣を

55719b0f94522513_640

アーモンド冷え性対策として食べるに良い食品であると言えそうです。
冷え性対策として良いことは所持している書籍にも書かれているのですが実践していませんでした。

ここ数日いろいろありまして、アーモンドを食べる習慣をつけようと考えました。
アーモンドが冷え性対策に良いのはビタミンEが含まれていることでしょう。

その他にもさまざまな栄養素が含まれており私の抱える悩みを全て解決できそうな食材なのです。
その理由を説明していきます。



[スポンサードリンク]

急激な体重減少のため病院で検査

冷え性対策を今年頭からはじめてかれこれ2ヶ月半くらい経過します。
最初に取り組んだ便秘解消も成果が出てきたかなというところです。

期待はしていなかったのですが体重の減少も見られました。

9e39a2d2-s
出典:http://livedoor.blogimg.jp/sleepy0130/imgs/9/e/9e39a2d2.png

去年の12月に先日とくダネ!を途中退席した菊川怜さんが発症した急性胃腸炎を患いまして体重が2kg減りました。
私の身長は163cmで当時の体重は60kgでしたので適正体重より若干高めです。

WS000017
出典:日本医師会ホームページ>適正体重

日本医師会ホームページの結果はこうでした。
体重もBMI値も適正範囲ではあります。

体重が2kg減る理由はおそらく基礎代謝によるものでしょう。

ダイエットをするときに気にしないといけないのは基礎代謝量です。
無理な食事制限を続けると基礎代謝量が落ちていくため痩せにくい体になります。

私の場合は症状が3日程度でこの期間は水分しかとっていませんでした。
そのため基礎代謝によって脂肪がエネルギーとして使われ簡単に2kgの減量ができたということになります。
この時点でほぼ適正体重になりました。

基礎代謝についてはこちらの記事を参考に。

自律神経は消化器官・睡眠・基礎体温で冷え性コントロール
冷え性を改善していくことを考えると3つのポイントがあります。 熱を作る 熱を運ぶ 熱を保つ 3つのポイントは以下の記事でも紹介しています。 こちらの記事を見る前に目を通しておくと良いでしょ…

それからしばらくは適性の58kgを推移していたのですが、冷えとりとして便秘解消をはじめたら1ヶ月でさらに2kg減量して56kgになりました。
適正体重を下回るようになり、12月から約3ヶ月程度で4kgも減量していることになります。

確かに便秘解消で2kg減ることはあると思いますが、12月の急性胃腸炎で体内の便は空にしているので便秘解消でさらに2kg減ったというのはおかしな話です。
めんげんの効果が出ているだけと考えても良いのですが、病気だったら取り返しがつかないことになりかねないので病院で検査を受けることにしました。



[スポンサードリンク]

寝汗と切れ痔再発で病院検査

血液検査と尿検査を土曜日に受けて、その日には結果が出なかったため不安を抱えながら土日を過ごしました。
私も心配症で変な病気になっていないのか不安でストレスが物凄いかかっていました。
そのせいか寝汗でトイレに起きました。

寝汗についてはこちらの記事でも紹介しています。

男性の下半身寝汗(盗汗)の原因は冷えとりで良くなる
漢方医学において寝汗のことを盗汗というそうです。 「寝汗」だと悪いイメージはないのですが、「盗汗」と書かれると病気ではないかと疑ってしまいます。   西洋医学と東洋医学では冷え性に対する認…

生きている心地がしませんでしたね。
ストレスは冷え性に限らず健康に良くないので避けたいものですが、性格が災いしてどうしようもないときはあるものです。

昼過ぎに便意を感じたのでトイレに直行しました。
ここ最近は便秘もなく快腸だったのですが、今日は固めの便が出てきました。
おそるおそる便器の中を見ると赤い固まりが見えています。

お尻を拭いた紙を見たら見事に真っ赤。
切れ痔を再発させてしまったようです…

踏んだり蹴ったりですね。
切れ痔で通院している病院も検査を受けた病院と同じなので結果を聞くついでにすぐ行きました。


[スポンサードリンク]

血液・尿検査では異常はほとんどなく切れ痔の薬だけ

切れ痔の検査結果は前回受けた時と同様で心配はないとのことでした。
引き続き便秘と硬便にならないように気をつけるという注意だけです。

血液・尿検査の方は異常が特になく、タンパク質が不足しているという点を注意されました。
普通は食事を減らしましょうと言われると思いますが、私は食べる量を増やしましょうでした。

南雲吉則先生の1日1食ではありませんが、1日2食は良くない方向に働いてしまったようです。
もちろん1食でも必要な栄養素をしっかり確保できればいいのでしょうけど。

話には出なかったのですが尿中カルシウムが標準値より高めになっています。
気づいた点はそれくらいで至って健康体のようでした。

体重減少の原因はもしかしたらタンパク質不足による筋力低下かもしれません。
体脂肪率も下がっていたので実際はわかりませんが。

タンパク質不足が続くとさらに筋力が落ちてしまう可能性はあるようです。
そして、尿中カルシウムを減らすにはマグネシウムが必要になります。

私の注意すべきことはタンパク質とマグネシウムを摂取することとなりました。

アーモンドはビタミンEが含まれ冷え性に良い食品

冷え性にはビタミンEが効果的な理由は抗酸化力
先日、心療内科でユベラを処方してもらいました。 ユベラはビタミン剤で主な成分はビタミンEです。   ビタミンEには血行を良くする作用があることから冷え性に効果的とされています。 効果効能…

冷え性対策にはアーモンドを食べると良いと言われます。
アーモンドにはビタミンEが豊富に含まれていると言われています。

WS000018
平成 17 年及び 18 年国民健康・栄養調査55,56)における性及び年齢階級別の摂取量の中央
値を参考に、成人 18~29 歳では男性 7. 0 mg/日、女性 6. 5mg/日を目安量とした。
出典:厚生労働省>ビタミンE:p130~132(PDF:340KB)

ビタミンEは「日本人の食事摂取基準」(2010年版)の資料によると成人目安量を

  • 男性 7. 0 mg/日
  • 女性 6. 5mg/日

としています。
アーモンド1粒のビタミンE含有量は0. 3mgですから20~25粒くらい食べると目安量に到達します。

ただし、アーモンドはカロリーが高いため1日20粒以上食べるのが得策かは疑問です。
1粒あたり6kcalで20粒食べれば120kcalになります。
ビタミンEは他の食材を食べても摂取できますので、私は1日半分の10粒程度を目安にしていこうと考えています。

ビタミンEは血液を流れやすい状態にするので冷え性対策には必要です。
日頃食べているおやつやおつまみをアーモンドに変えるのは無理なくできると思います。

冷え性対策にしても健康対策にしても手軽に続けられることは大切です。
ジムでトレーニングをするとなると重い腰を上げる必要がありますが、1日に30分のウォーキングなら通勤に1駅歩くなど私生活に取り込むだけで良くなります。

アーモンドは間食で食べるように気をつけるだけでよくなりますから手軽にできると言えるのではないでしょうか。
ストレスなく実践できることが大切なのです。

タンパク質やミネラルも豊富に含むアーモンド

アーモンドにはタンパク質も含まれています。
タンパク質には良質なものとそうでないものがあるそうです。

アーモンドは良質なタンパク質に含まれるそうで健康によい食品になっています。
植物性のタンパク質は比較的良質になりそうです。
私はタンパク質不足を指摘されているのでありがたい食品とえいます。

さらにミネラルも豊富に含まれているのも特徴です。

WS000019
出典:ブルーダイヤモンドクロワーズ>アーモンドの栄養素

アーモンド商品を展開するブルーダイヤモンドクロワーズでは含有量の多いミネラルとしてこの6つの栄養素を紹介しています。
冷え性に嬉しいのは鉄分が含まれていることでしょうか。
立ちくらみやめまいを起こしやすい人、貧血の人にもオススメの食品です。

個人的に必要なマグネシウムも豊富に含まれていることもありますね。
鉄分は食事をするときに緑茶などタンニンを含むものと一緒に食べると鉄分が吸収されません。

しかし、アーモンドはタンニンを含まない飲み物と一緒に食べれば鉄分の効率的な摂取にも貢献します。

血流を作る材料になるのは鉄分です。
新鮮な血液を作り続けるには鉄分は欠かせない栄養素と言えるでしょう。

そしてマグネシウムは前に紹介した通り尿中カルシウム対策です。
アーモンドにもカルシウムが含まれていますが、含有量はマグネシウムが上回っているので効果はあると見てよいでしょう。

マグネシウムはカルシウムに対して2分の1であることが望ましいとされています。
アーモンドを食べ過ぎてカルシウム不足になるということは避けられるでしょう。

マグネシウムは下剤の材料としても用いられます。
もらった薬のなかにバッチリ酸化マグネシウムが含まれていました。
マグネシウムと酸化マグネシウムは全くの別物と言われますが、原材料は同じですから何かしらの効果はあるかもしれません。

ネット上では便秘対策の食品としてアーモンドが紹介されることも多いようです。
便秘ではないのですが今後は軟便になるよう気をつけないといけないので硬便になる前に出せるようになればと思いますね。

アーモンドは必要な栄養素を全て含む

アーモンドの持つ栄養層はここで紹介したもの以外にもあります。

しかし、私が抱える悩みを解決できる食品であると考えられるのでその部分をピックアップして紹介しました。
私が必要としているのは

  • タンパク質
  • マグネシウム

そして冷え性対策として必要なのは

  • ビタミンE
  • 鉄分

これらを含んでいるアーモンドは食べる習慣をつけるようにした方が良いと感じました。

早速明日から1日10粒くらいを目安に食べていこうと思います。
アーモンドの栄養素ってスゴイですね。


話題の金時しょうがサプリを試してみました
金時しょうが粒 サンワ食研
金時しょうが粒(サンワ食研)を試したので口コミ書きます
金時しょうが粒(サンワ食研)を飲んでみましたので口コミを書きたいと思います。   冷え性関係の情報を見ているとときどき見かけるのが金時生姜。 生姜の代表的成分ジンゲロールが4倍含まれている…

↓他の役立つ冷え性ブログを見る↓




にほんブログ村 健康ブログ 冷え性へ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加