眼精疲労が肩コリの原因なら冷え性対策で改善見込みあり

肩コリ

肩コリは辛いですよね。
私はおそらく慢性的な肩コリになっているのだと思います。
「肩こってるね」と言われたことがあるので、自他共認める肩コリなのでしょう。

私の場合は眼精疲労による肩コリだと思っているのですが、どうやら当サイトでメインに扱う冷え性原因を取り除くことができるようです。

冷え性対策を実践していくと肩コリの症状が軽減されるかもしれませんので記事にしたいと思います。
長年肩コリで悩んでいるのなら体が冷えていないか確認しましょう。 



[スポンサードリンク]

タケダが示す肩コリの原因は5つ

どんなことでも原因を知るところからはじめないとい対策にはなりませんよね?
最初に肩コリの原因にはどのようなものがあるかおさらいしてみましょう。

肩コリの原因は複数あり、日常生活の中に隠れているようです。
武田薬品工業(以下ダケダ)に肩コリに関する詳しい情報がありましたので当記事では参考にしていきます。

ダケダが「日常生活から考えられる原因」として紹介しているものは以下の5つ

  • 同じ姿勢でのデスクワーク
  • 眼精疲労
  • 運動不足による筋肉疲労と血行不良
  • ストレスによる緊張
  • 寒さによる肩の筋肉の緊張、自律神経の乱れ

参考サイト:タケダ健康サイト>肩こり

この5つの原因の中で「眼精疲労」以外については当サイトでも触れてきた内容と言えるのではないでしょうか。
どれも血行に影響を与えるものばかりです。

同じ姿勢でのデスクワーク

同じ姿勢をしていれば肩はコリますね。
血流は筋肉の動きにも左右されますので、同じ姿勢をしていれば筋肉がこってしまい血行に影響が出るのです。

運動不足による筋肉疲労と血行不良

「同じ姿勢でのデスクワーク」で紹介した通り血行は筋肉にも左右されます。
運動不足は筋肉の低下を招きますし、運動による血液浄化も期待できません。

疲労感のある筋肉は機能が弱くなっていることも考えられるでしょう。
肩コリの原因となるのです。

ストレスによる緊張

ストレスは交感神経を刺激してい血管を収縮させると言われています。
ストレスも血行悪化の原因を作るのです。



[スポンサードリンク]

寒さによる肩の筋肉の緊張、自律神経の乱れ

これは冷え性とも大きく関係していることがお分かりいただけると思います。
自律神経の乱れはストレスが原因で起こることもありますが、季節の変わり目などにも起こりやすいです。
体は変化にも敏感に反応しますので、注意が必要になります。

冷え性の原因との比較は以下の記事を参考にしていただくとより理解が深まると思います。

冷え性の原因は生活スタイル変更だけで治るってホント?
冷え性対策をするには原因を知っておく必要があります。 それが分かれば生活スタイル変更だけで治ります!   冷え性の原因として考えられるものは数多くあるのですが、大きく分けて2つになると私は…

肩コリの原因と冷え性の原因はほとんど同じと言っても良いかもしれませんね。

眼精疲労の補足と冷え性対策での肩コリ解決

眠気 犬 気力

目が冷えると悩む人は、私の想像ですがあまりいないのではないでしょうか。
(最近はスマートフォンの使いすぎによる目の冷えが注目されていますが)
ですから、当サイトでも目については触れていません。

眼精疲労についてだけ補足説明をしておこうと思います。
私は肩コリの原因は眼精疲労にあると考えていましたし、今でもそのように考えています。
視力回復か矯正をしないと開放されないかもしれません。

肩コリがヒドイと考え始めたのは高校生くらいのときだった記憶があります。
高校時代には視力が急激に下がり始めていった時期です。

さらに左右の視力に差が出る「不同視」の状態になり、右が0.7で左が0.4くらいになっています。
肩がこるのは右側だけであり、左目の視力を右目がカバーしており肩コリの原因となっていると考えていました。

パソコンを使うようになってからはさらに右肩のコリが加速したような感じがしますね。

右手だけ冷たいのはマウス操作の姿勢
自分がそうなのですが、右手だけ冷たいです。 典型的な末端冷え性なのでしょう。   普段はあまり冷えを感じないのですが、パソコンを操作しているときには右手が冷蔵庫で冷やしたかのように冷たくな…

詳細はこちらの記事を見てもらえればと思います。

眼精疲労と言うのは目の緊張により血行が悪化している状態です。
蒸しタオルなどで温めることで血行を回復させて回避します。
やるべきことは冷え性対策と同じ温めること。

私の肩コリは眼精疲労によるものと考えており、視力の回復もしくは矯正でもしないと解決できないと考えてきました。
血行の回復を目指す冷え性対策は他の肩コリ解消と同じく眼精疲労を軽減し肩コリ緩和することもできるようです。


[スポンサードリンク]

ダケダが示す解決策

ダケダは「日常生活でできる予防法」として肩コリにならないための日常生活で気をつけるべき点を紹介しています。

  • 体を動かして血行を良くする
  • 肩や首を冷やさない
  • 仕事の環境を見直す

このように「血行を良くする」や「冷やさない」といった冷え性対策をすることが有効としています。
肩コリの原因が冷え性の原因とほぼ同じなら、解決方法についてもほぼ同じといえるのではないでしょうか。

冷え性対策改善と予防3つのポイント
あなたは冷え性対策と聞いてどんな対策を思い浮かべますか? 体を温めることをする 体を冷やさないように防寒する を思い浮かべるのではないでしょうか。   それでは具体的にどの…

「仕事の環境を見直す」については、次のように紹介されています。

パソコンの画面との距離は40cm以上離し、目線が下になるように位置を調節しましょう。そして、背筋を伸ばして椅子に深く腰掛け、キーボードは自然に手をおいたときに、ひじの角度が90~100度くらいになるようにしましょう。デスクワークが続く場合は、1時間に1回は伸びをするようにしましょう。
出典:タケダ健康サイト>肩こり

パソコンを使うときに目線が下になるようにするというのは、ディスプレイを設置するときに推奨されることだと思います。
上目遣いは視線を上げるため筋肉を使い眼精疲労の原因となります。

パソコン使用時の姿勢やキーボードの配置については次の記事が参考になるかと思います。

右手だけ冷たいのはマウス操作の姿勢
自分がそうなのですが、右手だけ冷たいです。 典型的な末端冷え性なのでしょう。   普段はあまり冷えを感じないのですが、パソコンを操作しているときには右手が冷蔵庫で冷やしたかのように冷たくな…

また、1時間に1回の休憩をとる必要性についてはこちらの記事が参考になるでしょう。

冷え性の原因は運動不足である理由
冷え性対策は健康的な生活をすることです。 健康には適度な運動が必要と言われますが、冷え性対策から見てもこれは同じこと。   運動不足が冷え性の原因となるのかについて、その理由を書いていきた…

オフィスや自宅でパソコンを使っているときにエコノミー症候群になることはあまりないかもしれませんが、2~3時間パソコンに向かっていることはよくあります。

ガムを噛むことで血行促進(美レンジャー)

a01c741f26cbff46_640

美容系情報を専門に扱う「美レンジャー」と言うサイトがあります。
そこには眼精疲労と冷え性の同時改善が期待できるとの記事がありました。

まず、眼精疲労は目の周りの筋肉がコリ固まり、血行不良になることが多くの原因であると考えられています。そのコリをほぐすには、血行を良くすることが重要! 目を見開く→ぎゅっとつぶるを繰り返すエクササイズや、温かいホットタオルをのせるなどがオススメです。

でも、もっと簡単な方法があるんです。それはガムを噛むこと。ガムを噛むことで、脳への血流がアップする話は有名ですよね。NHKの番組『あさイチ』で放送されていた眼精疲労の特集で、ガムを噛むことは目への血流もアップさせるということが明らかになっていました。
(中略)
朝食に噛むことが少ない人ほど、出勤前にガムを噛むことで、冷え性対策をしましょう。
出典:美レンジャー>たったの20円で「眼精疲労に効く」朝に摂るべき食べ物とは?

ガムを噛むと顔の筋肉が動きますよね。
筋肉を動かせば血行が促進されるのは当サイトでも何度か紹介しています。

ガムを噛むことで血行が促進して眼精疲労に効果があるようです。
ガムでなくても顔の筋肉を動かすようによく噛んで食べるだけでも良さそうですが、現代人は時間に追われて食事は手早く済ませがち。
よく噛んで食べることが難しい人はガムを噛むのは有効な手段かもしれません。

肩コリの対策も冷え性対策になる

今回は肩コリの原因についての紹介になりました。
原因を見ていくと冷え性の原因と重なる部分も多いことから対策も同じになるかと思います。

肩コリの対策をすることは冷え性の対策にもなるということが言えます。
逆もまた然りと言えるでしょう。

肩コリも眼精疲労によるものあるかもしれませんが、肩そのものの血行不良や運動不足による筋肉疲労も原因となってくるので冷え性対策を重点的に実践して行く必要はあるかなと思いますね。


話題の金時しょうがサプリを試してみました
金時しょうが粒 サンワ食研
金時しょうが粒(サンワ食研)を試したので口コミ書きます
金時しょうが粒(サンワ食研)を飲んでみましたので口コミを書きたいと思います。   冷え性関係の情報を見ているとときどき見かけるのが金時生姜。 生姜の代表的成分ジンゲロールが4倍含まれている…

↓他の役立つ冷え性ブログを見る↓




にほんブログ村 健康ブログ 冷え性へ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加