冷え性とは病気の扱いではないって知ってましたか?

TIG93_buranketnikurumarerujyosei500-thumb-750x774-4717
冷え性
とはどんな状態か。
調べてみると定義をするのは難しいことに気づきます。
專門の書籍は最初に「◯◯とは…」から入りますが、冷え性関係は原因から入っていることが多いように感じます。

というのも、世界の標準医学が西洋医学であり冷え性とは東洋医学独特の考え方だからです。
うつ病もそうですが、西洋医学ではウィルスとか細菌、ガン細胞と言った病原体がはっきりとしない病気については性質として扱います。

冷え性には「冷え性細胞」とか「冷え性ウィルス」が存在するわけでないため原因を特定するのは困難です。
原因が分からなければ当然ながら定義は難しくなります。



[スポンサードリンク]

冷え性は自分の感じ方が全て

冷え性には明確な定義は難しいですが、冷え性と聞いたら「こんなもの」とイメージはできるでしょう。
ネット上の百科事典であるウィキペディアには次のように書かれています。

冷え性(ひえしょう)は、特に手や足の先などの四肢末端あるいは上腕部、大腿部などが温まらず、冷えているような感覚が常に自覚される状態のことである。
出典:ウィキペディア>冷え性

感覚とか自覚と表現されていることからわかるように、「この状態なら冷え性」というものがなく自分がどう感じるかが全てとなってしまいます。
私は特に右手だけが冷たくなりやすいです。
自分で冷えを実感していますから冷え性と言えるでしょう。

右手だけ冷たいのはマウス操作の姿勢
自分がそうなのですが、右手だけ冷たいです。 典型的な末端冷え性なのでしょう。   普段はあまり冷えを感じないのですが、パソコンを操作しているときには右手が冷蔵庫で冷やしたかのように冷たくな…

自覚している人も多ければアンケート等で統計をとることができます。

WS000001
出典:rTYPE>冷え対策に関する意識調査

ishareが行った体の冷えを感じたことがあるかどうかの調査では

  • よくある
  • ときどきある

について、男性41.6%、女性は74.2%であり男性でも半数近く、女性はほとんどが冷えを感じていることが分かります。
冷え性は病気ではない「気のせい」とか「性質」で済まない状態になってきているのも事実です。



[スポンサードリンク]

西洋医学に冷え性はない

今の世界標準の医学は西洋医学です。
日本においても病院に行くと色々な科がありますが、西洋医学によって分類されています。

「冷え性」と漢字で書くように西洋医学では性質のひとつとしてしか扱っていないようです。
西洋医学において冷え性は病気の扱いではありません。

私は心療内科に月1回のペースで通っており、先日はじめて冷え性の症状を訴えました。
冷え性の原因は自律神経の乱れもひとつなので心療内科は専門機関でもあります。

症状を言うと漢方なり薬剤を処方してもらえるのですが、冷え性という病気はないため「病名はなににしよう」という話をしました。

最終的に「抹消循環障害」でビタミン剤のユベラを処方してもらうことになったのですが。
心療内科は西洋医学に基づいていますので、病名が出ないということは冷え性という病気は無いということです。

こちらの記事も参考になると思います。

冷え性の原因は生活スタイル変更だけで治るってホント?
冷え性対策をするには原因を知っておく必要があります。 それが分かれば生活スタイル変更だけで治ります!   冷え性の原因として考えられるものは数多くあるのですが、大きく分けて2つになると私は…


[スポンサードリンク]

東洋医学の冷え性は病気のはじまり

0e7d7778af673c26b4dd70d2_640
西洋医学において冷え性という病気は存在しないため別の病名を当てて処方箋を出してもらうことになります。
それに対して東洋医学は冷え性の存在を認めています。

冷え性関係の書籍を見ていると西洋医学で冷え性は存在しないという記述を見かけます。
そこで語られている西洋医学と東洋医学の違いは次のようになります。

  • 西洋医学…病気に対して対処法を提示
  • 東洋医学…病気になる前の予防段階から対処法を提示

西洋医学はガン細胞が見つかれば手術で摘出。
細菌感染したら抗生物質を投与して駆逐。

このように結果に対して対処します。
冷え性は西洋医学では原因不明ですから対処できません。

東洋医学は予防策であり、病気になる前に食い止める考え方です。
冷え性は万病の元と言われるのは東洋医学の考え方そのもの。

冷え性は体の不調のサインと捉えて、病気の始まりと考えるのが東洋医学です。

自己判断基準はチェックリストのみ

lgi01a201408112200
東洋医学ではどのように冷え性かを判断するのか。
判断に役立つのがチェックリストです。
東洋医学の現場では問診などを行い患者の状態を把握して治療法を提案します。

本来は専門医にかかるのが良いのですが、忙しい現代人は病院へ行く時間も確保が難しいでしょうから冷え性の書籍にはセルフチェック項目があります。
冷え性かどうかをご自身で判断できるチェックリストを別のページで用意しましたのでそちらを参考にしてください。

冷え性の症状チェック項目【1つでも該当したら要対策】
冷え性とは西洋医学にはなく東洋医学の独特の考え方です。 西洋医学において病気とはウィルスとか細菌といった目に見える形のものが原因となって起こるものと考えているため予防が存在しません。   …


話題の金時しょうがサプリを試してみました
金時しょうが粒 サンワ食研
金時しょうが粒(サンワ食研)を試したので口コミ書きます
金時しょうが粒(サンワ食研)を飲んでみましたので口コミを書きたいと思います。   冷え性関係の情報を見ているとときどき見かけるのが金時生姜。 生姜の代表的成分ジンゲロールが4倍含まれている…

↓他の役立つ冷え性ブログを見る↓




にほんブログ村 健康ブログ 冷え性へ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加