冷え性と低体温は違いがあるが対策は同じ

e960dc459290da1def55fbfd_640

冷え性とよく似たものに低体温があります。
低体温は常に体温が低い状態のことを言うのですが、冷え性とは基本的に原因が違っています。

しかしながら、冷え性も健康に問題があるために起こるものですから対策方法は冷え性と同じです。
冷え性は血行促進を重点的にするのに対して低体温は内蔵温度を上げることに重きをおくと言ったところでしょうか。

冷え性対策にはどちらも必要です!
冷え性とはどのような違いがあるのか疑問に感じる人も多いと思いますのでまとめてみました。



[スポンサードリンク]

冷え性と低体温の違い

冷え性と低体温の違いはどこにあるのか?
これについては生活総合情報サイトAll About(オールアバウト)に情報がありましたので引用し付け加え解説を入れていきたいと思います。

女性に多い「冷え症」。これは実際の暑さ寒さに関わらず、異常に冷えを感じてしまう状態のことと言えます。冬でも夏でも厚い靴下が欠かせない、手がかじかんで、ひどい場合はしもやけになってしまう、などといったものが典型的です。
(中略)
最近良く耳にする「低体温」というのは、体の中枢の深部体温の温度が低くなることを指しています。医学的な「低体温」の定義は、本来37度くらいである体の中の深部体温(内臓の温度)が、35度以下になってしまうこと。
出典:All About>「冷え症」と「低体温」は何が違うの?

All Aboutでは次のように定義しているといえるのではないでしょうか。

  • 低体温…一時的、慢性的に内蔵温度が低く体温そのものが低い人
  • 冷え性…体温が正常でありながら特定の部分が冷えやすい人

私も冷え性については調べていますが、この違いの説明は非常にわかりやすいものだと思います。

心臓

あとでも紹介しますが、内蔵温度は非常に重要です。
内蔵温度が体温のほとんどを決めていると言っても過言ではありません。
内蔵温度が低い人低体温と言えるでしょうね。



[スポンサードリンク]

低体温の原因は冷え性の原因にもなる

低体温と冷え性の違い

  • 低体温…一時的、慢性的に内蔵温度が低く体温そのものが低い人
  • 冷え性…体温が正常でありながら特定の部分が冷えやすい人

このように言えることがわかりました。
それでは冷え性と低体温の原因の違いはなにでしょうか?

冷え性の原因

PAK85_lalamushimegane20140321500-thumb-906x600-4456

原因の違いについて、再びAll Aboutより引用します。

冷え症は、本来なら熱を体の外に逃がさないようにするための、皮膚の血管が収縮する反応が長く続いてしまったり、筋肉が少なくてうまく熱が産生できないためにおこるといわれています。
また、体温を調節する司令塔は脳の中にあり、ストレスなどの影響も受けるといわれています。
出典:All About>「冷え症」と「低体温」は何が違うの?

All Aboutでは血管収縮、筋肉不足、ストレスと血流の問題が冷え性の原因となっているとして指摘していることが分かります。

冷え性の原因は生活スタイル変更だけで治るってホント?
冷え性対策をするには原因を知っておく必要があります。 それが分かれば生活スタイル変更だけで治ります!   冷え性の原因として考えられるものは数多くあるのですが、大きく分けて2つになると私は…

当サイトでもこのように冷え性の原因をまとめていますが、指摘している部分は同じです。
冷え性は血行の悪化によるものが大きく、血流改善で症状も出なくなっていくと考えています。


[スポンサードリンク]

低体温の原因とは?

N112_nayandahyoujyou500-thumb-750x500-2068

冷え性は血管や血液そのものの状態が悪く血行不良による原因と筋肉不足で血液が温まりにくいことが原因でした。
一方、低体温の原因とはなにか?

All Aboutの記事より引用します。

病的な低体温は、ぬれた衣服で動かないで冷たい地面に横たわっていることなどでおこります。例えばアルコールを飲んでいたり低血糖発作を起こしていた場合になりやすいのです。病的な意味での低体温は、もう自分で体温を上げることができないので、温かい毛布に全身をくるんで暖めるなどが必要になります。
出典:All About>「冷え症」と「低体温」は何が違うの?

解釈が難しいのですが、おそらく体を冷やすようなことをするとか、内蔵の機能が弱く体温を自力で上げられない状態になっていることと言っているのでしょう。
低体温の原因を見ると、私のまとめた冷え性の原因の「血行不良以外による冷え性」に近いと言えるのではないかと思います。

低体温か自宅で確認する方法

3875db6530bb142526e65f12_640

低体温と冷え性の違い、低体温の原因がわかりましたね。
それでは自分で低体温がどうかをどう判断するか?

内蔵温度は直腸で測るのが最も正確と言われています。
海外では自分専用の直腸体温計を持っているところもあるそうですが日本では一般的ではありません。
ここでは自宅でもできる判断方法を紹介します。

平熱37℃は微熱ではない!冷え性対策は体温底上げ
日本だと体温が37℃になると病院へ駆け込んで解熱剤を出してもらうよう頼む患者さんが多いそうです。 しかし、医学に精通した人の話では37℃は平均的。   日本人は37℃より平均が低いため慣れ…

こちらの記事でも紹介していますが、日本では体温を測るときにワキに挟んで測りますよね。
体温計のメーカーTERUMOでは体温分布をこのように紹介しています。

WS000002
出典:TERUMO>知っておきたい体温の話

仮想体温分布なので正確ではないのですが、内臓の温度に対してワキの温度はマイナス1℃くらいになるようです。
内蔵で温めた血液が体を循環するときに熱を運ぶため体温が維持されます。

内臓から離れるほど体温差が大きくなることになります。
脳を休めると言いますが、寝ている間も脳は記憶整理など働いており24時間動いているようなもの。
自分の意志と関係なく働くところは内臓と同じ温度ですね。

All Aboutの記事では深部体温(内臓の温度)が、35度以下になってしまうこととあるようにワキの体温が34℃代、もしくはそれ以下であると低体温と位置づけられるでしょう。

DSC04249

室温は15℃の部屋で10分間の体温測定したところ36.5℃でした。
平均体温がワキで測って36.89℃とあるので平均より下です。

内蔵温度はプラス1℃で37.5℃なので低体温とは言えないかもしれません。

All Aboutの記事にも本来37度くらいである体の中の深部体温とあるので問題はないのかなと思っています。
私の場合は低体温ではなく血行不良による冷え性が疑われます。

冷え性と低体温は対策が同じ

冷え性と低体温の違いを見てきました。
冷え性というのは部分的に冷えていることで、低体温は体全体的に冷えているという分け方ができるのではないでしょうか。

冷え性は内臓機能が比較的正常に働いており熱を生産することができますが、熱を運ぶ血液の流れが悪いことから正常に伝達できず冷えてしまう。
低体温は体温を作る内臓の活動が弱いため熱を作ることができず、血液も温まりませんので体が冷える結果になる。

内臓機能の弱さは先天性である場合もありますが、健康的な生活ができていないことによる弱体化が多くの原因ではないかと思います。
健康的な生活をして生活習慣病に気をつけていれば冷え性も低体温も改善していくと考えて良いのではないでしょうか。

基本的に冷え性対策は体を「冷やさないようにしましょう」なので症状に違いはありますが、対策方法は同じと見てよいです。


話題の金時しょうがサプリを試してみました
金時しょうが粒 サンワ食研
金時しょうが粒(サンワ食研)を試したので口コミ書きます
金時しょうが粒(サンワ食研)を飲んでみましたので口コミを書きたいと思います。   冷え性関係の情報を見ているとときどき見かけるのが金時生姜。 生姜の代表的成分ジンゲロールが4倍含まれている…

↓他の役立つ冷え性ブログを見る↓




にほんブログ村 健康ブログ 冷え性へ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加