イチロー選手の健康法は習慣化!【無理をしない】

WS000001
出典:健康管理ができていそうな有名人ランキング! ダントツ1位はあのアスリート – Entame Plex

京セラが健康に関するアンケートを実施して、一緒に健康管理をちゃんとしていそうな有名人が誰かも聞いたそうです。
そのなかで1位に輝いたのはメジャーリーガーのイチロー選手
(私は先日引退した山本昌投手だとかなと思いましたが)

イチロー選手は現在41歳ですがバリバリの現役です。
これは健康管理の賜物と言ってもよいでしょうね。

私は読んだことがありませんが、実際にイチロー選手に関する健康系の著書もあるようです。
ネットで調べられる範囲で見てみると健康法は習慣にあり、特に朝カレーの話は有名かと思います。
今回はイチロー選手と健康について考えてみたいと思います。



[スポンサードリンク]

イチローといえば朝カレー…やっていない?

イチロー選手といえば朝カレーでも有名ですよね。
ヒットを量産することでアメリカでも大人気のイチロー選手の秘密を紹介するときによく語られるのが毎朝カレーを食べているという話。

カレーに含まれるカプサイシンが脳を刺激して普段よりも高い能力を発揮できるという触れ込みで一時期大ブームになりました。
朝カレーがブームになったのはイチロー選手がメジャー移籍をしてしばらくしてからだったと思います。

勉強

ちょうど私の受験シーズンと重なったこともあって、試験日の朝ごはんはカレーを食べていましたね。
今では懐かしい思い出です。

それ以降はブームも去ってあまり実践している人はいないのかなと思いますね。
私は旅先ではホテルの朝食をなしにして吉野家などの牛丼チェーンの低価格朝食を食べるようにしています。

そのときに朝からカレーを食べている人を稀に見かけますが、多くの人は牛丼を食べているので朝牛丼の方が多いのかなと。
あれから10年ほどの月日が流れました。
どうやらイチロー選手はもう朝カレーをやっていなようです。

ところが、インタビューでイチローは「実はもう、カレー食べてないですよ。今年のシーズン中、一度も食べてない」と3年前から朝カレーを食べていないことを告白。今年はカレーの代わりに毎朝、「食パンとそうめん」を食べていたという。
出典:【MLB】イチロー“朝カレー伝説”崩壊! 実はそうめんを食べていた! – MSN産経ニュース

2010年で5年以上前の記事なのですが、朝カレーはやっていないと紹介されていました。
私は現在も朝カレーをしていると思っていたので衝撃です。

朝カレーは専門家を交えて分析が行われていたと思います。
私は知らなかったのですが、ハウス食品から「めざめるカラダ 朝カレー」なんてものも出ていたのですね。

それくらい社会的に影響を与えたにも関わらず、本人はやめてしまったとのこと。
なんともいえませんね。



[スポンサードリンク]

重要なのはカレーよりも習慣化すること

カプサイシンは冷え性にも良いのでカレーを朝カレーをすると良いかも?という流れにしたかったのですが、ご本人様がやめてしまっているのでなんとなく微妙な感じです。
ヒットの量産はカレーのおかげではないという展開になっては説得力が欠けます。

しかし、朝カレーをやめた現在もアメリカでは人気の選手でヒットの量産を続けているのも事実です。
故障による欠場の情報は見ません。
やはり、イチロー選手の健康は違うところにあるのでは?と考えました。

それではなにがイチロー選手の健康を支えているのか?
これについては「習慣化すること」にあると世間では語られているようです。

私は愛知県在住でイチロー選手の地元の近くに住んでいます。
そのため中学校で自分の進路を考える時間にはイチロー選手が登場しました。

小学校時代に書いた直筆コピーの原稿を読んだのもこのときです。
当時は進路を決めると言っても高校に行く程度しかありませんでしたから、イチロー選手の作文を読んでも「ふ~ん」くらいの印象しかありませんでした。
今読み返してみると小学生が書く作文とは思えないほど具体的で感心します。

作文には一週間で友達と遊べるのは5~6時間とありますから、練習にあけくれる毎日であることが容易に想像できますね。
イチロー選手は少年時代から練習することを習慣化していたということです。


[スポンサードリンク]

無理はしていない

習慣化すればなんでも良いということでもないでしょう。
イチロー選手の作文を見ると、3歳から練習をはじめていますが、すぐやめてしまっているようです。
そして7歳から練習を再開していますね。

7歳から9歳(小学3年)までの期間は抜けていますが、3年生以降は毎日練習とあることから、1、2年生はそれほど打ち込んではいなかったのでしょう。
この時期に基礎的なものが作られていたのだと思います。
基礎があるため3年生以降は習慣化が完成して毎日練習することができたと考えられるのです。

イチロー選手の隠れた努力は評価されます。
私達がみたら「すごいな」と感心してしまうほどですよね。

しかし、これもイチロー選手の習慣化から生まれた産物に過ぎません。
イチロー選手には無理をしてやっている感覚はまったくないでしょうね。

これは誰でも経験があると思いますが、無理をすると必ずと言ってよいほど体調を崩します。
寒いのを我慢すると風邪をひきやすいですよね?
無理をして習慣化することも逆効果になるでしょう。

健康にお酒は良くないと言われていますが、

ビール(お酒)は適量なら健康にも冷え性対策にも効果的
飲み会の定番と言えば生ビールですよね。 私はお酒(アルコール)に弱いので最初の乾杯程度しかしませんが、好きな人は何杯でも飲んでいます。   正直言って、なぜそんなに飲めるのか疑問で仕方があ…

Jカーブ効果という分析結果もあり適量を飲み続けることで健康に寄与するとも言われています。
これも無理して禁酒が精神的にストレスになって健康を害することを防いでいるのです。

イチロー選手がまったく無理をしていないとは思えませんが、自分の力量を少し超えた無理しかしていないでしょう。
習慣化に加えて無理をしないことも一つ健康に影響を与えているのではと考えられますね。

ちなみに、イチロー選手はスポーツ新聞を読まないそうです。
これも自分を無理させないためにやっているように見えますね。

生活パターンを大切にすることが最大の健康法

循環 サイクル 繰り返し

今回はイチロー選手の健康法について考えてみました。
私はイチロー選手の健康法に関する著書を読んだことがないので、このような見解を示す立場に無いかもしれません。

しかし、イチロー選手の健康は間違いなく習慣化された生活にあるのだと思います。
朝カレーは脳を刺激して云々はありますが、それよりも習慣化していくことが重要でしょう。

そう考えるとイチロー選手がヒットを量産するのも一つの習慣になります。
これまで作り上げた数々の記録は、イチロー選手から見たらただの習慣の一部なのかもしれません。
そして無理をして結果を出していないという。

もしイチロー選手のようにすべてを習慣化することができたら健康も意識しないで生活ができるという発想にもなりそうです。
無理をするから体がダメになっていくという視点も必要かもしれませんね。

当サイトでも冷え性対策は私生活の改善からと紹介していますから、イチロー選手の事例がそれを証明しているのかなと思います。


話題の金時しょうがサプリを試してみました
金時しょうが粒 サンワ食研
金時しょうが粒(サンワ食研)を試したので口コミ書きます
金時しょうが粒(サンワ食研)を飲んでみましたので口コミを書きたいと思います。   冷え性関係の情報を見ているとときどき見かけるのが金時生姜。 生姜の代表的成分ジンゲロールが4倍含まれている…

↓他の役立つ冷え性ブログを見る↓




にほんブログ村 健康ブログ 冷え性へ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加