イライラで悪化した肝臓に良い漢方と冷え性対策

肝臓

生きていればイライラすることもあるでしょう。
私も思い通りに行かないときはイライラすることが多いですね。

しかし、あまりイライラし過ぎると肝臓を悪くするかもしれませんし、肝臓の働きが悪くてイライラしているのかもしれません。

脳と内蔵は自律神経で繋がり密接な関係ですから、お互いに影響を与え合うと考えられています。
東洋医学ではイライラしている人は肝臓が悪いと判断するようです。

自律神経の交感神経が興奮している状態でもありますから、常にイライラしているのは冷え性にもよくありません。
肝臓は人工的に作ることが難しいほど複雑な臓器です。

健康的に長生きを考えたらできるだけイライラしない生活をしていく必要があるでしょう。
最後にどの漢方を選べば良いかについても紹介しています。



[スポンサードリンク]

イライラが毒になる

冷え性対策では自律神経の乱れ正していくことも必要です。
冷えとりとは体内の毒を出していくことになるのですが、ストレスも毒素のひとつとして扱われています。

ストレスがたまるとイライラすることはないでしょうか。
私も思い通りに行かないときはイライラしてストレスが貯まりますね。

イライラすると頭に血が上ります。
頭に血が上った状態を「頭熱」と呼び、一種の「のぼせ」の状態です。

冷え性は冷えのぼせを改善してから対策へ【熱を運ぶ】
冷え性対策において熱を運ぶ対策をする場合は4つのタイプに分類できます。 熱を運ぶ器が不足している 熱を運ぶ環境に問題がある 熱を運ぶ器の流れに問題がある 全体的な循環が起こらない問題がある …

過去に「冷えのぼせ」というものを扱ったことがありました。
主に首から上に血液が集まり、その反動で末端部分に血液が不足して冷えてしまいます。
まさに、名前の通り冷えとノボセが共存している状態。

イライラした状態はピップの「自律神経失調型の冷え」に当てはまります。
常にイライラした状態であれば、血流に偏りが出てくるため古い血液が蓄積します。

体は循環していることが最も健康的と言える状態です。
流れを滞らせる原因となるイライラは、直接的に体に害を与える毒ではありませんが、長い目で見れば体内を蝕む毒となります。

この毒出しをしなくては冷え性の改善は見込めないでしょう。
参考記事の「冷え性は冷えのぼせを改善してから対策へ【熱を運ぶ】」にも書きましたが、ストレスの発散による毒出しです。

毒出しは「めんげん」

冷えとりで体の毒出しをすることは体への負担も事実です。
毒出しをする過程で表れる症状を「めんげん」と呼びます。

詳細は下記の記事で触れています。

冷えとりのめんげんは毒出し周囲の理解を得ることも大切
東洋医学の考え方には「めんげん」と言う好転反応があります。 「めんげん」は体内の毒出し作業ですから、病気にも似た症状を見せることもあるでしょう。   何も知らずに冷えとりを始めると驚く結果…



[スポンサードリンク]

イライラしている人は肝臓が悪い

西洋医学では血液検査やレントゲンと言った数値や目視によって原因を突きとめる検査が一般的です。
私も心配性なところがあるので、このように目で見える形で示してもらえると安心感があります。

それに対して東洋医学の考え方は人間の表情など表面的な部分から病状を推測する技法も取り入れられています。
例えば、舌診は内蔵を見ているわけではないのに内臓の状態を把握するときに役立つ診察方法です。

冷え性対策は舌苔の色(東洋医学の診断法)でも判断できる
冷え性について調べていて舌苔も関係しているようなものを見かけました。 私は過去に口臭対策で舌苔取りをしたことがあります。 (観念して歯医者に通うようになったのですが)   東洋医学におい…

東洋医学に精通した医師は患者の精神状態からも判断ができるとしており、イライラした人は肝臓の状態に問題があると考えるそうです。
あとで詳しく書きますがイライラする人は肝臓の毒出しを行うための漢方を処方すると良いことになります。

西洋医学と東洋医学の考え方の違いは下記の記事も参考になります。

冷え性とは病気の扱いではないって知ってましたか?
冷え性とはどんな状態か。 調べてみると定義をするのは難しいことに気づきます。 專門の書籍は最初に「◯◯とは…」から入りますが、冷え性関係は原因から入っていることが多いように感じます。   と…


[スポンサードリンク]

肝臓は最大の内臓で最大の発熱

冷え性対策において腎臓の役割は重要であると何度も紹介しています。
腎臓と同じく冷え性対策で重要なポジションにある内蔵が肝臓です。

その理由をここでは説明していきましょう。

肝臓は人間の内臓の中でも最も大きい臓器であると言われています。

WS000012

四角で示したほぼ直角三角形の形状をしたものが肝臓です。
(ただし、肺を2つ合わせると腎臓より大きくなるそうです)

他の臓器に比べて圧倒的な大きさをしているのは一目瞭然でしょう。
肝臓は体を動かす栄養やエネルギーなどの蓄積、血液の蓄積などを行う貯蔵庫でありながら不足をしたら生成する工場としての機能も備えています。

現代の科学の力をもってしても肝臓を人工的に作り出すことは不可能とされるほど多機能な臓器ということです。
多機能であればエネルギー消費も大きく、恒温動物の体温を維持する基礎代謝は大部分が肝臓(全体の30%と言われる)で発熱量も最大と言われています。
冷え性対策や基礎体温の向上を考えたときに注目すべきは肝臓ということです。

肝臓は解毒の専門機関

アルコールを摂取する人は「休肝日」という言葉をよく使いますね。
私は飲み会以外一切飲まないので毎日が休肝日なのですが。

アルコールは消毒としても使われるので解毒作用はあるのですが、体内に入ると毒としても働きます。
それは肝臓での分解過程におけるある物質が作られるためです。
二日酔いの原因もこの物質が関係していると言われていますね。

アセトアルデヒドは毒素

50c8c6b6da7cdf41_640

アセトアルデヒドはアルコール好きの人には聞き馴染みのある成分かもしれませんね。
アルコールは肝臓でアセトアルデヒドという物質に分解され、二日酔いや悪酔いの原因となります。

私は経験がありませんが、二日酔いになっている人はイライラしたり無気力になっていますね。
近寄りにくい雰囲気出しているので本当に困るのですが…

肝臓は多機能臓器であるためアセトアルデヒドをさらに分解して酢酸へと作り変えます。
アルコールの毒素を無害な酢酸へと作り変える機能を保有しているのです。

アセトアルデヒドが毒性のあるものですから、体内に残れば体調にも変化が出ます。
その代表が二日酔いや悪酔い。
悪影響を与えるのでアルコールは毒素になるのですね。

食前酒のように胃を刺激して胃液の分泌を活発にする良い面もありますが、これも胃の毒素を排除する働きを活用したものであり過剰に摂取すれば胃酸過多の原因です。

毒素はアルコールだけではない!

アルコール以外にも毒素は身近に存在します。
私のようにアルコールが苦手だから大丈夫ということはありません。

最近の食品は保存性を高めるため添加物が大量に使われています。
添加物が問題視されることらも分かるように毒素であることは想像できるでしょう。

また、薬局で売られている医薬品もある意味毒素です。
副作用があるものは基本的に毒素があるものと考えて良いでしょう。

薬品分解は肝臓で行うので負担もかかります。
毒出し「めんげん」は体内に蓄積した薬品の毒素を出すことも含まれているのです。

解毒を日夜行う肝臓に悪循環

85cd734f874929c8_640

毒素となるものは肝臓で分解されて無害の物質へと作り変えることを日夜繰り返しています。
この解毒作業は感情にも表れやすいとされているのです。

イライラすると「やけ酒」をする人がいると思いますが、肝臓が頑張り解毒をするとその反動からイライラが発生して暴飲暴食を起こしてさらに解毒活動を活発にする。
このような悪循環を続ければ肝臓機能が悪化していきますから、東洋医学でイライラしている人は肝臓が悪いという結論に至るのでしょう。

休肝日の重要性は下記の記事でも触れています。
アルコールを適度に摂取すると死亡率が下がるという興味深いデータがありました。

ビール(お酒)は適量なら健康にも冷え性対策にも効果的
飲み会の定番と言えば生ビールですよね。 私はお酒(アルコール)に弱いので最初の乾杯程度しかしませんが、好きな人は何杯でも飲んでいます。   正直言って、なぜそんなに飲めるのか疑問で仕方があ…

肝臓の悪化は冷え性にも悪影響

肝臓は解毒作用の他にも重要な機能を発揮しています。
それは栄養やエネルギーの貯蔵庫です。

血液中にはすぐに使えるエネルギー源としてブドウ糖が流れています。
このブドウ糖の調整をしているのが肝臓です。

食事をすると血糖値が上がり、脾臓から出るインスリンによって脂肪に蓄積されるのですが、肝臓にもグルコースに形を変えて蓄積されます。
血液中のブドウ糖は運動をすることで徐々に消費されますので、グルコースを再びブドウ糖に変換して血液中に流し必要量を満たしています。

・ブドウ糖の代謝
肝臓は栄養素の分解、合成それに貯蔵の役割を担っています。小腸から吸収されたブドウ糖は門脈という血管を介して肝臓へ送られてきます。余剰なブドウ糖はグリコーゲンの形で肝臓に蓄えられます。そして絶食などで体に栄養が入ってこないときなどに、グリコーゲンを分解してブドウ糖にしたり、アミノ酸からブドウ糖を合成したりします。ブドウ糖は食事で言えば、炭水化物にあたります。
出典:All About>1分で分かる肝臓・胆のう・すい臓のしくみ

このように人間が必要とする栄養やエネルギーを調整する場所でもあります。
冷え性対策においてはドロドロ血液よりサラサラ血液の方が望ましいです。

肝臓機能の悪化は「熱を作る力」に加えて「熱を運ぶ血液の状態」にも影響を与えることになります。

漢方を選ぶなら肝臓機能を回復させるもの

WS000029
出典:ピップ製品情報>重度の“冷え性”が“冷えのぼせ”!その原因とは

ここまでイライラすると肝臓の働きや冷え性に対する悪影響が出ると紹介してきました。
肝臓機能が悪化しているためにイライラという精神状態を作り出していると考えられますから、肝臓機能の回復が期待できる漢方を選ぶことが適切と言えるでしょう。

常にイライラしている人は最初に紹介した通り冷えのぼせの症状が出ていることが多いです。
自律神経の乱れによって血液の流れに偏りができています。
それを元に戻すことを考えないといけません。

この条件に当てはまる漢方は抑肝散加陳皮半夏です。
製薬メーカーのツムラの資料では抑肝散加陳皮半夏の作用を次のように説明しています。

神経がたかぶる、怒りやすい、いらいらする、眠れない、まぶたのけいれん、手足のふるえなどの症状を改善します。
出典:ツムラ>くすりのしおり

イライラに対して効果効能があると記されていますね。
当サイトでも参考にしている仙頭正四郎先生の『冷え症 (健康双書 家庭でできる漢方 1)』では以下のように解説されています。

めぐりを上方に誘導する作用と下方に導く作用とが配合されて、上げ下げのバランスをとってめぐりを改善します。

【楽天ブックスならいつでも送料無料】冷え症 [ 仙頭正四郎 ]

冷えのぼせのように首から上に血液が集中して、末端の血液が不足する冷えのぼせの症状に対しても効果が期待できるということです。
イライラしている人には抑肝散加陳皮半夏がオススメの漢方といえるのではないでしょうか。

漢方も医薬品ですから誤った使い方をすると悪化する可能性があります。
自分の判断で決めず、一度薬剤師に相談するほうが懸命でしょう。
近くの薬局で相談してから使うようにした方が良いです。

マグネシウムもイライラ防止に役立つと言われています。

冷え性に良いビタミンE含有アーモンドを食べる習慣を
アーモンドは冷え性対策として食べるに良い食品であると言えそうです。 冷え性対策として良いことは所持している書籍にも書かれているのですが実践していませんでした。   ここ数日いろいろありまし…

肝臓に冷え性対策をする場合の注意

肝臓を冷え性対策として温める場合は注意が必要です。
温めること自体は間違いではありませんが、それに伴うバランスをとる必要があります。

バランス役を担うのが脾臓です。
肝臓を温める場合は脾臓を同時に冷やした方が良いと言われています。

偏頭痛や二日酔いは肝臓を温め脾臓を冷やす冷え性対策を!
偏頭痛や二日酔いはどちらも頭が痛くなる症状を伴うものです。 この頭痛には肝臓機能が深く関係していると言えます。   これまで内蔵が冷えると冷え性だけでなく、免疫力が低下するなど体の不調が出…


話題の金時しょうがサプリを試してみました
金時しょうが粒 サンワ食研
金時しょうが粒(サンワ食研)を試したので口コミ書きます
金時しょうが粒(サンワ食研)を飲んでみましたので口コミを書きたいと思います。   冷え性関係の情報を見ているとときどき見かけるのが金時生姜。 生姜の代表的成分ジンゲロールが4倍含まれている…

↓他の役立つ冷え性ブログを見る↓




にほんブログ村 健康ブログ 冷え性へ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加