冷え性はジョギングで血液浄化!ランニングで筋肉増強も

走

冷え性対策に運動不足解消は欠かせません。
私は冷え性なら水泳で体を動かすことを推奨しているのですが、定期的にプールに通うのはお金も時間も必要です。

最も手軽にできるスポーツといえばやはりジョギングやランニングかと思います。
ジョギングやランニングはトレーニングウェアなどをそろえれば雨や雪の日以外はできます。

プールに通う時間やお金が難しい場合はランニングやジョギングを取り入れるとよいでしょう。

ランニングとジョギングを混同されがちですが、違いはあるそうです。
ジョギングとランニングを冷え性対策から見た違いも紹介していきます。



[スポンサードリンク]

ジョギング・ランニングが冷え性に良い理由

ジョギング・ランニングはどちらも走ることですね。
走ると心拍数が上がり血行が良くなります。

血行促進は冷え性対策でも必要なことです。
冷え性の原因については次の記事にまとめていますのでご参考にしてください。

冷え性の原因は生活スタイル変更だけで治るってホント?
冷え性対策をするには原因を知っておく必要があります。 それが分かれば生活スタイル変更だけで治ります!   冷え性の原因として考えられるものは数多くあるのですが、大きく分けて2つになると私は…

私は冷え性の原因は血行不良によるものが大きいと考えています。
ジョギングのような有酸素運動は程よく心拍数を上げて、体中に酸素を送る頻度を上げますから無理なくできます。

酸素のめぐりが良くなることは血行が良くなることとイコールですから血行促進になります。
冷え性対策には適度な運動が必要ですから、ジョギング・ランニングは良いのです。

さらに、運動をすると血液中のブドウ糖が酸素によってエネルギーとして消費されるので血液浄化もできます。

冷え性対策は有酸素運動と無酸素運動どちらが効果的か
) 冷え性対策は健康的な生活と体を手に入れることが全てです。 健康維持のためには適度な運動は欠かせませんね。   運動には有酸素運動と無酸素運動の2種類が存在ます。 健康的な生活をするには…

こちらの記事でも触れていますが、有酸素運動をすると最初の20分辺りまでは血液中のブドウ糖が酸素と一緒にエネルギーとして消費されます。
ドロドロ血液をサラサラにできるということです。

血行を促進すると同時に血液の浄化にもなるのですね。
これが冷え性対策にジョギングやランニングが良いと理由になります。
ジョギング・ランニングが良いというよりは有酸素運動が良いということですね。



[スポンサードリンク]

ジョギングとランニングの違い

ジョギングとランニングは同じように扱われますが、スポーツトレーナーなどプロに言わせると違いがあるそうです。
ジョギングとランニングの違いはお分かりでしょうか?

そういう自分もジョギングとランニングの違いが分かっていませんでした。
ということで、ジョギングとランニングの違いを簡単に紹介します。

ジョギングの「jog」を英語辞典で調べてみると、「ゆっくり走る」という意味のようです。
漠然としていて判別が難しいですよね。
アウトドアスポーツの運営をする「TRACK TOKYO」のブログに比較がありましたのでこちらから引用します。

一般的にランニングよりもスピードが遅いのがジョギング。
長時間の有酸素運動ができるため、健康に良いとされています。
ジョギングとランニングの違いを具体的に明記するならば、
会話をできる状態にあるかどうかであるとされています。
(中略)
基本的には、ウォーキングの延長線上にジョギングがあり、
ジョギングの延長線上にランニングがあります。
ジョギングからスピードアップし、心肺機能の強化や筋力増強に役立ちます。

出典:TRACK TOKYO<トラック・トーキョー>のブログ>今さら聞けない!ウォーキング、ジョギング、ランニング、マラソンの違いって、何?

このように説明されていました。
会話もできないほどのペースで走る場合はランニングで、それより遅ければジョギングと考えるのが良いそうです。

会話ができるということは息が上がっていないことです。
ジョギング有酸素運動ですね。

それに対してランニングは会話ができないほどですから息が上がっている状態です。
有酸素運動というよりは無酸素運動に近いかもしれません。

余談ですが、ヤマハの原付きスクーターはJOGと言うそうです。
なぜJOGなのかは分かりませんでしたが、おそらく「ゆっくり走る」ところから取ったのでしょう。


[スポンサードリンク]

ジョギンが良くてランニングが悪いわけではない

冷え性対策は有酸素運動と無酸素運動どちらが効果的か
) 冷え性対策は健康的な生活と体を手に入れることが全てです。 健康維持のためには適度な運動は欠かせませんね。   運動には有酸素運動と無酸素運動の2種類が存在ます。 健康的な生活をするには…

「冷え性対策は有酸素運動と無酸素運動どちらが効果的か」の記事でも紹介していますが、無酸素運動は筋肉強化に有効な運動です。

心拍数が上がり血行は促進されるもののブドウ糖の消費がされにくいため血液浄化は期待できません。
血液の浄化ができないため冷え性対策には良くないと思われがちですがそうではありません。

ランニングは足の筋肉を鍛えるのに最適な運動です。
後でも紹介しますが、ふくらはぎは第二の心臓と言われて血行促進に必要不可欠な筋肉になります。

ふくらはぎを鍛えるためにランニングも取り入れていくことが必要と考えられるのです。
ふくらはぎがポンプとして働く仕組みは下記の記事を参考に。

冷え性対策改善と予防3つのポイント
あなたは冷え性対策と聞いてどんな対策を思い浮かべますか? 体を温めることをする 体を冷やさないように防寒する を思い浮かべるのではないでしょうか。   それでは具体的にどの…

ジョギングは中強度の運動で

3aed7e188eac67f3_640

会話ができるほどのペースがジョギングですが、判断が難しいかもしれませんので次の記事を役に立つかもしれません。
運動には強度というものがありそれぞれ

  • 高強度
  • 中強度
  • 低強度

の3つに分けることができます。
心拍数によってどの運動をしたかがわかるようです。

ジョギングは有酸素運動ですから、

動脈硬化の有酸素運動脈拍数に注意!冷え性対策にも効果
動脈硬化になるとさまざまな病気を引き起こすと言われています。 血行に影響を与えるものですから、冷え性にも深く関係しているものです。   現代社会は運動をする機会が減り病気になりやすくなって…

の基準に当てはめると中強度の運動に分類されるでしょう。

強度は計算で求められる

f3a909bf9adfbeb9_640

計算式は

運動後の脈数=
(最大心拍数-安静心拍数)✕運動強度+安静心拍数

です。

この計算式に当てはめて心拍数をあらかじめ把握しておき、運動後の心拍数が中強度の範囲内にあるかどうかを確認してみるとよいでしょう。
中強度の範囲内であれば適切な有酸素運動ができたと考えることができます。

高強度のランニングになっても筋肉増強になる

ジョギングの運動強度は中強度とされていますが、高強度の心拍数になったとしても問題はないでしょう。
高強度は筋肉を鍛える運動ですが、冷え性対策では筋肉増強も必要だからです。

冷え性対策改善と予防3つのポイント
あなたは冷え性対策と聞いてどんな対策を思い浮かべますか? 体を温めることをする 体を冷やさないように防寒する を思い浮かべるのではないでしょうか。   それでは具体的にどの…

上記の記事「熱を運ぶ(冷え性改善対策)」のところにも書きましたが、ふくらはぎは第二の心臓です。
下半身から心臓に向かって血液を送り返すにはふくらはぎの筋肉ポンプの力が必要不可欠。

ランニングはふくらはぎの筋肉を鍛えるのに効果的な運動なのです。
ダイエット目的でなく冷え性対策でジョギングをするなら最初はランニングになることを意識したほうが良いのかなと思いますね。

猫背は筋肉ポンプを弱める

086368

筋肉ポンプの話を出したので関連して紹介しておきます。
あなたは猫背グセがついている方でしょうか?

猫背も筋肉ポンプが関係していると言えるでしょう。
姿勢を維持しているのは抗重力筋(姿勢筋)と言う筋肉です。

人間は二足歩行動物ですから体への重力が大きいくなります。
頭はボールング玉と同じくらいの重量があるのでそれを支える強い筋肉が必要です。
それが抗重力筋になります。

ふくらはぎが下半身のポンプなら抗重力筋は上半身のポンプです。
猫背になると姿勢が崩れますから筋力低下の原因になります。
そうなるとポンプの力が弱くなり血流も悪化するでしょう。

冷え性対策グッズの効果が出ない!その原因は猫背かも!?
冷え性対策と言うと体を温めることを想像する人がほとんどでしょう。 冷え要グッズは靴下だったり手袋だったり、外気から身を守るようなものが多いです。   その他にも体を温めるためカプサイシンを…

無理をして足を痛める危険性もある

ジョギングやランニングに限らず陸上で運動をすると重力がかかりますから、二足歩行をする人間は足への負担は非常に大きいです。

ジョギングやランニングをして足を痛める人は非常に多くいます。
筋肉が増えてくるとクッションが強くなって痛みも減っていくようですが、慣れるまでは時間がかかると思います。

そこで、効果的とも言えるのが私も実践している水中ウォーキングです。
普通に歩くのと違い水中は浮力が働き負担を軽減してくれます。

水圧もかかるため足を一歩前へ出す力が空気中よりも必要で鍛えられます。
1時間も歩けば空気中での足取りが非常に軽く感じることができるでしょう。

今は市民プールでも室内は基本的に温水で、水中ウォーキング用のコースを設置していますから冷え性でも気軽にできることと思います。

冷え性でインナーマッスルを鍛える水中ウォーキング
冷え性でインナーマッスルを鍛えたいけど水中ウォーキングはどうなのか? 最近はメタボリックシンドロームが問題視され運動をする機会を増やす必要があります。   水中ウォーキングは空気中よりも抵…

水中ウォーキングは泳ぐ必要がないのでできない人はいないのではないでしょうか。
水中ウォーキングが難しいのであればジョギング・ランニングにしましょう。

ジョギングとランニングを組み合わせが効果的

冷え性対策としてジョギング・ランニングの有効性や意味の違いなどを紹介してきました。
ジョギンが有酸素運動で血液の循環を良くするほかにも、余分なブドウ糖を除去することにも有効な運動です。

注意するのは運動後の心拍数で、高強度の心拍数になっていたらランニングになっているかもしれません。
ランニングは第二の心臓ふくらはぎを鍛えるには良い運動なので高強度になったとしても問題はないですが、有酸素運動の効果は減少します。

ランニングでふくらはぎに筋肉をつけ、ジョギングで効果的に血液浄化。
冷え性対策にはジョギングとランニングを組み合わせていくのが効果的かと思います。


話題の金時しょうがサプリを試してみました
金時しょうが粒 サンワ食研
金時しょうが粒(サンワ食研)を試したので口コミ書きます
金時しょうが粒(サンワ食研)を飲んでみましたので口コミを書きたいと思います。   冷え性関係の情報を見ているとときどき見かけるのが金時生姜。 生姜の代表的成分ジンゲロールが4倍含まれている…

↓他の役立つ冷え性ブログを見る↓




にほんブログ村 健康ブログ 冷え性へ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加