菊川怜がとくダネ!を退席した急性胃腸炎は冷えのサイン?

9e39a2d2-s
出典:http://livedoor.blogimg.jp/sleepy0130/imgs/9/e/9e39a2d2.png

菊川怜さんが2015年2月19日放送のとくダネ!を途中退席したことでYahoo!トピックスにも出る話題になりました。
退席後は病院へ直行して急性胃腸炎という診断が出たそうです。

明日の放送への復帰に意欲があるとのことで、症状は重くはないような感じでした。
急性胃腸炎はストレスによる原因も指摘されます。

とくダネ!のキャスターは2012年7月からで約2年半。
キャスター交代以降は裏番組に視聴率が負けることもしばしあり、視聴者からの不満やアンカーの小倉智昭さんとの不仲説などささやかれ、ストレスもたまっていたのではないかと考えられますね。

急性胃腸炎は冷えとも関係が深いため、改善方法も冷え性対策にあるといえます。
ここでは急性胃腸炎の対策方法も含めて記事にしていきたいと思います。



[スポンサードリンク]

急性胃腸炎とは症候群

菊川怜さんが退席した理由となった「急性胃腸炎」とはどんなものか。
急性胃腸炎は名前の通り急な胃腸の炎症を言います。

そのため原因は特定されておらず、症候群のひとつです。
感染性と非感染性に区分することができることからも原因の範囲は非常に広いことがお分かりいただけるかと思います。

急性胃腸炎の症状

OZP85_yabeeonakaitai500-thumb-750x500-3527

急性胃腸炎の症状はどのようなものがあるのかについてです。
主な症状は血便、下痢、嘔吐、腹痛といったものになります。

私も2014年末に病院へは行きませんでしたが急性胃腸炎のような症状を発症して辛い経験をしたことが記憶にあたらしいです。
年末はストレスを抱えることが多かったので、それも原因かもしれません。

詳細は下記の記事を参考に。

急性胃腸炎の症状が出る人と出ない人は免疫力の違い
急性胃腸炎の症状が出る人と出ない人の違いはどこにあるのか? 私は2014年12月に急性胃腸炎をやりました。   これについて私の経験を踏まえて自分なりに基準を考えていきたいと思います。 …

嘔吐までは行きませんでしたが、食欲はなくひどい下痢と腹痛に見舞われています。
1時間おきくらいに腹痛が襲ってくるので1日にトイレを何往復かしました。

近くにトイレがないことが不安で外出はしませんでした。
菊川怜さんも私の経験した症状が出ていたかもしれません。
生放送の番組は特に緊張感が高まるでしょうから、ストレスが症状に追い打ちをかけたかもしれません。



[スポンサードリンク]

原因は感染性と非感染性に区分

急性胃腸炎を区分すると感染性と非感染性にわかれるそうです。
さらに感染性にはウィルス性と細菌性の2種類が確認されています。
それぞれ原因を紹介していきます。

感染性はウィルス性と細菌性に区分

感染性の急性胃腸炎はウィルス性と細菌性に区分することができます。
ウィルスと細菌は混同されやすいですが、体に対して悪さをする共通点はありますが異なる性質を持ち別物です。

ウィルスと細菌の違いを最初に説明していきます。
違いは北海道衛生研究所のサイトに詳しい違いの説明がありましたので引用します。

細菌は、感染した生物から栄養をもらって自分の力で増殖します。栄養があって一定の条件がそろえば増殖できるので、生物以外のものにも取り付いて腐らせます。これに対してウイルスは生きている細胞にしか取り付きません。それもそのはずで、ウイルスは自力で増えることができないので、感染した細胞をだましてその力を利用し、増殖します。
ウイルスと細菌の違いをまとめると、以下のようになります。
WS000000
出典:北海道衛生研究所>ウイルスとは

ウィルスは細胞内でしか生きられないのに対して、
細菌は環境が揃えば自生できるものになります。

増殖力はウィルスが爆発的に多く、細菌は少ない方と言えます。
ウィルスが打ち上げ花火で、細菌は線香花火と言ったところでしょうか。

Yahoo!知恵袋に増殖の違いについての説明がありましたので紹介しておきます。

急性胃腸炎の場合は爆発力のあるウィルス感染がほとんどを占めるようです。

ウィルスは細胞に棲み着き感染していきますので、細胞が死滅すると一緒に死滅するようです。
人間の体は細胞の入れ替えが頻繁に行われていますから、症状も短期間で収まることが多いようですね。

対して細菌による急性胃腸炎は食中毒の初期症状で診断されることがあります。
もし食中毒である場合は、腸内の洗浄をしない限り快方に向かいませんので長引きます。

菊川怜さんの場合は、明日にも復帰できるほどの症状であったことからウィルス性のほうが濃厚かと思います。
復帰までに時間がかかるようでしたら細菌性かもしれませんが。

追記

菊川怜さんはウィルス性だったそうです。


[スポンサードリンク]

非感染性はストレスによる血行悪化など

ストレスなどによる血行悪化も急性胃腸炎を引き起こす原因となります。
最初菊川怜さんの場合は、こちらの非感染性の方が原因ではないかと思いました。
宝塚メディカルスクエアに非感染性の説明がありましたので引用します。

細菌以外の原因で起こり急性胃腸炎の中で占める割合は低いとされています。卵やそばなどの「食物アレルギーによる腸炎」や「虚血性腸炎」などがあげられます。虚血性腸炎とは腸の血流が一時的に悪くなり、腸の粘膜に出血性の炎症がおこる病気で、高血圧や便秘の方にに多く発症します。主に腹痛や下痢、血便などがおこり、ほとんどは一過性ですがまれに広い範囲で腸の血流が滞ると、腸管が壊死することもあります。
出典:宝塚メディカルスクエア>急性胃腸炎

感染性に比べて発生する割合は低いようですが、血流が悪くなると急性胃腸炎の症状になることがあるようです。

ただし、出血を伴という条件がついています。
私の経験した症状はそこまでは行っていませんでした。
出血が見られれば血便になり、すぐに分かりますので違うのでしょう。

菊川怜さんも出血があれば検査入院まで行くでしょうからウィルス性かもしれませんね。
私はストレスを抱えるとお腹が緩くなることが多いのですが、2014年末の症状はそれをはるかに超えていたので急性胃腸炎を疑っていました。

そうなると何が原因だったのかは不明になってしまいます。
症状が出る数日前に前日の残り物のカキフライを加熱しないで食べたので、それがいけなかったのかなと。
そうなると細菌かもしれませんが、今となっては分かりませんね。

感染性と非感染性も冷え性対策で解決

急性胃腸炎についての紹介をしてきました。
主な原因はウィルスや細菌による感染性とその他の原因になる非感染性のものがあることが分かりました。

ウィルスや細菌に関わる原因の場合、解決方法は免疫力向上です。
免疫力については次の記事が参考になるかと思います。

免疫力は体温が1℃低下で30%減少【冷え性と関係深い】
免疫力は体温が1℃低下で30%減少すると言われていますね。 冷え性関係に詳しい石原結實先生が著書でそのようなことを書かれたそうです。   体調が悪いときは熱が出てしんどい思いをすると思いま…

冷えというのは体を不調にしていきます。

ウィルスや細菌は加熱殺菌が有効と言われるように熱に弱いです。
低体温の人とそうでない人を比べると免疫力は平熱が高い人のほうが上になります。

平熱37℃は微熱ではない!冷え性対策は体温底上げ
日本だと体温が37℃になると病院へ駆け込んで解熱剤を出してもらうよう頼む患者さんが多いそうです。 しかし、医学に精通した人の話では37℃は平均的。   日本人は37℃より平均が低いため慣れ…

冷え性対策で平熱を上げて免疫力を高めることが感染性急性胃腸炎を防ぐ近道といえるかもしれません。

非感染性に関しても血行の悪化が原因です。

冷え性の原因は生活スタイル変更だけで治るってホント?
冷え性対策をするには原因を知っておく必要があります。 それが分かれば生活スタイル変更だけで治ります!   冷え性の原因として考えられるものは数多くあるのですが、大きく分けて2つになると私は…

冷え性は血行促進が有効な対策です。

常に体の中の血液が流れやすい状態にあれば非感染性の急性胃腸炎も引き起こしにくくなるでしょう。
どちらの原因に対しても冷え性対策は有効になるといえるのです。

菊川怜さんの急性胃腸炎はある意味冷えのサインではないと思います。
私が言うのもなんですが、芸能人は冷えやすい生活をしていますから健康にはより気をつかって欲しいですね。


話題の金時しょうがサプリを試してみました
金時しょうが粒 サンワ食研
金時しょうが粒(サンワ食研)を試したので口コミ書きます
金時しょうが粒(サンワ食研)を飲んでみましたので口コミを書きたいと思います。   冷え性関係の情報を見ているとときどき見かけるのが金時生姜。 生姜の代表的成分ジンゲロールが4倍含まれている…

↓他の役立つ冷え性ブログを見る↓




にほんブログ村 健康ブログ 冷え性へ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加