男性の下半身寝汗(盗汗)の原因は冷えとりで良くなる

寝汗 睡眠不足

漢方医学において寝汗のことを盗汗というそうです。
「寝汗」だと悪いイメージはないのですが、「盗汗」と書かれると病気ではないかと疑ってしまいます。

西洋医学と東洋医学では冷え性に対する認識が違います。
冷え性も東洋医学では病気の一部と扱われるのですね。
「寝汗」と「盗汗」「冷え性」と「冷え症」のような関係にあるのかなと思ってしまいます。

私もたまに寝汗をかいていることがあります。
そいうい時は熟睡できていないのか疲れが残っていますね。
東洋医学(漢方医学)的な考え方だと病気のサインです。
これは放置するわけにはいかないと思いました。

私(男性)の場合は下半身の寝汗がよく出るので、下半身に問題があるのかな?と心配になりました。
下半身は大切な部分ですからね。

調べてみたところ、軽度であれば原因を取り除くための冷えとりをすれば良さそうなので冷え性解消で良くなっていくようです。



[スポンサードリンク]

漢方医学における盗汗

漢方医学における盗汗とはどのようなものか。
盗汗とは「盗」という字が表しているように体液を盗むこととして扱われています。

人間の体内は6割近くが水分とも言われています。
その水分が何らかの原因で逃げ出してしまうことです。
水分が盗まれるということですね。

寝汗というのは病気でなくてもかくことはあると言われます。
詳細は後述するのでここでは省略しますが、寝汗だから即病気ということはないようですね。

診察 原因 検査 病院

しかし、東洋医学の影響を受ける漢方医学は冷え性同様に病気のサインとして考えているようです。
今は大丈夫でも将来的になんらかの病気になる可能性はあるという認識といえるでしょう。

盗汗は軽度・中度・重度の3段階に分類されるようです。
それぞれ寝汗による着替えで分類できるそうですね。

  • 軽度…寝汗による着替えの必要はない
  • 中度…寝汗による着替えが1回程度
  • 重度…寝汗による着替えが複数回

また、実感がなくても起床後に喉の渇きを感じた場合は、盗汗である可能性があるそうです。

私の場合は着替えの必要がないので軽度となるようです。
毎日寝汗で起こされることもないので、もしかしたら軽度ですらないかもしれません。
喉の渇きもないのでおそらく大丈夫なのかな?

まだはっきりしない部分がありましたのでさらに調べました。



[スポンサードリンク]

寝汗はストレスがあれば冷え性でもかく

私は冷え性で末端の冷えがヒドイです。
普段はハンドウォーマーとか使って末端の冷えとり対策を実践しています。

汗というのは体を冷やす機能ためにあるので、冷え性の人は寝汗をかかないのでは?
と考えがちなのですが、あまり関係ないようです。
むしろ寝汗が出やすいと言えるかもしれません。

基本的に汗をかくのは体温調節をするためですが、ストレスを感じた時も出ます。
仕事で重大なミスが見つかった時は見事にびっしょり。

これは起きている時に限らず寝ている時も同じだそうです。
私もストレスや疲れが酷い時は金縛りと寝汗がダブルで来ますね…

ストレスを受けた時は体温が上昇することについて、ラットを使った実験により視床下部が大きく関係していることが判明しています。


[スポンサードリンク]

視床下部が自律神経と体温をコントロール

視床下部とはどんな働きをするのか?
ウィキペディアより関係のある部分を抜粋します。

WS000005
視床下部には、体温調節中枢、下垂体ホルモンの調節中枢、浸透圧受容器などがある。また、視床下部は摂食行動や飲水行動、性行動、睡眠などの本能行動の中枢、及び怒りや不安などの情動行動の中枢でもある。
出典:ウィキペディア>視床下部

人間の本能的な行動はすべてこの視床下部が関係しているとされています。
本能的行動が起こらない時は自律神経の異常と判断されます。

視床下部は自律神経をコントロールしているものといえるのです。

視床下部には体温調節中枢があります。
つまり、自律神経のコントロールと体温のコントロールは同じ視床下部で行われるということです。
このことからもストレスが体温の増減に関係するのはお分かりいただけるかと思います。

また冬場は冷感ストレスと言うものがあります。
冷感ストレスによる不眠サイクルの可能性の出てくるのです。

冷え性で疲れが取れない!【不眠サイクルに要注意】
疲れを取る方法といえば多くの人は「睡眠」と考えるのではないでしょうか? 医学的に見ても睡眠は疲れを取るのに効果的な方法としています。   しかし、冷え性がひどくて睡眠がしっかりとれず翌日に…

ラットのストレス体温上昇実験の結果

3c87ab6024734241_640

ラットを使った実験とはどのようなもので、どのような結果を生み出したのか。
日本生理学会に記事がありましたので引用します。

まず、社会的敗北ストレスを受けたラットでは、褐色脂肪組織で熱が産生され、体温が上昇することがわかりました。そこで、ストレスを与える前に、視床下部の背内側部あるいは延髄の縫線核に微量の薬物を注入して、その場所の神経細胞の活動を抑制したところ、ストレスを与えても熱の産生と体温の上昇が起こらなくなりました。

出典:日本生理学会>096.心理ストレスによる体温上昇を駆動する脳の神経経路

ラットを使った実験は、社会的敗北ストレスをラットに与えて体温が変化するかを確認する実験を最初に実施したようです。
その結果変化がみられたとのこと。

次に視床下部とそれを伝える神経を遮断してどうなるかを実験を行ったようです。
遮断したところラットは熱の産生が見られなかったそうです。
このことからストレスを感じた視床下部は体温を上げるよう指示を出すことが分かります。

寝ている間であっても怖い夢を見たりすれば当然ストレスを感じますから体温が上がります。
この実験結果をみて私は寝汗でびっしょりになる理由が納得できるような気がしますね。

寝ている間は記憶の整理が行われます。
その影響が夢に出ると言われていますね。
精神的ストレスを受けると、それらの記憶が整理されるため視床下部に働きかけるといえるのではないでしょうか。

追記20150317

病院で検査受けて結果待ちまでの間は寝汗がひどかったですね。
心配事やストレスを抱えると寝汗が出るのは間違いないでしょう。
アーモンドを食べてもう少し栄養バランスのとれた生活をしようと思います。

冷え性に良いビタミンE含有アーモンドを食べる習慣を
アーモンドは冷え性対策として食べるに良い食品であると言えそうです。 冷え性対策として良いことは所持している書籍にも書かれているのですが実践していませんでした。   ここ数日いろいろありまし…

あとは日本食を中心としてバランスの良い食事でしょうか。
忙しいとインスタント食品頼りになってしまうのですが…

断酒してから寝汗が凄い

ビール 酒 アルコール

Yahoo!知恵袋にあった質問です。
断酒をしたところ寝汗がすごくなったそうです。

好きなモノを我慢するのはとてもストレスになります。
離脱症状というストレスとの葛藤が起こるわけですね。

このことからもストレスを抱えると寝汗が出やすくなるといえるのではないでしょうか。
私は飲めないので経験がありませんが、離脱症状は徐々に緩和して寝汗も出なくなるようです。

冷え性もストレスと関係が深いため冷えとりで症状は良くなっていくものと考えられます。
私も冷えとりを始めてから寝汗はかいていないように感じています。

追記20150405

WS000016
出典:サッポロビール>適正飲酒のすすめ

アルコールを摂取することは適量なら健康的と言えるでしょう。
Jカーブ効果と言うものがあり、全く飲まない人よりも適度に飲む人の方が健康的な傾向があるようです。

大人の寝汗は良いのか悪いのか?

子供は体温調節機能が未発達ですから寝汗を普通にかきます。
子供の寝汗がヒドイことを相談している人もいますが、親御さんは経験済みなので冷静な回答ですね。

その他にも脳が発達途上にあるため、熱を出して活発に働いているとも言われています。
子供の寝汗は頭が多いそうです。

大人は寝ている間にコップ1杯分の汗をかくそうです。
寝汗というのは生理現象のひとつであり心配することではないという意見があります。

ここまで紹介してきませんでしたが、寝ている間には体温を放出するため汗をかくこともあります。
そのため電気毛布などで無理に温めるのは逆効果になるかもしれません。

一方で大人の寝汗は病気である可能性を示唆している意見もあります。
これについては先にも触れたように東洋医学的な考え方です。

「盗汗」は本来必要な水分を汗によって出してしまい体内の水分が不足してしまうことを言うそうでしたね。
起床時に喉の渇きを感じたら盗汗が疑われます。

このように意見がわかれているのが現状です。
自分でもなかなか考えがまとまらないのですが、結論的に熟睡できないほどの寝汗であれば盗汗である可能性があります。
そうでなければ生理現象といえるでしょうか。

私の場合は生理現象の一部であると言う認識で良いのかなという感じはします。

冷え性で疲れが取れない!【不眠サイクルに要注意】
疲れを取る方法といえば多くの人は「睡眠」と考えるのではないでしょうか? 医学的に見ても睡眠は疲れを取るのに効果的な方法としています。   しかし、冷え性がひどくて睡眠がしっかりとれず翌日に…
冷え性 電気毛布
電気毛布冷え性対策のひざ掛けとして使う危険性は?
自宅では室内手袋に電気毛布をひざ掛けとして使っています。 灯油代をできるだけ節約するために膝から下は電気毛布です。   冷え性対策として電気毛布ひざ掛けとして活用を検討している人も多くいま…

男性で下半身に寝汗が出る原因は?

0dd8d75a8a202455049048be_640

寝汗について紹介してきました。
ようやく本題と言ったところでしょうか。
お待たせしました。

私の話で恐縮ですが、寝汗をかくときは上半身より下半身です。
起床した時は寝汗を感じないのですが、変なタイミングで起きてしまった時は寝汗を実感しますね。

しかも下半身なのでお漏らししたのではないかと一瞬冷やっとします。
大抵の場合は下着が濡れている程度なのですぐに違うとわかるので良いのですが。
あれは心臓に良くないです。

下半身の寝汗は女性に多いそうです。
女性は子宮を守るために熱が集中するので下半身に寝汗をかくそうです。
私は男性なので全く関係ありませんね…

ではなぜ男性でも下半身に寝汗をかくのかを調べてみました。
明確な答えは分かりませんが、ストレスによる自律神経の乱れではないかというのが回答でした。

ということで結論的にここまで説明してきた通りストレスによる影響が出ているということです。
それで終わってはなんとなく消化不良なので自分の体験を振り返ってみることにしました。

下半身にストレスが溜まる原因を考えると思い当たるフシがありますね。
人には言いたくないですが、小学校低学年までお漏らしをしていました。

治すのに苦労をした記憶があります。
逆流の嫌な思い出もそうなのですが、幼少期の嫌な記憶は大人になっても忘れることはないですね。

たいてい寝汗の時は水中にいる夢を見ます。
中学時代は水泳部に所属していたのでその辺りのフィードバックも稀にあります。
水が夢に出てきたら、お漏らしの前兆といわれますよね。

私の場合は排尿を我慢するために全神経が下半身に集中しているのだと思います。
寝汗をかいて起きるとトイレに行っていました。
原因として考えられるのはこれくらいです。

排尿を我慢すると膀胱炎のリスクがあります。

膀胱炎が排尿痛の原因だった!?冷え性で漢方を選ぶなら
排尿痛がするので検査を受けてきたという話です。 結果は軽い膀胱炎でした。   男性は膀胱炎になりにくいのですが、体が冷えて免疫力が下がりやすい時期は注意が必要みたいです。 膀胱炎と冷え性…

旅行先で寝汗が多いように思います。
疲れによるものもあると思いますが、大部屋で複数人で宿泊した時にお漏らしはできませんからね。
幼少期のトラウマが原因なのかなと考えてしまいます。

下半身の寝汗は女性に多いとなると、男性の場合はこのような経験がないと起こらないのかもしれません。
男性の場合は思い当たるフシが過去にないか探してみてはどうでしょうか。

寝汗で起きることはよっぽどのことがない限りないので冷えとりによるストレスを溜めない生活の実践。
これに尽きるのかなと思っていますね。


話題の金時しょうがサプリを試してみました
金時しょうが粒 サンワ食研
金時しょうが粒(サンワ食研)を試したので口コミ書きます
金時しょうが粒(サンワ食研)を飲んでみましたので口コミを書きたいと思います。   冷え性関係の情報を見ているとときどき見かけるのが金時生姜。 生姜の代表的成分ジンゲロールが4倍含まれている…

↓他の役立つ冷え性ブログを見る↓




にほんブログ村 健康ブログ 冷え性へ
にほんブログ村

季節の変わり目は注意が必要

春先に寝汗がひどく出ていた時期がありました。
心配事などあり寝汗は出やすい環境にあったのは確かですが、それらが解決しても連日出たのでおかしいと思いました。

原因を突き止めましたので記事にしてみました。

寝汗の原因は寝る前の水分摂り過ぎと季節の変わり目
寝汗の原因は冷えとりを実践することで解消すると以前紹介したことがあります。 私も冷え性対策は日頃から実践していることですから、当然ながら寝汗の症状はあまり実感していませんでした。   しか…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加