口呼吸を続けると腎臓病になる危険性がある

口 呼吸

呼吸に関する健康法の雑誌を見ていたら口呼吸が腎臓病の原因になると書かれていました。
口と腎臓は一見すると関係ないように思えますので不思議な感じがするのですが、調べてみると関係性が無いとは言い切れないと思ったわけです。

腎臓は当サイトで何度も紹介していますが、血液をろ過するので冷え性対策には必要不可欠な臓器。
腎臓の正常な働きがなければ冷え性対策は成り立たないと言っても良いでしょう。

そんな腎臓を大切に扱う意味でも口呼吸の危険性を知っておく必要があると思います。
今回は口呼吸と腎臓をテーマに紹介していきましょう。



[スポンサードリンク]

生命力の源である腎

では、腎臓の働きとはどのようなものか?
このあたりは中学校とか高校の生物の時間に学習すると思いますね知っている人は多いかと思います。

しかし、学生時代は遠い過去という人は忘れているかもしれませんね。
ここで簡単ではありますが、腎臓の働きについて紹介しておきましょう。

膀胱 腎臓

腎臓の働きで代表的なものは尿を作り出すことですね。
「汚い話だな」と思われるかもしれませんが、人間は排泄ができなくなると死にますので大切なことですよ。

冷え性の原因と改善策は内臓(基礎代謝)と筋肉にある【熱を作る】
冷え性対策というと「生姜は温め効果があるから食べましょう」とかそいう外部の力を使って温めることを考えるかもしれません。   もし、熱を作る力が元々弱い人であったらどうでしょうか? いくら生…

上の記事では腎臓は「生命力の源である腎」と紹介しています。
生命力は腎臓の働きから来るということです。

大げさ気に聞こえるかもしれませんがこれは事実です。
腎臓は血液のろ過器とも言われており、血液中に含まれる老廃物を再利用できるものと分離して体外に排泄してくれます。

もしこの機能が働かなくなったらどうでしょうか?
体に不要な老廃物が延々と蓄積され徐々に侵されていくことになります。
体が腐っていくということです。

腎臓病を患ってい人、特に末期の腎不全となると定期的な人工透析で血液をろ過しなくてはいけません。
そうしないと体は腐っていくからです。

生命を維持するには栄養摂取は重要になります。
しかし、それよりも老廃物を排泄してデトックスするほうがもっと重要なのです。
「生命力の源である腎」と言っても過言ではないですよね。

むくみは腎臓悪化を疑う心配するより冷え性対策
むくみが出たから腎臓悪化が原因と考えられている人が多いように見えますね。 確かに腎臓は水分排泄に重要な尿を作る器官。 疑いたくのはわかります。   腎臓の悪化はむくみの原因にはなりますが…

腎臓については上記の記事でも触れています。



[スポンサードリンク]

口呼吸で起こる腎臓病はIgA腎症

前置きが長くなりましたが、本題の口呼吸がなぜ腎臓病の原因になるかという話です。
口呼吸から起こると考えられている腎臓病がIgA腎症になります。

IgA腎症は詳細は後ほど触れますが、免疫複合体が腎臓内に蓄積して機能停止の状態に追い込まれる腎臓病です。
腎臓の機能はここまで紹介してきたように血液をろ過して尿を作り老廃物を排泄すること。
これが口呼吸によって発生するリスクがあります。

WS000023
出典:扁桃炎のメカニズム|扁桃腺のはれ、のどの痛みにハレナース|小林製薬

喉には扁桃腺という器官があります。
口や鼻は呼吸をしますから、空気だけでなく空気中に浮遊しているさまざまな細菌やウィルスなども一緒に侵入してきます。
これらの侵入を防ぐのが扁桃腺の役割です。

扁桃腺には免疫細胞が集合しており体外から侵入してくる外敵と戦います。
多くの細菌やウィルスは胃液によって殺菌されると言いますが、その前に扁桃腺でも侵入が防がれているのです。

もし、口呼吸を続けとどうなるか?

当然ながら扁桃腺は細菌やウィルスに晒され続けることになるので常に戦闘状態になりますね。
免疫細胞のなかには外敵に攻撃を加えるものや、外敵を取り込んで体外に排泄するものなど様々。
細胞内に細菌やウィルスを取り込みできたものが「免疫複合体」です。

「免疫複合体」の場合は外敵と戦闘が行われると免疫複合体が作られて、血液中に取り込まれで体内をめぐり、最終的には腎臓に到達してろ過され尿として捨てられます。
健康であれば腎臓の機能で十分対処できるのですが、口呼吸をする人は扁桃腺へのウィルスや細菌の到達量が多いですから免疫複合体も多くなるでしょう。
腎臓の負担も増えることになり、最悪の場合は処理しきれない免疫複合体が腎臓内に蓄積して機能停止の状態に追い込まれることになるのです。

先にも言いましたが、IgA腎症の原因は不明とされています。
不明ではありますが、私が見た雑誌には扁桃腺の手術を受けたら回復したという事例が紹介されていますし、ネット上でもそのような話が多いため可能性ではありますが治療方法として採用されているようです。

ご自身が口呼吸の癖があり、喉の痛みが長く続いているということであれば将来的にIgA腎症になる危険性があります。
気になるようでしたら病因で診察をうけることをおすすめします。


[スポンサードリンク]

口呼吸が腎臓病に直結している

今回は口呼吸と腎臓病について紹介していきました。
私も雑誌を見るまでは口呼吸が腎臓病に直結してくるとは考えたこともありませんでしたね。

しかし、血液は体内を常に循環しており最終的に血液のろ過器である腎臓でろ過されて尿へと変えられていきます。
喉には扁桃腺という防衛機能があり細菌やウィルスと戦っているわけですからまわりまわって腎臓に負担をかけているのは納得です。

撃退した細菌やウィルスは大半が尿として排泄されていきますので、扁桃腺と腎臓は血液を介して関係性を持っていると言えるでしょう。
口呼吸をする人は扁桃腺が細菌やウィルスに晒され続けることになりますから、扁桃腺の免疫細胞も必要以上に活発化して多くの免疫複合体が生まれることは想像できます。

それを処理するのは腎臓ですから負担も増えます。
長引けばIgA腎症のような免疫複合体の沈着が起こり最悪の場合は腎不全になる場合もあるかもしれません。

口呼吸は常に口をあけているのでみっともないと考えているので鼻呼吸を意識しいるので大丈夫と考えていますが、恐ろしい腎臓病の原因になるとは想像していませんでした。
発症年齢は10代後半から30代前半と私も含まれていますからね。
腎臓機能の低下は高齢者だけの問題ではなくなっているようです。


話題の金時しょうがサプリを試してみました
金時しょうが粒 サンワ食研
金時しょうが粒(サンワ食研)を試したので口コミ書きます
金時しょうが粒(サンワ食研)を飲んでみましたので口コミを書きたいと思います。   冷え性関係の情報を見ているとときどき見かけるのが金時生姜。 生姜の代表的成分ジンゲロールが4倍含まれている…

↓他の役立つ冷え性ブログを見る↓




にほんブログ村 健康ブログ 冷え性へ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加