ポリエステルは保温性が高いが冷え性対策に適さない

ポリエステル

冷え性対策のグッズを見るとポリエステル繊維を使われたものが多いです。
説明文を見ているとポリエステルの保温性の高さがポイントとされています。

冷え性対策として熱を保つことも重要です。
血行を良くすることが冷え性対策には必要ですが、熱を消費してしまうのも問題なので外部的な対策も必要になります。
ポリエステルは熱を消費する効果の方が高い可能性があるのです。

保温性も高いことから冷え性で着用している人も多いと思いますが、冷え性対策から見たら良い素材ではないようなのでそのあたりを紹介していこうと思います。



[スポンサードリンク]

ポリエステルの保温性だけでは冷え性対策不十分

冷え性対策というとどうしても体が冷えることから実を守ることと考えがちです。
私も最初はそう思っていました。

ですから、ポリエステルのような保温性の高い素材でガッチリ固めると冷え性対策になると思い込んでいる人も多いはずです。
冷え性対策グッズを見ると保温性の高さをアピールしたものがいくつか見つかります。

レッグウォーマーでもポリエステル100%のものがありますね。
その他にも天然素材とポリエステルなどの化学繊維を組み合わせたものまで多数です。

保温性が高いことは冷え性対策として良さそうなイメージですが問題点も隠れています。
高い保温性を出すためには通気性が悪いということです。

次でも紹介しますが通気性が悪いとうことは熱が篭もりやすくなります。
適度な温かさであれば良いのですが、熱が篭もりすぎると汗が出て体を冷やすことになります。

冷え性で疲れが取れない!【不眠サイクルに要注意】
疲れを取る方法といえば多くの人は「睡眠」と考えるのではないでしょうか? 医学的に見ても睡眠は疲れを取るのに効果的な方法としています。   しかし、冷え性がひどくて睡眠がしっかりとれず翌日に…

寝返りをうつのも熱が篭ってしまうのを防ぐためにしていると言われています。
寝汗の原因とも関係してきます。

保温性の高さだけでなく通気性も確保できないと逆効果となることもあるのです。
冷え性対策は保温性だけでは不十分になります。



[スポンサードリンク]

ポリエステルは吸水性が低い素材で冷え性対策に適さない

ポリエステルは保温性に優れているので冷え性対策に良さそうに思えますが、冷え性対策に適さない部分があります。
吸水性の低さです。
ポリエステルに限らず化学繊維は吸水性は弱い傾向にありますね。

ポリエステルのメリットのひとつに速乾性があります。
さまざまな衣料品で使われているポリエステルですが、使われることが多いのはトレーニングウェアでしょう。

トレーニングウェアにはポリエステル素材が使われているのは軽くて繊維自体が丈夫ということもありますが、吸水性が少ないので乾燥するのが早いことも理由のひとつです。
吸水性が低いため乾燥するのがとても早くなるのは当然ですね。

かつてはスポーツウェアは綿素材で作られることが多かったようです。
しかし、スポーツをしている時に汗だくのウェアではモチベーションが下がります。
そのような意向を反映して速乾性のすぐれたポリエステルが採用されるようです。

ランニングウェア(ジャージ上下+シャツ)を楽天で安く!
ウォーキング・ジョギングは普段着でしていたのですが、これから温かくなるので厳しいと感じてランニングウェアを探してみることにしました。 スポーツ用品店で探してみたところ本格的なものが多くジャージ上下だけでも800…

スポーツの場面では速乾性は高い効果を発揮しますが、冷え性改善の立場からするとこれは問題になります。
ポリエステルは吸水性が弱いため汗を吸いません。

ポリエステルの速乾性は吸水性が低いことによるものですから、通気性が良く乾きやすいわけではありません。
先にも紹介したように熱が篭って汗が出やすくなります。
汗処理をしないと体が冷えてしまうのです。

冷え性は温めると逆効果になる理由とは?【熱を保つ】
冷え性に関する情報を集めていると稀に見かけるのが「温めると逆効果」というものです。 一度は目にしたことがあるのではないでしょうか?   体が冷えているのだから温めるのは当然だろうと考えられ…

上記の記事で温めると逆効果になる理由を紹介しています。
汗の処理をしないと逆効果になるです。

スポーツをしている間は体が熱を出し続けるので体温低下は起こりにくいですが、冷え性対策では汗処理をしないと体を冷やす結果になります。

普段着としてのポリエステルは冷え性対策としては良いものとは言えません。
吸水性の低さも冷え性対策として適さない素材と言えるでしょう。


[スポンサードリンク]

吸水力を高めたヒートテック(吸湿発熱素材)も冷えの原因

WS000010
出典:ユニクロ>ヒートテック

ポリエステル繊維は吸水性の弱点を持っていると紹介しました。
この弱点を攻略した商品が存在します。

2003年にユニクロから発売されているヒートテックです。
あなたも一度は名前を聞いたことがあるのではないでしょうか。

冷え性対策として着衣している人も多いでしょう。
私も何着か持っています。

ヒートテックに使われている素材が東レの吸湿発熱素材です。
吸湿発熱素材は化学繊維の弱点である吸水性を天然繊維で補うことで攻略した繊維になります。
(化学繊維のみで攻略したものもあるようです)

ヒートテックの最大の特徴は吸水性を活かした発熱効果でしょう。
発熱の仕組みは羊毛(ウール)のような吸水すると発熱する素材が組み込まれており、肌が持つ湿気(水蒸気)を吸い取って水に変わるときの熱を利用して温めようとするものです。

WS000001
出典:日経トレンディネット>「発熱」は最初の3分だけ!? 大ブーム“あったか衣料”の真実

仕組み自体は違いますが、温感クリームに近いのではないかと思いますね。

ハンド・ボディ温感クリームの仕組みは冷え性対策になる?
冷え性対策グッズとして温感クリームというものがあるようです。 月一で行く心療内科の先生は冷え性対策でハンドクリームを塗っていると話されていました。   ここでこんな話をするのもなんですが、…

ヒートテックのなかには通気性に優れたものも存在するようで、冷え性として問題はクリアしていると言えるものも存在するようです。
(全て確認するのは無理でした)

このような冷え性対策の理想的存在ヒートテックですが、効果の程は疑問視されているのも事実としてあります。

WS000002
出典:日経トレンディネット>「発熱」は最初の3分だけ!? 大ブーム“あったか衣料”の真実

日経トレンディネットではヒートテックを扱った記事がありました。
記事による上図で示している通り温かいのは3分だけだそうです。

3分経過したあとは温度が下がる一方のようですね。
ヒートテックは先にも紹介したように吸水による発熱です。
放湿性が弱いため汗による冷えの原因にもなります。

冷え性対策を考えるなら放湿性も必要になるのです。
(最近は放湿性のある極暖ヒートテックが人気のようです)

静電気は自律神経の乱れを起こす

冷え性の原因には自律神経の乱れが存在します。
自律神経の乱れはストレスによるものを想像しがちですが、それ以外の理由で乱れることも考えられます。

人間の神経は電気信号によって行いますから、静電気も影響を与える可能性を持っています。
その他にもパソコンなど電気製品の電磁波も問題視されますね。
ここでは衣類を着ると起こりやすい静電気についての話です。

地球上に存在する物質には必ず帯電性があるそうです。
それをまとめたものが静電気防止商品を扱う株式会社セレスのサイトにありましたので引用します。

WS000000
出典:株式会社セレス>帯電列とは

電気にはプラスとマイナスがあり回路が成立すると流れるものです。
帯電性はどちらの電気を持ちやすいかというものになります。

帯電列の見方は離れるほど強い帯電になるので相性は悪となります。
ポリエステルのインナーに綿やウールのトレーナーを着たときは風呂場で脱ぐときバチバチ音を立てます。
内側がポリエステルでできた上着を脱いだときも静電気がスゴイですね。

2010/12/17に日本経済新聞が「静電気と無縁に服を着こなしたい」という記事を掲載しました。
消費生活アドバイザーの小林衣子さんの見解が紹介されています。

服に使う繊維の中で、帯電しやすいのはポリエステルやナイロン、ウールなど。特にポリエステルとナイロン、ポリエステルとウールの組み合わせは要注意
出典:日本経済新聞>静電気と無縁に服を着こなしたい

小林衣子さんによるとポリエステルは帯電しやすいとのことです。
さらに、ポリエステルは吸水性が悪いので静電気が起こりやすいと指摘されています。

静電気の起こりやすい組み合わせは自律神経を刺激する可能性があります。
冷え性対策としては静電気にも気をつけた方が良いと言えそうです。
(あまり神経質になりすぎるのも自律神経の乱れになるのですが…)

冷え性対策は絹がベスト

ここまで化学繊維のポリエステルが冷え性対策に適さない理由を紹介してきました。
冷え性対策として繊維素材を考えるなら

  • 通気性
  • 吸水性
  • 放湿性
  • 帯電しにくい

この4点を満たした素材が好ましいと言えるのかもしれません。

冷え性対策は天然素材が一番良いとされています。
ポリエステルは保温性が高いので冷え性対策にはよさそうなイメージですが、他の冷え性に対する効果が期待できたいため適さないと言えます。
保温性だけでは不十分です。

冷え性の対策本を見ていくとたいてい紹介されているのは「絹」です。
当サイトでは男性へのプレゼントとして絹の腹巻きを推奨しています。

冷え性グッズをプレゼント男性なら絹の腹巻き
男性でも冷え性が増えています。 そのような背景もあってか男性に贈るプレゼントに冷え性グッズを選ぶ女性が増えているようです。   寒がりな男性は夏場でも上着をはおって仕事をしている姿が目立ち…

私も利用しているリンマー冷えとり靴下も肌に触れるのは絹素材です。

冷え取り靴下リンマーを冷え性男が口コミを書く
冷え性対策は血行促進など健康的な生活をすることが 解決策になってきます。 しかし、熱が逃げやすい状態にしておくのは 悪化を進めるかもしれませんので対策は必要です。   &nbs…

絹は保温性・通気性・放湿性が高いことからポリエステルの良い点と悪い点をカバーしています。
帯電表でも中央寄りにあり、吸水性もあるので静電気が起きにくい素材です。

冷え性対策で繊維を選ぶなら保温性が高いポリエステルより、天然素材の絹を選ぶ方が賢いと言えるかもしれません。


話題の金時しょうがサプリを試してみました
金時しょうが粒 サンワ食研
金時しょうが粒(サンワ食研)を試したので口コミ書きます
金時しょうが粒(サンワ食研)を飲んでみましたので口コミを書きたいと思います。   冷え性関係の情報を見ているとときどき見かけるのが金時生姜。 生姜の代表的成分ジンゲロールが4倍含まれている…

↓他の役立つ冷え性ブログを見る↓




にほんブログ村 健康ブログ 冷え性へ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加