ルイボスティを飲むと頭痛になるのか?

ルイボスティ

当サイトはルイボスティについて扱っている記事があります。
そのため、ルイボスティの情報を探して訪問してくださる人もたくさんいらっしゃるようですね。

いつもありがとうございます。

なかにはルイボスティを飲むと頭痛になったと言う人がいるようです。
私は頭痛になったことはありません。

ルイボスティを飲むと頭痛になるのか気になったので調べてみました。
今回は冷え性とは関係ない話題になるかもしれません。



[スポンサードリンク]

頭痛になることはないのではないか

ルイボスティを飲むと頭痛になるのかですが、私は最初に申したようになったことはありません。
そのため、頭痛になることはないと考えています。

しかし、ネット上を調べてみるとわずかですが頭痛になるのではと言う話を見かけました。

ルイボスティは頭痛の緩和に働く

ルイボスティはアフリカのごく限られた地域でしか栽培できない植物です。
そのため、日本ではあまり馴染みの無い飲み物といえるかもしれません。

私も冷え性対策の情報を収集しているなかで知りました。
冷え性対策として飲んでいる人も多そうで、口コミを見ても悪いものはありません。
値段が高いのが難点というのはありますけどね。

WS000003

ルイボスティの効果効能についての情報も少ないのですが、頭痛緩和に効果があると紹介されているサイトがありました。
頭痛緩和にはカフェインが有効とされていますし、頭痛薬にもほぼ含まれています。

ルイボスティにはカフェインが含まれていませんので、頭痛緩和になる理由は他にありそうです。

<ルイボスティー(フラボノイド)の効果>
ルイボスティーの含有成分には、低分子の活性酸素過酸化脂質除去物質であるフラボノイドが非常に多く含有されており、お茶100g中38mg含まれている。
また、有効と思われる疾患には、『アレルギー疾患、癌、糖尿病、一般の炎症、頭痛、ウィルス感染、胃潰瘍、歯周囲炎』などが挙げられ、アスピリンなどの鎮痛解熱作用を始め、ステロイド剤のように広い作用を持った物質だと述べられています。
出典:カラダノート>ルイボスティーは弱い『ステロイド剤』のような効果?!アレルギー疾患に有効『ルイボス』とは

ルイボスティに含まれるフラボノイドと言う成分が頭痛緩和に一役買っていそうです。
フラボノイドはみかんの皮に多く含まれているビタミンPの一種とされています。

フラボノイドが鎮痛作用であると考えられているようです。
ルイボスティは頭痛を引き起こすのではなく、緩和する方向に働く飲み物になります。



[スポンサードリンク]

頭痛になるという話もある

ルイボスティが頭痛の原因になるのではないかと考えたのは当サイトへのアクセスがあったからです。
私自身が頭痛を経験していないので判断は難しいですが、おそらく頭痛になった経験があるのではないかと言う情報をネット上で見かけましたので紹介します。

WS000003
出典:ママリQ>この伊藤園のルイボスティーのんで頭痛起きた人いますか?

こちらのサイトはママリQと言うサイトからの引用です。

主に子持ちの女性が利用している質問サイトのようですね。
おそらく投稿者さんは伊藤園のルイボスティを飲んで頭痛が起きたのでしょう。

これに対する回答は以下のようになっています。

ネットのオーガニックのルイボスティーを切らしちゃった時スーパーでそちらとおなじものを繋ぎで購入しましたけど、頭痛はなかったです。
人によって合わないこともあるかもなので毎回頭痛が起きるようなら飲むのを控えたほうがいいと思いますよ^^

出典:ママリQ>この伊藤園のルイボスティーのんで頭痛起きた人いますか?

回答者さんは最終的に体質の合う・合わないと結論づけていますね。

投稿者さんは回答に対して、生理による痛みかもしれないとしています。
ルイボスティによる痛みなのかはっきりしていないそうなので判断は難しいですね。


[スポンサードリンク]

頭痛は肝臓の疲れからも起こる

頭痛の代表とも言える偏頭痛は肝臓の疲れから来るとも言われています。
私が起こす頭痛の原因は寝不足が大半です。

睡眠中も内蔵は動いていますが、機能を低下させて休んでいます。
睡眠不足で肝臓が疲れてのかもしれませんね。

ルイボスティが肝臓に負担をかける飲み物であれば、頭痛の原因になる可能性はあります。
肝臓に負担をかける原因となるのでしょうか。

ルイボスティの輸入販売をする株式会社自然愛Japanに情報がありました。

南アフリカのCape Peninsula大学の研究により、ルイボスティーはあなたの肝機能を改善し、酸化損傷に対して保護するという事を発表しています。
研究では、抗酸化物質に富んだルイボスが“ブチルヒドロペルオキシド(t-BHP )”と呼ばれる有害な化学物質から肝臓を保護することができ、さらには臓器に既に存在するダメージの一部を戻す働きもできる事が分かりました。
出典:株式会社自然愛Japan>ルイボスティーは「肝臓」にも良いって本当!?

肝臓はアルコールを分解するほどの強力な解毒器官です。
そのため、ダメージも受けやすい状態にあるのも事実。

このように常に危機にさらされている肝臓ですが、ルイボスティを飲むことで保護することができるようです。

肝臓に良い方向に働くと言うことになりますね。
肝臓に負荷をかけるものとは考えにくいので、頭痛の原因にはならないと考えられます。
※ブチルヒドロペルオキシドは非常に危険な物質みたいで、なぜ体内で発生して肝臓にダメージを与えるのかは調べましたがわかりませんでした。

ルイボスティを飲むことで頭痛は起こらない

112283

この手の情報は口コミが多く見られるものですから、頭痛が起こりやすいのであれば情報が出回っているはずです。
私が調べた限りでは頭痛が発生してつらい思いをしたと言う情報はこれ以外にみかけませんでした。

2ヶ月くらい毎日ではありませんが飲んでおり、頭痛の症状が出たことは一度もありません。
私の場合は寝不足による頭痛が起こるので原因は他にあります。

ひとつ考えられる理由としては、頭痛緩和の反動が来るということでしょうか。
頭痛緩和にはカフェインが良いと先に紹介しました。
カフェインは脳の血管を収集させ、三叉神経を刺激しないようにして原因を遮断します。

しかし、その効果が切れると反動で頭痛が発生すると言うこともあるようです。
ルイボスティの頭痛緩和の作用が効果をなくして、反動で頭痛が来たと考えることもできるでしょう。

その痛みが生理によるものだったり、疲れによるものだったりさまざまかと思います。
ルイボスティと頭痛の関係は体質によるものとしか考えられないですね。

次はルイボスティを飲むと喉が渇くかと言う疑問を考えてみます。

ルイボスティを飲んで喉が渇く原因を考えてみた
ルイボスティを飲むと喉が渇くと言う人も少なからずいるようです。 私は喉の渇きを感じたことはありません。   しかし、喉の渇きを潤してくれていると言う感じもありませんね。 普通に水分摂取と…


話題の金時しょうがサプリを試してみました
金時しょうが粒 サンワ食研
金時しょうが粒(サンワ食研)を試したので口コミ書きます
金時しょうが粒(サンワ食研)を飲んでみましたので口コミを書きたいと思います。   冷え性関係の情報を見ているとときどき見かけるのが金時生姜。 生姜の代表的成分ジンゲロールが4倍含まれている…

↓他の役立つ冷え性ブログを見る↓




にほんブログ村 健康ブログ 冷え性へ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加