逆流性食道炎を防ぐなら毎日飲める生姜紅茶で予防が最適

噴水 出 逆流

生姜紅茶逆流性食道炎に効果的なのか疑問を持っている人が多そうなので調べてみました。
その点についてまとめていきたいと思います。

以前も触れていますが逆流性食道炎と冷え性対策基本的に同じです。
両方の症状を抱えていて生姜紅茶を飲み始めようとお考えであれば参考にしてみてください。



[スポンサードリンク]

生姜の成分が逆流性食道炎に効果的

生姜紅茶の最大の特徴は紅茶に生姜が含まれていること。
そのままですね(笑)
逆流性食道炎に対して生姜紅茶が効果的なのは事実のようです。

ただし、生姜紅茶というよりは生姜の成分が効果的というのが正しいです。

紅茶でなくても生姜を食べれば同じことになります。
ということで、以下の説明は生姜の成分に注目して解説します。

ブルーベリーでお馴染みのわかさ生活が運営するサイト『わかさの秘密』には生姜の効果効能が紹介されています。

WS000001
出典:わかさの秘密>しょうが

冷え性に良いことはもちろんですが、逆流性食道炎に効果的と思われる

  • 吐き気を抑える効果
  • 胃を健康に保つ効果
  • 炎症を抑える効果

の3つが含まれていることがわかります。
この3つの効果効能についてひとつずつ紹介していきます。



[スポンサードリンク]

吐き気を抑える効果

逆流性食道炎は逆流することによって胃液が食道を傷つけて炎症を起こすものです。
症状を緩和するには逆流の引き金「吐き気」を防がなくてはいけません。

吐き気防止なくして対策はできないと言えるでしょう。
生姜にはこの「吐き気」を防ぐ効果が期待できるのです。

しょうがに含まれるジンキベレンという成分には、胃腸の運動が活発になりすぎることによって起こる二日酔いやつわり、胃の不調による吐き気を抑える効果があります。
出典:わかさの秘密>しょうが

わかさの秘密にも吐き気を抑える効果がなぜあるかについて説明がありました。
ジンギベレンが逆流防止の役割をしているのです。

ジンギベレンは生姜に含まれる植物性油の主成分と言われ含有量は全体の30%となっているようです。

生姜の香りはジンギベレンによるものとされています。
二日酔いにはウコンが良いと言われていますよね。


今なら【ポイント10倍】(3/26(木)9:59まで)【送料無料】ウコンの力 1ケース(100ml×60本)

「ウコンの力」は飲み会では定番の商品ですね。
ウコンもショウガ科に分類される植物でジンギベレンを含んでいます。

逆流が起こる理由は胃液の過剰分泌です。
少量のアルコールは胃液を分泌させ食欲を引き立てるので良いのですが多量摂取は過剰分泌となり胃を荒らします。
(食前酒は胃液の分泌を促します)

ジンギベレンは荒れた胃の胃液過剰分泌を抑える働きをするのです。


[スポンサードリンク]

胃を健康に保つ効果

stomach-350x350

胃が健康な状態であれば、食べたものを正常に消化してくれます。
当然ながら逆流を起こすこともありませんから、逆流性食道炎の心配は必要ありません。

しかし、現代は隠れ冷え性という内臓の冷えを抱えている人が多くいます。

内臓脂肪が指摘されている人は注意ですね。
内臓の温度は低いと機能が低下していきます。

寒がりの男性は隠れ冷え性(内蔵型冷え性)かもしれません
最近は寒がりの男性を見ることが多いように感じますね。 夏場のオフィスは仕事の効率を上げるために冷房が効いています。   女性陣はひざ掛けをしながら仕事をしている光景が目立ちます。 一方で…

できるだけ胃に負担をかけないよう、常に健康的な胃袋を保つことも逆流性食道炎を防ぐためには必要なのです。
負担をかけず胃腸を活発にする成分がジンジベインです。

しょうがは胃腸の内壁の血行を良くし、胃腸の働きを活発にして食べ物の消化吸収を高めます。また、しょうがにはジンジベインというたんぱく質を分解する酵素も含まれており、胃腸の負担を軽減してくれる働きもあります。
しょうがの辛味成分ジンゲロン・ショウガオールには、胃酸の分泌を促進して消化吸収をととのえ、内臓の働きを活発にし、食欲を増進させる効果があります。
さらに、しょうがには潰瘍を抑え、胃潰瘍の原因であるヘリコバクター・ピロリ菌を殺菌する効果があります。
出典:わかさの秘密>しょうが

わかさの秘密では生姜に含まれる消化酵素ジンジベインの存在が胃を健康にする要素として紹介されています。
「生姜焼き」という日本ではポピュラーな料理があります。

これは肉のタンパク質を柔らかくする特徴に目をつけたものと言われています。
生姜を食べることで胃の中にジンジベインが入り込みますから、内部でタンパク質の消化を助けて胃の負担を軽減してくれるのです。

ピロリ菌も逆流性食道炎の原因に

37c802d909c14651ac9993e6_640

ピロリ菌はこれまで胃には細菌が存在しないという常識を打ち破った菌です。
自身が出すアルカリ性の物質が胃液を薄めて生存していると言われています。

このピロリ菌駆除によって逆流性食道炎を引き起こす可能性も指摘されていますので以下の記事も参考にしてみてください。

ピロリ菌に対抗できる緑茶を冷え性が飲むなら
胃から出る胃液は食べたものを消化する強力な酸性の液体です。 この過酷な環境に住める細菌は存在しないと考えられて来ました。   その常識を覆したのがピロリ菌です。 ピロリ菌は胃の中で活動を…

炎症を抑える効果

逆流性食道炎は強い酸「胃液」が逆流することで引き起こされる炎症です。
食道の壁が胃液でえぐられるため傷がつき炎症状態になります。

そのため炎症を鎮める必要もあるでしょう。
生姜には炎症を鎮める抗炎症作用や鎮痛作用があります。

ロスタグランジン[※3]という物質が血中でつくられることにより、炎症や痛みといった症状が現れます。しょうがにはそれらの合成を抑える働きがあるため、抗炎症作用や鎮痛作用があるといえます。関節痛やリウマチに効果があったという研究結果も出ています。
また、摂取するだけでなくしょうが湿布やしょうが風呂などとして外用薬としても用いられます。
(中略)
プロスタグランジンとは、体内に細菌が侵入した時に、体内でつくられるホルモン様物質のことです。炎症、発熱を引き起こす原因と言われています。
出典:わかさの秘密>しょうが

ここで重要なのはプロスタグランジンの存在と言えるでしょう。
プロスタグランジンは炎症を引き起こす根源とも言える物質です。
生姜は炎症をおこすプロスタグランジンに対抗できるということになります。

ただし、炎症というのは治癒力のひとつでもあります。

生姜紅茶はインフルエンザの予防と免疫力向上になる
毎年、寒い時期になるとインフルエンザが流行します。 体は冷えていると免疫力が下がりますから、寒い時期に流行するのはしかたがないのかなと思いますね。   隠れ冷え性と言う言葉があるように、内…

こちらの記事でも触れていますが、炎症はウィルスを撃退するための反応でもあります。

炎症を起こしたからといって薬で鎮めてしまうことが良いこととは限らないのです。
さらに医薬品メーカーのエーザイは次のような見解をしています。

実はこのプロスタグランジンには胃粘膜の血流を良くしたり細胞を修復したりする胃の防御因子としての働きがあります。そのため、プロスタグランジンが作られないと胃粘液の合成力が低下したり、胃粘膜が弱くなることから、胃酸の攻撃に耐えられなくなってしまうのです。
出典:胃のサイエンス>胃の働きに影響を与える要因

プロスタグランジンは血行を促進させて細胞の修復をする機能も持ち合わせているのです。
胃の粘膜についての記事ですが、食道についても同じことが言えるでしょう。
炎症を起こすことは体にとって必要なことなのですね。

それではどうしたら良いのかわからなくなると思います。
ここからは私の意見ですが、炎症が長引くとうっ血状態になります。
炎症は集中補修するために血液の流れを犠牲にして血液を一点に集めてきます。

炎症は傷の修復とともに徐々に消えていくので特に何もしなくても普通は収まっていくものですが、炎症が長引くというケースも出てくることでしょう。
あまりにも長期間炎症が続くようであれば鎮静させる対策は必要と考えています。

炎症が起こったからすぐに鎮静させるのではなく、長引くようなら鎮静させるようにするのがよいでしょう。
長引くようなら病院へ行って鎮静剤をもらってください。

紅茶は日常的に飲む人が多い

26990c2ad8d547e5d62b2d39_640

生姜の効果は逆流性食道炎にも効果的であることがお分かりかと思います。
逆流性食道炎が慢性化すると胃ガンや食道ガンに発達する危険性があります。

予防策は逆流させないことです。
逆流がなければ食道は胃液にさらされることはありませんから逆流性食道炎になるリスクを回避できるでしょう。
そのためには日常的に生姜を食べることが望ましいと言えます。

しかし、なかなか生姜を毎日食べるのは難しいですね。

寿司屋で働いているなら毎日ガリを摘めばよいですが、普通はそうはいきません。
(できるかどうかは分かりませんが…)
紅茶は日常的に飲む人は多いと思います。

生姜紅茶ダイエットが流行しましたが、生姜と紅茶の組み合わせは悪くありません。
最初は生姜の独特の香りや辛味が気になりますが、飲んでいるうちに慣れてきます。
生姜を気軽に摂るには最適の方法といえるのではないでしょうか。

独特の味があるので好き嫌いは分かれるかもしれません。
嫌いなのに無理矢理飲んでいるとストレスにもなりますし、胃にも負担がかかりますから逆効果です。


2014年楽天年間ランキング受賞☆レビュー20,000件突破感謝記念☆進化☆黄金&黒の新ブレンド生…

その場合は、他に効果的な生姜の摂取方法を考えてみると良いと思います。
生姜は乾燥させたものが健康成分が強化されますので、粉末状になったものはオススメです。
(市販の生姜紅茶は、ほとんどパウダータイプの生姜です)

冷え性対策として注目されている生姜の辛味成分であるジンゲロン・ショウガオールは乾燥させると増加すると言われています。
ご存じなければ以下の記事も参考にしてみてください。

乾燥させた生姜は健康にも冷え性に効果的な理由とは
生姜は健康によいと言われていますね。 石原結實先生が生姜紅茶ダイエットを提唱して瞬く間にブームになったのは記憶に新しいです。   日本料理には多くの生姜が使われていると思います。 大根お…

生姜は冷え性かつ逆流性食道炎を抱えている人には救世主的な食べ物なのです。

料理に混ぜるだけでもアクセントになってよいかもしれません。
逆流性食道炎には生姜を取り入れていくのが対策として効果的といえるでしょうね。


話題の金時しょうがサプリを試してみました
金時しょうが粒 サンワ食研
金時しょうが粒(サンワ食研)を試したので口コミ書きます
金時しょうが粒(サンワ食研)を飲んでみましたので口コミを書きたいと思います。   冷え性関係の情報を見ているとときどき見かけるのが金時生姜。 生姜の代表的成分ジンゲロールが4倍含まれている…

↓他の役立つ冷え性ブログを見る↓




にほんブログ村 健康ブログ 冷え性へ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加