生姜紅茶はインフルエンザの予防と免疫力向上になる

風邪 体調不良 マスク

毎年、寒い時期になるとインフルエンザが流行します。
体は冷えていると免疫力が下がりますから、寒い時期に流行するのはしかたがないのかなと思いますね。

隠れ冷え性と言う言葉があるように、内臓の冷えもありますから毎年インフルエンザに感染している人は免疫力を高めるという意味でも冷え性対策をしていくと良いでしょう。
生姜紅茶ダイエットが一時期流行しましたが、ダイエットに限らずインフルエンザにも効果的なことがわかりました。

ここでは生姜紅茶がインフルエンザの予防や免疫力向上に繋がる理由を説明していきたいと思います。



[スポンサードリンク]

紅茶はインフルエンザ予防にしかならない

生姜紅茶の主役は紅茶です。
紅茶は日本茶同様に「チャノキ」から作られれますから、カテキンなどの殺菌作用が期待できます。

ピロリ菌に対抗できる緑茶を冷え性が飲むなら
胃から出る胃液は食べたものを消化する強力な酸性の液体です。 この過酷な環境に住める細菌は存在しないと考えられて来ました。   その常識を覆したのがピロリ菌です。 ピロリ菌は胃の中で活動を…

紅茶はインフルエンザに効果的かと言うと、実は予防にしかなりません。
感染した場合はどうにもならないと言うことです。

紅茶うがいはインフルエンザ予防

日本で紅茶の普及を推進するために日々活動している『日本紅茶協会』では紅茶うがいはインフルエンザ予防になると紹介しています。

インフルエンザに関してはウイルスの種類に関係なく、紅茶テアフラビン、緑茶カテキンがウイルス粒子を凝集させ、感染力を失わせる。あくまでも予防効果であり、ウイルスが細胞内に入り込み増殖し始めた状態ではお茶の作用は及ばない。対症療法の投薬が必要である。お茶によるうがいが予防には有効であるが、喉から鼻にかけて紅茶液が行き渡るような工夫が望ましい。
出典:日本紅茶協会>インフルエンザ対策

日本紅茶協会の見解ではインフルエンザに感染してしまった場合は手遅れですが、普段から紅茶うがいをしておくことで感染の確率を下げることができるとしています。
最初に紹介した通り感染してからいくら飲んでも効果がないということです。

また、日本紅茶協会は紅茶うがいを推奨していることから飲むよりも、うがいの方がインフルエンザに効果的であるとしています。
インフルエンザウィルスは口と鼻から体内に侵入して行きます。

菊川怜がとくダネ!を退席した急性胃腸炎は冷えのサイン?
出典:http://livedoor.blogimg.jp/sleepy0130/imgs/9/e/9e39a2d2.png 菊川怜さんが2015年2月19日放送のとくダネ!を途中退席したことでYahoo!トピック…

こちらの記事でもウィルスの増殖について触れていますが、細胞に棲み着いて増殖をしていくの細胞内に入り込まなければ増えることはありません。
感染経路である口や鼻で駆除してしまえば感染を防ぐことができるわけです。

紅茶の殺菌能力は細胞内へ入り込むことはありませんから、感染してしまってからでは手遅れとなるのはお分かりかと思います。



[スポンサードリンク]

生姜の体温上昇は感染後も有効

紅茶はウィルスが細胞内に入り込んでしまったら手遅れでどうすることもできません。
しかし、生姜紅茶には生姜の力があります。
生姜の効果効能には体温を上昇させるものがありますね。

乾燥させた生姜は健康にも冷え性に効果的な理由とは
生姜は健康によいと言われていますね。 石原結實先生が生姜紅茶ダイエットを提唱して瞬く間にブームになったのは記憶に新しいです。   日本料理には多くの生姜が使われていると思います。 大根お…

こちらでも紹介しているように生姜には体温を上昇させる力があります。

これは生姜に含まれる辛味成分である

  • ジンゲロール
  • ショウガオール
  • ジンゲロン

3種類の成分が関係しているとされています。

唐辛子 カプサイシン

唐辛子などスパイシーな食べ物を食べると汗がでるのは体温が上昇しているからです。
生姜の辛味成分にもこのような効果は期待できます。

生姜紅茶ダイエットを提唱した石原結實先生は体温上昇が免疫力向上に繋がるとしています。
風邪をひいて熱を出すのは免疫力が働いて熱によってウィルスを駆除しようとしているのです。

石原結實先生は体温と免疫力の関係に言及しています。

免疫力は体温が1℃低下で30%減少【冷え性と関係深い】
免疫力は体温が1℃低下で30%減少すると言われていますね。 冷え性関係に詳しい石原結實先生が著書でそのようなことを書かれたそうです。   体調が悪いときは熱が出てしんどい思いをすると思いま…

体温が1℃低下すると免疫力は30%低下するとも話しています。
唐辛子による体温上昇は一時的ですが、毎日継続すると免疫力にも影響をあたえるでしょう。

体温を上げることは血行促進にもなりますから悪いことはありません。
川嶋朗先生も『心もからだも「冷え」が万病のもと』の中で次のように話しています。

熱や痛みがつらい時、一時的に薬を使うのは仕方がありません。しかし差し迫った症状でもないのに安易に服用したり、気休めのように長期間にわたって服用するのは、体を冷やす結果を招きます。薬によって体が冷えるとまた別の症状が出て、その症状に対する薬が必要となってしまい、さらにより多くの薬をのむことになります。そうした悪循環を作られないためにも、薬は必要最低限の量を守ること。そして薬のいらない健康な体を取り戻すことが大切です。

出典:【楽天ブックスならいつでも送料無料】心もからだも「冷え」が万病のもと [ 川嶋朗 ]
P62~63

安易に解熱することは良くないとしています。
川嶋朗先生は体温が上昇したときに発生するヒートショックプロテインの存在にも言及しています。

ヒートショックプロテイン(HSP)については下記の記事を参考に。

10分入浴・全身浴で冷え性対策するならHSPを意識
冷え性対策というと体を温めることですから入浴をすることが効果的であるのは想像できるかと思います。 実際に冷え性について書かれている著書では湯船に浸かる重要性について書かれていることが多いです。  …

ヒートショックプロテインはガン細胞も破壊するほどの強力な免疫的な働きをします。
インフルエンザウィルスにも有効であると言えるでしょう。

紅茶は入口となる口や鼻の殺菌のみで感染後には効果が期待できないと言えます。

しかし、そこに生姜を加える事で体温上昇が期待できますから、免疫力を向上させてウィルスに対向する力をつけることができるということです。
生姜紅茶はインフルエンザに感染予防にもなりますが、感染後も免疫力を高めるために飲むことが望ましいと言えます。


[スポンサードリンク]

インフルエンザの予防も感染後も生姜紅茶

生姜紅茶はインフルエンザにどのような影響をあたえるかをまとめてみました。
現在日本では紅茶は比較的入手しやすいものになっています。

鼻うがいの専用液は発売されていますが、紅茶で代用できるならこちらのほうが安価でよいでしょう。
紅茶で鼻うがいをして鼻からの侵入を防ぎ、生姜紅茶で口からの侵入と体内での増殖を防ぐ。

この2つの対策でインフルエンザは予防することも駆除することもできるでしょう。
川島明先生も安易に薬に頼ると依存症による悪循環を危惧しています。

できるだけ自然な形で予防と治癒を目指すことが望ましいですね。
体温上昇による免疫力向上は冷え性改善にも繋がりますし、健康的な生活にも寄与します。


話題の金時しょうがサプリを試してみました
金時しょうが粒 サンワ食研
金時しょうが粒(サンワ食研)を試したので口コミ書きます
金時しょうが粒(サンワ食研)を飲んでみましたので口コミを書きたいと思います。   冷え性関係の情報を見ているとときどき見かけるのが金時生姜。 生姜の代表的成分ジンゲロールが4倍含まれている…

↓他の役立つ冷え性ブログを見る↓




にほんブログ村 健康ブログ 冷え性へ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加