生姜紅茶飲んでトイレが近いのは利尿作用が高いから

トイレ

生姜紅茶を飲みはじめてからトイレが近くなったような感じがしています。
尿の回数が増えると頻尿とか糖尿病とかいろいろ病名が出てきます。
なんか怖いですよね。

生姜紅茶の主な材料である生姜や紅茶にはそれぞれ利尿作用があるとされています。
生姜紅茶を飲んでいるのであれば、その効果が発揮されているかもしれません。

利尿作用の高さに注目したのが生姜紅茶ダイエットなので、何も知らず生姜紅茶ダイエットを始めると驚くかもしれません。
ここではトイレが近くなる理由をいつも通り冷え性の立場から解説していくことにしましょう。



[スポンサードリンク]

生姜で体を温めることで利尿作用が起こる

生姜は体を温める効果があるため冷え性対策としては定番の食べ物です。
冷え性グッズも生姜を使ったものが多いですね。
加えて生姜には利尿作用があると言われていますので、紹介について書いていきます。

生姜には体を温める作用がありますが、これが利尿作用につながっていくと考えられます。
体を温める効果については以下の記事もを参考に。

乾燥させた生姜は健康にも冷え性に効果的な理由とは
生姜は健康によいと言われていますね。 石原結實先生が生姜紅茶ダイエットを提唱して瞬く間にブームになったのは記憶に新しいです。   日本料理には多くの生姜が使われていると思います。 大根お…

市販の生姜紅茶にはショウガオールやジンゲロンといった血行を促進する成分が入っています。
冷え性の原因は血行不良によるものが大きいですから、血行を促進することで改善が見込めるのです。
基礎代謝で作られた熱は血液によって運ばれますからね。

温めることでなぜ利尿作用になるのか

N112_nayandahyoujyou500-thumb-750x500-2068

温めることで利尿効果はどのように引き起こされるのかについての説明になります。
尿を作る内臓はどこかお分かりでしょうか?

WS000001
出典:広島大学大学院医歯薬保健学研究院>腎臓について

答えは腎臓です。
腎臓は血液を浄化している臓器で、老廃物が含まれた血液をろ過して尿と一緒に体外へ排泄する機能を持っています。

健常者なら図のように腎臓は左右に2つあり、腹部大静脈と下大静脈に接続されています。
心臓から送り出された血液は腎動脈に入り腎臓へと流れ込みます。
腎臓で尿として排泄される分を濾し取って腎静脈から下大静脈へ送り返して心臓に戻る流れをしています。

腎動脈に流れ込む血液は1回の拍動に対して20~25%とと言われています。
血液の流れが良ければ、良いだけ腎臓へ送られる血液も増えるということです。
この点については以下の記事も参考に。

高血圧も冷え性対策で改善するが減塩ではなく循環重視?
高血圧は血管内部を流れる血液がなんらかの原因で強い圧力でないと流れなくなった状態です。 冷え性では血行が悪いと熱を運ぶ機能が弱まりますから体温低下を招くこともあります。   高血圧も冷え性…

生姜にはショウガオールやジンゲロンといった血液の流れを良くする成分が含まれていますね。
腎臓へと送られた血液はろ過されて余分な水分や老廃物は尿として排泄されていきます。

血行が良くなれば腎臓に入る血液量が増えますから利尿効果を高めることになるのです。

私はアルコールに弱いので少し飲んだだけで顔が真っ赤になります。
血行が良くなっている状態ですからトイレも近くなります。
これも原理は同じと言えますね。



[スポンサードリンク]

紅茶のカフェインにも利尿効果あり

コーヒーに含まれているカフェインですが、紅茶や緑茶といった茶類にも含まれているのはご存知でしょうか。
日本茶(緑茶)も紅茶も原材料は「チャノキ」です。
紅茶にもカフェインが含まれているということです。

カフェインの効果効能については以下の記事でも紹介しています。

冷え性はカフェインレスコーヒーを飲まないといけない?
冷え性の人はカフェインを取らないほうが良いという意見が多いのですが、調べていると意見が割れていることに気づきました。 日本茶のところでも触れていますが、カフェインは血管収縮や利尿作用(腎血管は拡張)が強いた…

カフェインは交感神経を刺激するため血管を収縮させると言われています。
この効果は上記の記事で紹介している通り脳に限定されているそうです。
その代わりに末梢血管を拡張するとされています。

カフェインには腎臓の血管を拡張するとも言われているのです。
当サイトでもよく引用しているわかさ生活の「わかさの秘密」では次のように紹介されています。

●むくみを予防・改善する効果
腎血管が拡張することにより、糸球体濾過量[※2]が増大します。さらに尿細管で水分の再吸収を抑制することにより尿量が増え、排尿が促されます。
この働きにより、体内の余分な水分が排出され、むくみなどの予防につながります。
(中略)
※2:糸球体濾過量とは、単位時間当たりに腎臓のすべての糸球体によりろ過される血漿量のことです。
出典:わかさの秘密>カフェイン

腎臓で血液をろ過する役割をするのが糸球体です。
カフェインを摂取すると糸球体の血管が拡張してろ過量が増えます。
ろ過量が増えることで尿の量も増えますから利尿作用につながるということです。

糸球体については以下の記事も参考になります。

むくみは腎臓悪化を疑う心配するより冷え性対策
むくみが出たから腎臓悪化が原因と考えられている人が多いように見えますね。 確かに腎臓は水分排泄に重要な尿を作る器官。 疑いたくのはわかります。   腎臓の悪化はむくみの原因にはなりますが…

むくみのある人は余分な水分を貯めこんでいるので、カフェインの利尿作用で排泄すると良いと言われたことがありました。
この点についてはわかさの秘密でも紹介されていますね。
コーヒーダイエットは利尿作用にに注目したダイエットになります。

生姜は体を温めることで血流を良くして腎臓に血液を送りやすくする利尿作用。
カフェインは腎臓機能を拡大する利尿作用。
生姜紅茶はダブルの利尿作用があるため、トイレが近くなると言えるのではないでしょうか。


[スポンサードリンク]

利尿頻度が高過ぎるのも問題

利尿作用はむくみ解消やダイエットにもなるので積極的に引き起こせるようにしたいと考えるかもしれません。
特にむくみに悩む女性であればコーヒーなどをガバ飲みして利尿作用を高めようと即行動に出るでしょう。

しかし、そう考えるのは時期尚早です。
利尿効果が全てにおいて良いということもありません。

腎臓への負担増大

利尿作用を高めることはそれだけ腎臓に負担をかけることになります。
腎臓に流れ込む血液量が増えれば当然ですよね。
むくみに良いとかダイエットになるからといって無理に腎臓を働かせると機能低下になる可能性もあります。

利尿は熱を逃がす作用でもある

冷え性に悩んでいる人は、体内から熱を逃がさないようにすることも大切です。
利尿というのは膀胱内から尿が出て行くことですね。

膀胱内に貯められた尿は温度を持っているので腸など内蔵を温めています。
保温の役割をしている尿がなくなるのですから冷えやすくなるのです。

自然な形の利尿作用

40716a23643a3b26ca457a85_640

昔から旬のものを食べていれば健康的な生活ができると言われてきました。
夏に旬を迎える食べ物は利尿効果が高いものが多いです。
それは尿として体内の熱を頻繁に排泄する必要があるからとされています。

夏場は汗をよくかくため塩分が不足しがちです。
ですから食事によって塩分を摂取することも多いでしょう。
塩分の濃さか分かりませんが、沖縄料理は濃い目の味付けだと思います。

沖縄料理の定番といえばゴーヤチャンプルーですね。
ウリ科であるゴーヤにはカリウムが豊富に含まれています。
カリウムは体内の余分な塩分を排泄するため利尿作用があるとされています。

生野菜ジュースは常温で飲めば冷え性でもカリウム効率摂取
石原結實先生の『医者いらずの食べ物事典』の野菜のページを見ていると民間療法がほとんど生野菜ジュースになっています。 健康維持のために生野菜ジュースを毎朝飲んでいる人も多いでしょう。   健…

旬のものを食べる習慣をつければ、無理に利尿作用を起こさなくても自然と起こります。
現代社会では食事も旬関係なく食べられますから自然にとは行かないかもしれません。

生姜紅茶を飲んで利尿作用を起こすこともときには必要でしょう。
しかし、一番望ましいのはやはり自然体でしょう。

利尿作用もほどほどに

生姜紅茶を飲むことで利尿作用は期待できると言ってもよいでしょう。
私も生姜紅茶を飲むとトイレが近くなりますので効果は出ているのではないでしょうか。

生姜紅茶はダイエットにも良いと紹介されています。
利尿効果はむくみの解消に効果を発揮するかもしれませんが、利尿を高めすぎると腎臓への負担と体を冷やす結果になるといえるでしょう。

逆に利尿を全くしないと老廃物や毒素が蓄積しますからよくありません。
膀胱炎になるリスクがありますのでご注意ください…

膀胱炎が排尿痛の原因だった!?冷え性で漢方を選ぶなら
排尿痛がするので検査を受けてきたという話です。 結果は軽い膀胱炎でした。   男性は膀胱炎になりにくいのですが、体が冷えて免疫力が下がりやすい時期は注意が必要みたいです。 膀胱炎と冷え性…

排泄はしっかりしないと血液もキレイになりませんので冷え性を悪化させると考えられます。
何事も、ほどほどが良いのです。

そのほどほどの量については以下の「生姜紅茶いつ飲む?朝でしょ!目覚めの一杯で好スタート」記事が参考になります。

どんなことも結果を急ぎすぎると無理をすることが多いです。
健康とは日々の継続ですから、長い目で見て徐々に改善していくのがよいでしょう。

私の場合は2~3回増えた程度なので適正の範囲と見ています。
トイレが近くなり圧倒的に排尿回数が増えているのなら飲む量を考えたほうが良いかもしれませんね。

もし水分摂取を増やしていないのに排尿回数が負ている場合は頻尿である可能性が疑われます。


話題の金時しょうがサプリを試してみました
金時しょうが粒 サンワ食研
金時しょうが粒(サンワ食研)を試したので口コミ書きます
金時しょうが粒(サンワ食研)を飲んでみましたので口コミを書きたいと思います。   冷え性関係の情報を見ているとときどき見かけるのが金時生姜。 生姜の代表的成分ジンゲロールが4倍含まれている…

↓他の役立つ冷え性ブログを見る↓




にほんブログ村 健康ブログ 冷え性へ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加