人は動物性タンパク質を取らなくてはいけない?

乳製品 牛乳

動物性タンパク質はあまり摂らない方が良いと言われることがあります。
過去に便秘のテーマを取り上げたときは、悪玉菌が活性化するので良くないと紹介しました。

それでは動物性タンパク質をまったく摂取しないことが良いのか?
これはまた話が変わってくると言えそうです。

動物性タンパク質には優れた点も存在します。
それを無視して一概にダメと言うのは誤った考えになるので、今回は人は動物性タンパク質を取らなくてはいけないのかを考えていきたいと思います。


[スポンサードリンク]

動物性タンパク質は取った方が良い

人は動物性タンパク質をとあらなくてはいけないのか?
この疑問に対する回答は「取った方が良い」です。

人間は雑食動物ですから植物も動物も食べます。
これは民族によって差異はありますが、太古の昔からずっと行われてきたこと。

そのように遺伝子が出来上がっているので、流れには逆らわない方が良いのかなと考えるからです。
納得いただけないと思いますので、もう少し深く触れていきたいと思います。

動物性タンパク質が植物性より優れている点

勝

タンパク質には動物性と植物性があることはお分かりかと思います。
動物性タンパク質は肉、魚、乳製品、卵などに含まれるたんぱく質です。
乳製品や魚も動物性タンパク質に含まれます。

先にも紹介したように動物性タンパク質は取った方が良いです。
それは植物性タンパク質に比べて動物性タンパク質が優れている点があるからになります。


[スポンサードリンク]

吸収されやすい

動物性タンパク質と植物性タンパク質を比較すると動物性タンパク質の方が吸収は良いと割れています。
植物性タンパク質が40%くらいの吸収率であるのに対して、動物性タンパク質の吸収率は80%くらいあると言われています。
吸収率は圧倒的に動物性タンパク質の方が上なのです。

タンパク質は筋肉などの体を作るために必要な栄養素です。
学校給食で牛乳は必ず出ていましたよね?
これはカルシウムを摂取する目的もありますが、動物性タンパク質も同時に摂取できるので一石二鳥と言うわけです。

必須アミノ酸のバランスが良い

タンパク質を構成しているのはアミノ酸です。
動物は必要な栄養素を合成して作ることもできますが、アミノ酸はこれが難しく食品から摂取することが必須である栄養素も存在します。
必須アミノ酸とは合成できない、もしくは不十分な栄養素とお考えください。

どんなものがあるのかはここでは省略しますが、体にとって必要なアミノ酸は20種類あると言われています。
そのうち半分は必須アミノ酸に分類されています。

これらのアミノ酸がバランスよく含まれているのが動物性タンパク質です。
必須アミノ酸を効率よく摂取するには動物性タンパク質が良いのです。

過去にセロトニンの材料になるトリプトファンは食べ物から歯科摂取できないと紹介していますね。
トリプトファンも必須アミノ酸です。

草食動物でも馬やゴリラのように筋肉隆々の動物はいますよね?
植物からのタンパク質でも筋肉は付きます。
人間は雑食でも肉食動物に近いため、草食動物が植物から作ったアミノ酸を吸収する構造になっていると考えられます。


[スポンサードリンク]

動物性タンパクが悪いと言われる理由

世間一般では動物性タンパク質は良くないと言われていますよね?
そのため植物性タンパク質で栄養を補うベジタリアンと呼ばれる人もいます。

しかし、

本当に動物性タンパク質が悪いといえるのか?

ここまで紹介してきたように動物性タンパク質は吸収率も高く、必須アミノ酸を豊富に含んでいるので良いと考えられます。
なぜ動物性タンパク質は悪いと言われる理由とは?

消化が悪い

最初に悪いと言われる理由は消化が良くないと言うことです。
吸収には優れているの動物性タンパク質ですが、消化されにくいという弱点があります。

脂っこいものを食べ過ぎると胃もたれしますよね?
消化が良くなくないのは実感できると思います。

さらに、
あとでも紹介しますが、焼き肉などで食べ過ぎた場合は翌日の便はニオイがキツイですよね。
消化不良を起こしやすいのが動物性タンパク質なのです。

これは胃腸への負担がかかるので良くないとされます。

コレステロールが多く高脂肪

肉中心の生活から野菜を多く食べましょうと言われる理由のひとつがコレステロールですよね。
動物性タンパク質を含む食品はコレステロールも多く含まれています。

ここ数年は低コレステロール商品が爆発的にヒットすることからも注目が高い部分です。
健康志向のマヨネーズはコレステロールカットされたものがあります。
卵も動物性タンパク質に含まれるため、コレステロールが取れやすいのです。

さらに、食品にもよりますが高脂肪である場合が多いです。
中性脂肪が増える原因にもなりますので、健康上良くないと言われてしまいますね。

これらは動脈硬化と密接に関係しています。
動脈硬化を予防するためにコレステロールの多い動物性タンパク質を含む食品が良くないとされるです。

腸内環境の悪化

消化不良を起こして腸まで移動したタンパク質は大腸で分解されます。
このときに活躍するのが悪玉菌です。

悪玉菌が活性化すると腸内はアルカリ性になり、健康的な酸性の状態から遠ざかります。
善玉菌は酸性の状態で活発に働きますので、悪玉菌が善玉菌よりも活発になり腸内環境が悪化します。

悪玉菌はタンパク質を分解するときに悪臭のあるガスを出しますので糞便のニオイがキツくなります。

食べ過ぎなければ問題ない

問題

ここまで動物性タンパク質の良い点と悪い点を紹介してきました。
動物性タンパク質を含む食品はコレステロールが多かったり高脂肪であったりと健康的に良くない点がピックアップされやすいです。

しかし、動物性タンパク質は植物性タンパク質に比べて吸収率が高い特徴があるので、子供のような成長期であれば積極的に摂取したいものです。

ちなみに、私は体重の減少が激しかったので血液検査をしたところタンパク質が不足していました。
肉を食べないようにしていたわけではありませんが、量は減らしていたので影響があったかもしれません。

タンパク質不足は筋肉の維持にも影響がでるため、私は動物性タンパク質を積極的に取るように言われました。
アーモンドを食べるようにしていますが、タンパク質の部分は期待できないかもしれませんね。

いつものことですが、食べ過ぎなければ問題無いと言えるのではないでしょうか。
悪影響の部分は食べ過ぎが問題で、ほどほどの量であれば問題はないと言えます。

よって、人は動物性タンパク質を取らなくてはいけないと言っても良いかもしれませんね。
肉を食べたくない人は最低限魚は食べるようにしましょう。
焼き魚に納豆ご飯と味噌汁で満遍なくアミノ酸は補給可能なようです。


↓他の役立つ冷え性ブログを見る↓




にほんブログ村 健康ブログ 冷え性へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする