冷え性と食品一覧

緑茶を食後30分あけることで虫歯対策にも有効【フッ素】

緑茶は冷え性対策を考えると食後30分あけると良いと紹介しました。鉄分がタンニンと反応してタンニン鉄になるからです。そのため間隔を必要としました。30分開けることで虫歯対策にもなります。緑茶にはフッ素が含まれており、食後の再石灰化で酸に強い歯にできるのです。

ココア・チョコレートでできる1ヶ月1600円認知症予防

ココアやチョコレートに含まれるカカオポリフェノールが認知症に良いという記事が出ていました。カカオポリフェノールは冷え性に良いと過去に紹介していますが、うつ病や認知症など記憶に障害が出る病気にも効果的だそうです。1ヶ月の費用は1600円ほどでできる認知症予防になります。