冷え性と食品一覧

大豆を過剰摂取して起こる冷え性対策から見た副作用とは?

大豆は畑の肉と言われタンパク質を豊富に含んでいます。肉を食べないひとにとっては重要なタンパク源と言えるでしょう。野菜ですから健康的な食べ物です。しかし、どんなものもそうですが過剰摂取は副作用に働くこともあります。大豆にはどのような副作用が考えられるのか?

納豆のサポニンで血液浄化・亜鉛で肝臓強化して冷え性対策

納豆の血液サラサラ効果が否定された今、血行促進を目指す冷え性対策として有効なのか?納豆はナットウキナーゼだけではない。サポニンと亜鉛が含まれており冷え性対策として期待できる成分です。サポニンは血液浄化、亜鉛は肝臓強化が期待でき冷え性対策に有効かもしれません。