寒がりの男性は隠れ冷え性(内蔵型冷え性)かもしれません

e960dc459290da1def55fbfd_640

最近は寒がりの男性を見ることが多いように感じますね。
夏場のオフィスは仕事の効率を上げるために冷房が効いています。

女性陣はひざ掛けをしながら仕事をしている光景が目立ちます。
一方で男性陣も上着を羽織って仕事している人もちらほら。
寒がりの男性も増えている感じがしますね。


[スポンサードリンク]

寒がりと冷え性の違いとは?

寒がりとは一般的に寒さに敏感な人のことを言いますが、冷え性には違いはあるのでしょうか?
男性は自分を冷え性と自覚していない人が多いため、寒がりと表現することが多いように思えます。

健康系の雑誌「セルフドクター」のサイト「セルフドクターネット」にこの疑問に対する回答がありましたので引用します。

WS000000
Q1
寒がりと冷え症はどう違うの?
A
寒がりとは、ちょっとした寒さにも敏感な人をいい、とくに治療を必要としません。一方、「手足が氷のように冷えて眠れない」など冷えの症状が強く、痛みやのぼせや下痢などを伴って、日常生活が苦痛と感じるような人の症状を「冷え症」といいます。生まれつき新陳代謝が悪かったり、エネルギーが燃焼しにくい体質の人に多いようです。
出典:セルフドクターネット>寒がりと冷え症はどう違うの?

冷え性の定義についてはこちらの記事で。

大雑把に分けると…

  • とくに治療を必要としません
  • 日常生活が苦痛と感じるような人の症状

冷えを感じていても苦痛ほどではない人が「寒がり」、冷えを苦痛と感じる人は「冷え性」と分類することができるのではないでしょうか。

寒がりは「とくに治療を必要としません」は引っかかるところですね。
それは隠れ冷え性(内臓型冷え性)の存在があるからです。
苦痛を感じない冷えだから放置して良いとは考えない方が良い気がします。


[スポンサードリンク]

冷えを感じている男性が増えている

冷え性には定義が存在しないため自分がどう感じるかが全てです。

  • 対策が必要と感じるほどの冷えなら「冷え性」
  • 対策する程でもないと感じれば「寒がり」

となります。

男性は冷え性に対して関心が低く、ただの寒がりで終わらせてしまっている危険性もあるのです。
私もそうでしたが男性は「冷え性は女性特有である」という考え方がありますからね。

女性特有だから本来は苦痛を感じるほどでも、自分は関係ないと受け流している可能性も十分あるのです。

こちらの記事の「冷え性は自分の感じ方が全て」には男女の冷えに対するアンケート結果を掲載しています。
男性でも冷えを感じている人は41.6%で半数に迫る勢いです。
41.6%の男性は冷えを苦痛に感じているかどうかは分かりませんが、冷え症予備群の人たちであることは間違いないでしょう。


[スポンサードリンク]

隠れ冷え性(内蔵型冷え性)の存在

d720cc41396d1b77a60d4ce7_640

隠れ肥満や内臓脂肪は聞いたことがありますよね?
健康診断をしたらチェックされる項目のひとつになっています。
男性の場合はウエスト85cmがメタボリックシンドロームかどうかの基準になっています。

同じく隠れ冷え性(内蔵型冷え性)のも存在しているのです。
隠れ冷え性(内蔵型冷え性)とはどんなものか?

こちらの記事でも触れましたが、内臓の活動によって作られた熱が血液によって運ばれることで体温は保たれます。

熱を作る内臓の動きが活発でないがために熱不足となり冷え性を引き起こすこともあります。
この場合は全体の体温が低くなるので冷え性よりは低体温かも知れません。

最近では生活習慣病が注目されるようになり隠れ肥満が盛んに言われるようになりました。
冷え性は生活習慣病とも密接に関係しており、メタボリックシンドロームは隠れ冷え性が原因で起こっておる可能性も指摘されています。

こちらの記事で内臓脂肪ができやすい理由を簡単に紹介しました。
隠れ冷え性(内蔵型冷え性)の存在が内臓脂肪をできやすくしていると考えられるのです。

私も冷え性について調べていると、医学が進歩した現代でも仮説が多いと感じます。
確実なことはいえませんが、隠れ冷え性(内蔵型冷え性)はメタボリックシンドロームを加速させる要因になることは間違いないと思っていますね。

男性は女性に比べて筋肉がつきやすく冷え性になりにくいです。
それにも関わらず「寒がり」ということは内臓が冷えている可能性があります。

セルフチェック項目で冷え性を確認

当サイトでは冷え性を自己診断できるチェックリストを用意しています。

このチェックリストは男性も女性も対応しています。

もし1つでも該当する項目があれば冷え性と考えてよいでしょう。
項目を見てもらうと分かると思いますが、生活習慣病チェックのようなものです。

隠れ冷え性(内臓型冷え性)は生活習慣病のサインとも言えます。
もし寒がりで該当項目があれば、ご自身を冷え性と捉えて対策をしてくのが良いと思います。

寒がりの男性は隠れ冷え性かも

寒がりの男性は内蔵型である隠れ冷え性の可能性が高いと考えられます。
実際にチェック項目をみてどう感じたでしょうか?

私が思うにほとんどの人は1つくらい当てはまるものがあると思いますね。
東洋医学では冷え性を病気のサインと捉えています。

寒がりも体が発するサインのひとつかもしれません。
この記事を最後までお読みいただいたのであれば、将来のことを考えて早めの冷え性対策をしていくのが良いと思います。


↓他の役立つ冷え性ブログを見る↓




にほんブログ村 健康ブログ 冷え性へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする