冷え性を心療内科で申告しユベラを処方してもらう

ユベラ

実は数年前に軽いうつ症状が出たので心療内科に通っています。
心療内科は自律神経関係の専門医ですから冷え性の相談をしました。

冷え性の症状が出ているのではないかという話をしたところ

末梢循環障害ではないか

と言われユベラ(トコフェロール酸エステル)を処方されました。

冷え性の人はユベラの情報を探している人も多いみたいなので記事にしてみたいと思います。
ユベラはビタミン剤なのでドラッグストアなどでも入手できるようです。


>>有効成分を公式サイトで確認

その他にも富山常備薬のリョウシンJV錠という市販薬にも配合されていることが確認できました。
やはり神経の障害は血液循環に問題がある認識は共通のようです。


[スポンサードリンク]

今でも心療内科に通っている

私の軽度のうつが出たのは3年半ほど前の2011年夏に仕事での話です。
人間関係で色々ありましてストレスを抱え込んでいました。
よくあるうつ病発症の理由です。

正直言って心療内科に通うには抵抗がありました。
しかし、ある点を超えるとそのような感情もなくなるのですね。
今でもお世話になっている心療内科にたどり着きました。

診察をしていただき、軽いうつの症状が見られるということで安定剤を処方。
ただし、軽いうつだったので気休め程度の量で経過観察となりました。
ある点が「軽度のうつ」ですから自分は弱いですね…

それから3年以上過ぎていますが、月1回程度の経過観察のために通院をしています。
ここ数年は塞ぎこむことはあっても特に症状は出ていません。

私はこのサイトを運営しているので冷え性について調べたりしています。
冷え性には自律神経が大いに関係しています。
性格上、塞ぎ込みやすいので冷え性の症状が出るのは仕方がないのかもしれません。

追記20150325

先生には冷え性のサイトを運営していることを話していますので専門的な情報をもらっています。
最近は情報収集のための通院になっていますね(笑)
私も仕事柄情報提供できる立場なのでビジネスパートナーみたいなものです。

指先のしびれについて相談したところ新たなビタミン剤が登場しました。


[スポンサードリンク]

末梢循環障害にはユベラ

自律神経のスペシャリスト心療内科で冷え性の話を出すことにしました。
末端部分がいつも冷たいという話をしたところ、返って答えは「末梢循環障害」でした。
神経ではなく血管の方の循環障害です。

冷え性ならよくある理由、血行が悪いということです。
当サイトでも血行促進は冷え性対策になると紹介していますが、診察を受けても血行を良くすることが効果的な対策であることが裏付けできたと思います。

WS000008

今回処方されたのはユベラという錠剤です。
この錠剤はビタミンEで構成されたものなのでビタミン剤です。
あとは漢方の力を借りるしか方法はないとのとこでした。

ユベラについてはビタミン剤なのでいつ飲んでも大丈夫だそうです。
とは言え、1日3回食後が推奨されています。
推奨されていますが、ユベラはビタミン剤なのでいつ飲んでもOKです。

心療内科を受診する患者さんに処方されるのは安定剤です。
ユベラはビタミン剤なので栄養ドリンクみたいなものになります。
安定剤のような胃に負担をかけるものではないので時間を開ければ気にしなくて良いと話されていました。


[スポンサードリンク]

ユベラは副作用があるが心配するほどではない

258c0c7d3150678198cc3d3afcec575b_s

ユベラはビタミン剤なので気にすることはないかもしれませんが副作用についても調べてみることにしました。
All Aboutにユベラ錠の副作用についての記述がありましたので引用します。

主な副作用として、便秘、胃部不快感、下痢、発疹などが報告されています。
出典:All About>ユベラ錠50mg

副作用は生命を脅かすようなものではないようです。
おそらく体質の問題で発生するものではないでしょうか。
心配するほどではないかと思いますね。

ちなみに、ユベラはビタミンEのビタミン剤です。
ビタミンEは血行を促進するために効果を発揮するものですが、過剰な摂取は骨粗しょう症の原因になるようです。

これが一番の副作用と言えるかもしれません。
詳しくは以下の記事を参考にしてみてください。

20150325追記

私はユベラを飲む前から下痢や便秘は出る方でした。
現在は比較的症状は出ていないと感じています。
冷え性対策として便秘解消をはじめましたがユベラは飲み続けています。

ユベラを飲んでいるから便秘がひどくなっていることはありません。
ユベラの副作用は体質によるものなのではないでしょうか。

冷え性はユベラでは治らないかも

今日の診察で衝撃的だったのが冷え性は治らないかもしれないということです。
こんな話をすると驚くかもしれませんね。
私も最初聞いた時は驚きを隠せませんでした。

心療内科の先生も末端冷え性らしいです。
男性は冷え性に疎い傾向があるのですが、先生は自覚があるようですね。

少し安心をしました。
こういう話は分かる人に聞いてもらわないと伝わりませんからね。

ead1ab878e9e55ad44e390fc_640

先生は冷え性対策をしたことがあるそうですが、効果がでなかったみたいでした。
普段はハンドクリームなどで熱を保つ対策だけをしているそうです。
冷え性用のハンドクリームはこのようなものがあります。

一応ユベラを処方してくれたのですが、消極的な感じだったので効果どうなのかなと。
私もこのサイトを立ち上げた以上は試す方がよいですから、自分から希望してユベラを出してもらいました。
とりあえず28日飲んで様子を見てみようかと思います。

西洋医学には冷え性は存在しないので「どういう病名にしようか」という話にもなりました。
冷え性に対しては「コレ!」という解決方法がないので西洋医学では病名がないのかなとも考えてしまいます。

治らないとはおっしゃっていましたが、「めんげん」という毒出しを経験して解法に向かった人がいるのも確かです。
めんげんは東洋医学における好転反応のことで、冷え性を解法に向かわせるのは東洋医学なのかなと思いますね。

追記20150325

ユベラを飲み始めて2ヶ月半くらいでしょうか。
末端冷え性の症状は良くなっている感じがありませんね。
気温が高くなってきたので冷えの症状も出にくくなってきました。

ユベラの効果の確認が難しくなってきています。
とはいえ、ユベラは血液の循環を良くするビタミン剤です。
冷え性に効果がないとしても健康維持には必要になります。

食事での摂取が難しいビタミンEですから今後も継続して飲み続けたいと思います。

ユベラの処方は診察を受けたほうがいいかも

今回は心療内科でビタミン剤のユベラを処方してもらったという話でした。
私は心療内科に通院していることから相談したのですが、冷え性は神経のことですから神経科がある病院へ行くと良いと思います。

冷え性だからと言って心療内科に通う必要はないと思いますね。
ユベラは市販薬としても販売されていますが、処方箋で保険を適用したほうが安く購入できます。
(診察料を含めるとどうかな?)

市販のユベラは楽天でも購入できます。


 【第3類医薬品】エーザイ ユベラCソフト 96包

この手の医薬品は医師の指示をもらったほうが安心できると思いますので、一度診察を受けたほうがいいのかなと思います。
症状が改善に向かうかどうかは飲み始めてからの変化に注目して報告していきます。


↓他の役立つ冷え性ブログを見る↓




にほんブログ村 健康ブログ 冷え性へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする