どんな人が血管が浮き出やすいのか?

血管

最近は血管が浮き出るようになって違和感があると紹介しました。
これについてもう少し深めていきたいと思います。

今回は「どんな人が血管が浮き出やすいのか?」と言うテーマです。
私自身も詳しいわけではないので調べた範囲での紹介になります。

参考にしていただければと思います。


[スポンサードリンク]

血管が浮き出やすい5パターン

教えてgooを見ていたところ私と状況が似ている人がいました。

私は他の人よりも、静脈の血管が浮いています。前は太っていたのであまり気にならなかったのですが、10キロくらいダイエットしてからは気持ち悪いくらい浮くようになりました。よく男の人で浮いてる人が多いと思うのですが、遺伝なのでしょうか?
出典:教えてgoo>血管の浮きが。。。。

男性なのか女性なのか質問文から判断はできませんがで、私は減量したことが原因で浮き出るようになった可能性もあるのでなった可能性もあるので近いものと見ています。
この質問に対する回答は次の5パターンのどれかに当てはまると紹介されていました。

  1. やせていて皮下脂肪の少ない人
  2. 筋肉質なスポーツマン
  3. お年寄り
  4. 中高年の女性の下肢の静脈瘤
  5. 肝硬変など肝臓の悪い人

昨日の記事では老化や皮下脂肪の減少を理由として紹介しましたが、それ以外の理由でも血管が浮き出ることはあるようですね。
もちろんこれが全部とは限りません。

fbc77a069b89dc35_640

この5パターンについてそれぞれ考えていきます。
さらに病気でない場合と、病気の場合に分類できますので、分けて紹介していきましょう。
(説明は上記の順番を変更して行います)


[スポンサードリンク]

病気でない血管が浮き出る理由

最初に病気でない理由から触れていきます。
こちらは病気でないので気にしなければ問題は無いということです。

女性は自分の血管が浮き出るのを嫌がるのですが、男性の手の血管などが浮き出ているのは望ましいと考えている人が多いです。
下で紹介しますが、スポーツ選手は浮き出やすいので、女性はそ言うところを見ているのかもと思いました。

3.お年寄り

一番多い理由として紹介されているのが老化による血管が浮き出る現象です。
情報収集していると老化が原因というのがほとんどでした。

以前、乾燥肌について書いた記事があります。

こちらではセラミドが失われることで水分保持が難しくなり乾燥すると紹介していますね。
肌の弾力性を与えているのは水分ですから、乾燥肌になれば肌が薄くなり血管が浮き出るようになるのです。

1.やせていて皮下脂肪の少ない人

痩せていて皮下脂肪の少ない人も血管が浮き出やすいと言えます。
これについては前回の記事でも触れていますね。

質問者さんも10kgのダイエットをしたら浮き出るようになったと話されているあたり、一番濃厚な理由と言えるのではないでしょうか。
私も体重が5kg落ちていますから間違いなく脂肪が減っています。

小学校時代にガリガリのクラスメイトがいました。
彼は血管が浮き出ることを自慢気に話していたような記憶があります。

私は太り気味だったので血管が浮き出ることが信じられませんでした。
あれから20年、自分の血管が浮き出るようになる日が来るとは思ってもいませんでした。

2.筋肉質なスポーツマン

スポーツ選手の人は血液量が普通の人よりも多いと過去にチラッと紹介したことがあります。
理由はヘモグロビンが大量に必要だからです。

酸素を運ぶ役割をするのは赤血球のヘモグロビンです。
冷え性対策でも酸素を消費してエネルギーを作ることは必要なのでヘモグロビンの材料となる鉄分の摂取の重要性は何度か紹介してきました。

スポーツ選手は酸素の消費量が普通の人よりも圧倒的に多くなります。
それに耐えられるだけの酸素を確保するには肺を大きくして血液量を増やして供給するしかありません。

本題とは関係ありませんが、スポーツ選手並に血液を増やす方法は上記の記事で触れています。

スポーツ選手でなくても運動後は血行が促進されていますから、血管が浮き出やすい状態にあると言えます。


[スポンサードリンク]

病気の血管が浮き出る理由

こちらは、病気が原因で浮き出ている状態です。
病気でない場合は、気にしなければ大丈夫ですが、こちらは早期改善を目指す必要があります。

化粧品などで隠すと言う対策ではなく病院で検査を受ける方が良いものです。
症状が気になるようでしたら医師に相談しましょう。

4.中高年の女性の下肢の静脈瘤

下肢静脈瘤と言われることが多い病気です。
当サイトでむくみを何度か扱ったことがあります。

上記の記事でも触れてる通り、むくみは下半身の筋肉が関係しています。
下半身の血液がふくらはぎの筋肉が弱いことなどが理由で心臓へ正常に戻らず下半身に蓄積してしまうものでしたね。

下半身に蓄積するだけなら、むくみの症状でも軽度の方です。
血液を心臓に戻す血管は静脈で、下から上に向かって流れますから逆流を防止するため弁が各所に取り付けられています。

ピンボール

ピンボールのフリッパー(玉を打ち上げるハの字のもの)だと考えてよいです。
下半身静脈瘤は弁が壊れて血液が戻らないだけでなく正常な血管から合流した血液が逆流する状態になります。
血管は拡張しますから、浮き出て見えるようになるのです。

症状は下半身の気だるさとのこと。
むくみの症状と同じなのですが、血管が浮き出ると言う症状も併発するので見分けはつきやすいのではないでしょうか。

症状が出るのは下半身ですが、手も心臓より低い位置にあることが多いので症状が上半身でも出やすい場所はあります。
(手の場合は「バンザイ」をして症状が緩和されたら疑いありです)

5.肝硬変など肝臓の悪い人

肝臓は貯蔵庫であると紹介したことがありますね。
肝硬変は肝臓の一部が硬くなり機能しなくなることです。

血液の貯蔵も行っていますから、それができなくなれば溢れ出ますね。
あふれた血液が周囲の血管に流れ込むため血管が拡張して浮き出て見えるようになります。
主に腹部の血管拡張が見られるようです。

イライラが増えると肝臓の悪化が疑われます。
血管が浮き出てイライラが増えていたら注意した方が良いかもしれません。
肝臓機能は血液検査でもある程度判別できるので健康診断を欠かさず受けていれば早期発見に繋がるでしょう。

血管が浮き出やすい人まとめ

今回は「どんな人が血管が浮き出やすいのか?」と言うテーマでした。
出やすい人のパターンは5つ。

  1. やせていて皮下脂肪の少ない人
  2. 筋肉質なスポーツマン
  3. お年寄り
  4. 中高年の女性の下肢の静脈瘤
  5. 肝硬変など肝臓の悪い人

このうちのどれかに当てはまると血管が浮き出やすいと言えるようですね。
私の場合は1番「やせていて皮下脂肪の少ない人」の可能性が高いですが、最近は肌の乾燥が目立ってきたような気がするので老化の疑いもありますね。

タンパク質不足を指摘されていることもあるのでなおさらです。
そんなこともあってアーモンドを食べ始めました。

30代で老化云々を気にしないといけないのは虚しいですね。

1~3は病気ではないので緊急性はありませんが、4~5は病気に分類される原因です。
血管が浮き出るのが老化だと決めつけて放置すると大変なことになるかもしれません。

私は血液検査で問題は無いと診断されているので今のところ大丈夫ですが、イライラが増えると肝臓悪化が疑われますし、下半身の気だるさが増せば下半身静脈瘤の疑いありです。
病気の場合があると言うことは忘れないでおきましょう。

近況報告

右手に熱を持っているようです。
血管が動くのは右手なので関係しているかもしれません。

冷え性対策でこれまで紹介てきたことを考えるとうっ血しているため熱を持っているのかもしれません。
結局はこれまで通り冷え性対策をして末梢の血行を良くするしかないようです。

血管は位置が変わるかも?

追記20150509

左手

血管が動くのは相変わらず…
そう簡単になんとかなるわけないですよね。

血管が骨の上をグリグリ動くのは病気ではないのですが、この気持ち悪い感触を気にしている人は少ないようです。
ほとんど情報がありません。

そんななか、似たような悩みを持つ人が。

やはり、悩んでいる人はいるものです。
このYahoo!知恵袋の回答を見ると、血管が位置がずれて解消したとのこと。

人間の皮膚は細胞分裂を繰り返しています。
皮膚のターンオーバーは28日と言われていますから、その過程で血管も移動したのかもしれません。

冬になると冷え性で感覚が鈍るため自然消滅すると思いますが、一生違和感と付き添うのはゴメンです。
適当に皮膚を引き伸ばして血管がズレてくれるように働きかけていきたいと思います。

ダイソーのコラーゲンを試す

追記20150512

実際どうかわかりませんがダイソーのコラーゲンを購入しました。
コラーゲンそのものはゼラチンなので安くても問題ないかなと考えています。


↓他の役立つ冷え性ブログを見る↓




にほんブログ村 健康ブログ 冷え性へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする