冷風扇の仕組みとデメリットを考える【湿気対策が必要】

暑い夏が続きます。冷房では冷えすぎる、扇風機では物足りないという人には冷風扇という選択肢があります。この冷風扇はメリットは取り上げられますがデメリットはあまり知られていません。冷風扇の仕組みとデメリットを考えてみました。どうやら湿気対策が必要になるとのこと。

夏バテ便秘でコロコロ硬便!水分不足が原因ではない!

夏バテ便秘でコロコロ硬便が出ていないでしょうか?便秘対策には水分を摂取することが必要になりますが、夏場は発汗により水分が出ていきます。体内吸収される水分が多いため効果的ではありません。腸も夏バテしていますから活性化することが改善への一歩になるでしょう。

お風呂で手がふやける原因は角質層の水分が増える

最近はお風呂で手がふやけやすくなりました。もともとふやけることはありましたが下半身浴など長時間入浴した場合です。ここ最近はお風呂にはいって数分で手がふやけるようになってきたので気になったので調べてみることにしました。どうやら手がふやけるのは新陳代謝が活発になった証拠といえるかもしれません。

緑茶を食後30分あけることで虫歯対策にも有効【フッ素】

緑茶は冷え性対策を考えると食後30分あけると良いと紹介しました。鉄分がタンニンと反応してタンニン鉄になるからです。そのため間隔を必要としました。30分開けることで虫歯対策にもなります。緑茶にはフッ素が含まれており、食後の再石灰化で酸に強い歯にできるのです。

分散ヘスペレチンは糖転移ヘスペリジン吸収に即効性付与

ビタミンPの主成分であるヘスペリジンは冷え性に良いと言われています。また天然のものより人工的に作られた糖転移ヘスペリジンが吸収力に優れていると言われています。糖転移ヘスペリジンは吸収力はありますが、即効性に欠けます。即効性を持たせたのが江崎グリコが開発した分散ヘスペレチンです。

水虫の対処方法も冷え性対策と同じ血行促進にある

水虫の季節になりました。水虫はカビの一種で湿気を好みます。対処方法は乾燥させて繁殖しないようにすることですが、血行を促進させて免疫力を働かせることもあります。冷え性対策をして血行促進を目指すことで改善するかもしれません。下半身浴のような長風呂には要注意!