弛緩性便秘は食事と運動で予防【食物残渣を増やす】

弛緩性便秘はぜん動運動が働かないことで糞便が直腸に到達せず起こる便秘です。原因はぜん動運動の弱まりですから、活発に働かせることで改善します。ぜん動運動を弱める原因は腸内環境にあります。食生活の乱れを改善し、ぜん動運動を刺激する運動を取り入れることで解消の見込みがあります。

原因不明の食道の痛みは食道アカラシアの可能性もある

食道の痛みは逆流性食道炎が考えられますが、原因不明の食道の痛みは食道アカラシアの可能性もあります。食道アカラシアは筋肉収縮が原因で起こる痛みです。逆流性食道炎のように炎症が起こるものとちがいけいれん性便秘に近いものがあります。対処方法は冷え性対策が有効であると言えそうです。

大豆を過剰摂取して起こる冷え性対策から見た副作用とは?

大豆は畑の肉と言われタンパク質を豊富に含んでいます。肉を食べないひとにとっては重要なタンパク源と言えるでしょう。野菜ですから健康的な食べ物です。しかし、どんなものもそうですが過剰摂取は副作用に働くこともあります。大豆にはどのような副作用が考えられるのか?